"Don´t Fence Me In" 〜 the music of Cole Porter

Colin Towns、Nils Landgren, Bohuslän Big Band
e0125069_6462594.jpg英国の作編曲家で、イアン・ギラン・バンドのメンバーとしても有名なマルチ・インストルメンタリストコリン・タウンズを迎えたボーヒュスレーン・ビッグバンド&ニルス・ラングレンのツアー"Don´t Fence Me In" 〜 the music of Cole Porterが、昨晩、10月25日(日)に終了しました。e0125069_647323.jpg実は10月12日(月)に、成田からロンドン経由でイェーテボリに戻る際、ロンドンからイェーテボリに向かうSAS便で、たまたま小生の隣りに坐っていた痩せたおッサンがコリン・タウンズだったのです。翌朝、ボーヒュスレーン・ビッグバンドのリハーサル場へ行ったら、同じ格好の同じおッサンが紹介され、彼も僕の事を覚えていたと云う訳です。e0125069_6472879.jpgニルス・ラングレンによると、彼が3年前にボーヒュスレーン・ビッグバンドの音楽監督に就任した際、コリン・タウンズとボーヒュスレーン・ビッグバンドのコラボを思いついたのだそうです。コリン・タウンズは、英国のみならず、米仏独等の映画音楽も手がけたり、BBC等のテレビドラマ、芝居、CM等の為の作曲家として活躍している売れっ子作曲家。確か1948年生まれの61歳。
コリン・タウンズの奥さんも、ドイツ人でテレビ・プロデューサーとして活躍している人だそうで、ニルス・ラングレンとは、ニルスがNDRビッグバンドにトロンボーン奏者として在籍していた2000年頃から、4回のプロジェクトでコリンの作品を演奏したそうです。ニルス・ラングレンはNDRビッグバンドの音楽監督となり、その後、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの音楽監督にも就任。

フランク・ザッパやクルト・ワイルの作品をコリン・タウンズが編曲した作品、コリン・タウンズ自身の作品をNDRビッグバンドとNDR合唱団で演奏した作品、『Lend me your ears』というオリジナル作品等でNDRビッグバンドとは4枚ほどのCD作品も発表している訳で、ディスクユニオンのサイトで調べたらいろいろと出て来ました。
http://diskunion.net/progre/ct/list/0/25046

今回はニルス・ラングレンの歌とトロンボーンを特にフューチャーした形で、コール・ポーターの作品を演奏しました。

第1部
FROM THIS MOMENT ON
TOO DARN HOT
O LOVE PARIS
BEGIN THE BEGUINE
I LOVE YOU
IN THE STILL OF THE NIGHT (part 1)
IN THE STILL OF THE NIGHT (part 2)
IN THE STILL OF THE NIGHT (part 3)
LOVE FOR SALE

第2部
WHAT IS THIS THING CALLED LOVE?
YOU´D BE SO NICE TO COME HOME TO
BE A CLOWN
PRELUDE TO MISS OTIS REGRETS
MISS OTIS REGRETS
EVERY TIME WE SAY GOODBYE
JUST ONE OF THOSE THINGS

Encore
I GET A KICK OUT OF YOU

メロディーだけがオリジナル・メロディーで、とにかくハーモニー等は、かなり凝ったモノになっていて、最高に面白かったです!IN THE STILL OF THE NIGHT (part 1)は、ボーヒュスレーン・ビッグバンド全員のアカペラ!
小生だけがコントラバスで伴奏!ーーーしたがって、小生の美声は発揮できませんでした。ドラムスのクリス-モントゴメリーは、こんな難しい歌は歌えないと云う事で免れました。かなり美しいハーモニーでしたが、確かに簡単では有りませんでした!(笑)
我らがピアニスト、トミー・コッテル曰く、1993年以降で一番面白かった!との事。
コリン・タウンズがピアニスト兼フルート奏者の為か、イントロでピアノのイントロが多く使用されていましたが、これがなかなか美しい!
シンプルでいる様で、実に深く考えられた内容のものでした。
僕の英語力と、コリン・タウンズのかなり強いバーミンガム訛りで、間違えかも知れませんが、デヴィッド・バウイと日本に来た事も有るそうです。日本人がデヴィッド・バウイを尊敬しているのには驚いたとか云っていた様な気がします。(笑)

ニルスに云わせるとバーミンガム方言というのは、スウェーデン語のイェーテボリ訛りに似ているそうですが、どうも彼がどういう意味でそう云ったのかは、不明です。(笑)
バーミンガム方言というのは、どうも同じ英語でも英国人にとっては面白おかしく聞こえるそうで、イェーテボリの方言もスウェーデンではちょっとそんな感じがしますからネ!(笑)

しかし本当に素晴らしいコリン・タウンズ版コール・ポーターでした!
録音の話も既に出ているみたいですから、来年辺り録音する事になると思います。乞うご期待です!

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-10-27 06:44 | コンサート
<< 新年、明けましておめでとうござ... 2009年10月19日 イェー... >>