2010年3月21日 & 22日

2010年3月21日(日) Lerum, Delgårds Teater
第1部 BBB & Jaqee
第2部 BBB & Margareta Bengtsson, Peter Asplund
第3部 Ulf Wakenius Solo
第4部 Jan Lundgren Trio

Margareta & Jan
e0125069_175304.jpg

Peter Asplund
e0125069_1774258.jpg

最近は横浜へも出没する旧知のコントラバス仲間Mattias Svensson(B)
e0125069_176652.jpg

Zoltan Csorsz Jr.(Ds,Per)
e0125069_177421.jpg

Ulf Wakenius & Jan Lundgren Trio
e0125069_17143810.jpg

イェーテボリから車で20分程、E20というストックホルムに通じる高速道路を走るとレールムという町が在ります。レールムに本拠地の有るHallsås Byggと云う建設会社の社長Qlaez Wennberg氏は大のボーヒュスレーン・ビッグバンド・ファン!そしてジャズ大好きの社長です。
この会社の20周年記念という事で彼が考えたのは、このコンサートでした。

レールムには以前、ジャズ協会があり、(多分、今も在るのだと思いますが・・・・)毎年、ジャズ祭までやっていました。が、経済的な問題と協会幹部達の高齢化もあり、最近はジャズ祭も行っていませんでした。

ここ7年間ほど、上記の社長はイェーテボリ近郊とかストックホルムでのコンサートにも必ず(!)聴きに来てくれます。

僕達の良い意味での大ファンです。
今回は彼のリクエストでマルガレータ・ベンクトソン、トランペッターのペーター・アスペルンドのバッキングもボーヒュスレーン・ビッグバンドが勤めることになり、その見返りに僕達の為にスーツを新着してくれました。
それにしても凄いプログラムです!
しかも1部と2部の間には、美味しい料理、2部と3部の間には、美味しいデザート、ワイン等、そして3部と4部の間には、親が刑務所に服役している子供達の為の募金と、そのロッテリーの賞品発表という出し物付き!

会社の20周年記念コンサートですが、一般公開のコンサートでした。
僕は旧知のコントラバス仲間、マティアス・スベンソンが僕のコントラバスとアンプを借りることになっていたので、最後まで残っていたのですが、お客さん達は最後のアンコールまでしっかり残って聴いていました。
昼12時30分からリハーサル、コンサートの開演は17時でしたし、帰りはギターのウルフ・ワケニウスを自宅まで送ったので、帰宅したのは午前1時でした。
前の晩、一睡もしていなかったので、本当に目が廻りそうな一日でしたが、楽しかったです。

ヤン・ルングレンとは、ウルフ・ワケニウス、エド・シグペンというメンバーで3年程前に一緒にツアーをして以来!
帰宅してから、即グッスリと眠りました!
ルングレンのトリオは、トルコとギリシャのツアーから戻り、カストゥルプ(コペンハーゲン空港)から車を飛ばして駆け付けた次第です。

ちなみに僕は、明後日(26日)には、ウルフ・ワケニウス、ラーシュ・ヤンソン、ラーシュ・ヤンソンの息子・ポール・スヴァンベリとスペイン領グランカナリア島のラス・パルマスに行ってコンサートをしてきます。27日には帰宅し、29日から日本へ出発する4月1日までボーヒュスレーン・ビッグバンドのリハーサルです。

グランカナリア島は、先月行ったテネリッファ島の直ぐ隣の島です。


コンサートハウスのポスター
e0125069_17155280.jpg


Jacqee & Tommy Kotter
e0125069_17194210.jpg

2010年3月22日(月) Göteborg Konserthus
Bohuslän Big Band & Jacqee
イェーテボリ交響楽団の本拠地イェーテボリ・コンサートハウスでは、ジャズのコンサート・シリーズもやっています。今、スウェーデンの何処のコンサート・ホールでも『ブルー・シリーズ』・・・とか題したジャズのコンサートが多く、ストックホルムでもトゥーツ・シールマンスとか、ボーヒュスレーン・ビッグバンドでも演奏したし、イェーテボリでは、年に2回はボーヒュスレーン・ビッグバンドがゲストを入れて演奏します。

2010年春は、日本へも一緒に行った歌手・Jacqeeとのコンサートでした。
このコンサート、しっかりEDIROLで録音しました。
もし興味の有る方は、是非、僕にご連絡下さい。

曲目は下記の通りです。

1. Dizzy atmosphere (Dizzy Gillespie, arr Christer Olofsson)
Solos: Samuel Olsson, Ove Ingemarsson

2. God bless the child (Arthur Herzog, Billie Holiday, arr Christer Olofsson)
Solos: Christer Olofsson, Samuel Olsson

3. Me, myself and I (Gordon, Roberts, Kaufman, arr Samuel Olsson)
Solos: Yasuhito Mori, Samuel Olsson, Johan Borgström

4. Speak low (Kurt Weil, Ogden Nash, arr Samuel Olsson)
Solos: Ove Ingemarsson, solo fills by Christer Olofsson

5. My man (C Pollock, M Yvain, A Willemetz, J Charles, arr Johan Borgström)
Solos: Solo fills by Ove Ingemarsson, Daniel Vessby, Joakim Rolandsson

6. You’ve changed (Bill Carey, Bill Fischer, arr Mikael Karlsson)
Solo: Tommy Kotter

7. One for my baby (Harold Arlen, Johnny Mercer, arr Johan Borgström)
Solo: Tommy Kotter

8. Them there eyes (Maceo Pinkard, D Tauber, W Tracey, arr Ralph Soovik)
Solo: Samuel Olsson

- PAUS -

9. Lady sings the blues (Herbie Nichols, Billie Holiday, arr Niclas Rydh)
Solos: Niclas Rydh, Alberto Pinton

10. Strange fruit (Billie Holiday, arr Issie Barratt)
Solo: Peter Jensen

11. You don’t know what love is (Don Raye, Gene DePaul, arr Mikael Karlsson)
Solos: Mikael Karlsson, Samuel Olsson

12. I've got a feelin' (Kompositör??, arr Christer Olofsson)
Solo: Mikael Karlsson

13. Summertime (Gershwin, arr Jesper Riis)
Solo: Christer Olofsson

14. Kokoo girl (Jaqee Nakiri, arr Samuel Olsson)

- EXTRA -

15. What’s new (Bob Haggard, Johnny Burke, arr Christer Olofsson)
Solo: Daniel Vessby
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-03-24 18:05 | コンサート
<< Ulf Wakenius Qu... Live this day -... >>