Ulf Wakenius Quartet & Youn Sun Nah

2010年3月26日(金) Las Palmas, Gran Canaria
Ulf Wakenius Quartet & Youn Sun Nah
e0125069_2172915.jpg
冷たい小雨の降るイェーテボリから、コペンハーゲン経由でラス・パルマス(Las Palmas )にやって来ました!
e0125069_220137.jpg
グランカナリア島は、先月訪れたテネリフェ島の隣にある島です。気温も20度以上はあると思います。
e0125069_225352.jpg
グランカナリア島の人口は約70万人だそうです。スペイン領カナリア諸島の州都の一つでもあるラス・パルマスの人口は30万人!
空港で "Wakenius"と書いたカードを持って僕を待っていてくれたアイザック君の車で、取り敢えずはホテルにチェックインしました。海岸沿いにあるゴキゲンな高級ホテルでした。(笑)
e0125069_238457.jpgチェックインしたのが午後3時頃。
朝、イェーテボリの自宅を出発したのが5時45分だったので、早速、海岸沿いを中心に1時間の散歩をしました。チェックインしてからホテルのロビーでエレベーターを待っていたら、突然、脇から短パンとTシャツで日に焼けた真っ赤っかな顔のラーシュ・ヤンソンがe0125069_2392086.jpg『観光客やっているよ!・・・』とニコニコしながら登場!彼と息子のパウルは1日早く着いていたのです。ウルフはスペイン本土の何処かの町で歌手のYoun Sun Nahと仕事をしたらしく、前日にはラス・パルマスに着いていたのだそうです。
散歩をしている途中、ブラスバンドのコンサートを観ました!・・・まだリハーサル中というかサウンドチェック中だったのですが、e0125069_2514241.jpg若いミュージシャン達が映画のサウンドトラックの様な曲をアレンジしたモノを演奏している様でした。








e0125069_2561647.jpg

18時15分にホテルのロビーに集合。ホテルのロビーでウルフ・ワケニウスとナ・ユンソンを見つけたお客さんが写真撮影を希望。
e0125069_3162990.jpg
会場はコンサート・ハウスの隣りにある"Auditorio Alfredo Kraus"というところだった。22時開場、22時30分開演だった。早速、リハーサルとサウンド・チェックを始める。今回はコントラバスは借り物だ。
e0125069_3553787.jpg
e0125069_3562266.jpg
数週間前にデイブ・ウェックルが使用した同じドラムセットをパウルがチューニングしていた。
e0125069_4131952.jpg
ナ・ユンソンとウルフ・ワケニウスのサウンドチェック
e0125069_4153559.jpg
e0125069_416944.jpg

同じ建物の中に在るレストランで地元料理をご馳走になった後、バックステージでパウルはSkypeを使用して、エクアドルに住んでいる彼女とチャット!かなり緊張しているパウル!(笑)
e0125069_4183374.jpg
空港まで迎えに来て呉れたアイザック君!彼はダイビングの先生!既に18歳の時に潜水時間が1900時間を越える実績をもっていたそうだ。
e0125069_4215487.jpg
会場の責任者・アルベルトさん!
e0125069_4231438.jpg
ウルフのアコースティック・ギターにはウルフ・ワケニウスの為に作ったと云う制作者のサイン入り。(笑)
e0125069_4243510.jpg
ナ・ユンソンさんというのは、僕は始めて聴いたけど、音域の広さ、声の質の多彩さ、リズムの良さと全て揃った凄い歌手だった!(笑)
e0125069_4274660.jpg
ナ・ユンソンさんはパリと韓国に年の半分ずつ住んでいるとのことで、翌朝、5時過ぎのフライトだった為、僕達が2セット目のステージを終えてバックステージに戻ったらこんな置き手紙がありました。(笑)
e0125069_4303029.jpg
アイザック君にエースビョン・スベンソンの死因について、いろいろと話を聞いているラーシュ。
e0125069_4321335.jpg
ウルフ、アルベルト、そしてギター職人の人。彼がコントラバスも用意してくれました。

‥・という訳で、演奏は22時30分に始まり、アンコールが終わって時計を見たら、もう夜中の1時過ぎでした。

そして27日の朝、ウルフ・ワケニウスと僕はコペンハーゲン経由でイェーテボリに戻り、ラーシュ・ヤンソンとパウルはストックホルムに向かいました。3月29日にストックホルムのGlenn Miller Cafeで演奏するとの事。

Glenn Miller Cafeと云えば、4月18日(日)に工藤雄一トリオが演奏します。ベースは川本悠自くん、ドラムスは橋本学くんと云うメンバーです。彼等はイェーテボリ郊外にあるNilento Studioで録音する為にスウェーデンにやって来ます。そんな訳でGlenn Miller Cafeのウルフ・スタイナーに早速、お願いしてとったライブです。
Nilento Studioと云えば、ナ・ユンソンさんとウルフ・ワケニウスが、来月早々に新譜の録音に来るとの事。今度はアラブ風の音楽も取り入れた作品も用意しているみたいです。

そうそう!・・・今日3月28日(日)からサマータイムになりました。何もしなくとも一時間短針が先に行っちゃいました!気分的に疲れます!(笑)
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-03-29 04:42 | コンサート
<< 第38回スカンジナビアン・コネ... 2010年3月21日 & 22日 >>