2011年6月11日(土) Lasses kvarter

e0125069_33923100.jpg
e0125069_340640.jpg
e0125069_3411122.jpg
e0125069_3405327.jpg



スウェーデンには、ラーシュ・ファーンルーフ (Lars Färnlöf)という作曲家・トランペッターがいました。1942年に生まれ、1994年に52歳で亡くなっています。7歳の時に罹った小児マヒの影響は、彼の生涯について廻ることになるのですが、ともかく、彼は10代の時にトランペッターとしてスウェーデンで知られる存在になります。
その後、ストックホルム王立音大を経て、22歳頃の時にはロス・アンジェルスに行って、クウィンシー・ジョーンズ等と親交を深める事になるのですが、ともかく、彼の名前を有名にしたのは、『Att angöra en brygga 』『Farfars vals(Grandfathers Waltz)』と云った曲です。

6月11日にストックホルムから約1時間ほど内陸に在るヴェステロース(Väesterås)という町の郊外に、ラーシュ・ファーンルーフ (Lasse Färnlöf)の自宅があり、ラーシュ・ファーンルーフ 記念協会とでも云うべき団体があり、その彼の自宅の庭でコンサートが開かれました。

ボーヒュスレーン・ビッグバンドの仲間で、アンダーシュ・パーションの「Personkrets Ⅱ-V-Ⅰ」にも参加しているサックス奏者・ヨーハン・ボリストゥルム(Johan Borgström)は、僕ともデュオで日本に行ったり、「Personkrets Ⅱ-V-Ⅰ」やBohuslän Big Bandでも日本へ行っている仲間です。
ヨーハン・ボリストゥルムは、このVäesteråsの出身で、ラーシュ・ファーンルーフ (Lasse Färnlöf)の息子・ヨーナスとは幼馴染みの間柄です。
余談になりますが、ESTで有名なピアニスト・エースビョン・スヴェンソンもこの町の出身です。

今回のコンサートでは、小生のコントラバス、Johan Borgström (sax)、Anders Persson (p)、Anders Kjellberg (dr),そして、現在、日本の九州・八幡からイェーテボリに来ている歌手・和田いづみさんと云うメンバーで演奏しました。

更にスウェーデンを代表するギター奏者の一人、マックス・シュルツ (Max Schultz)、スウェーデン人のサックス奏者で、欧米のサックス奏者に大きな影響を与え、現在はストックホルム音大の教授を務めるテナーサックス奏者、作曲家、編曲家のヨアキム・ミルダー (Joakim Milder)も加わり、めっちゃくちゃに楽しいコンサートになりました!

e0125069_402128.jpg
ラーシュ・ファーンルーフ (Lasse Färnlöf)の息子・ヨーナス・ファーンルーフ

e0125069_3425098.jpg
ドラムスのAnders Kjellberg

e0125069_3435254.jpg
和田いづみちゃん

e0125069_3443710.jpg
ギター奏者・マックス・シュルツ (Max Schultz)

e0125069_3453499.jpg
サックス奏者・ヨアキム・ミルダー (Joakim Milder)

e0125069_347923.jpg
アンダーシュ・パーション(Anders Persson)

e0125069_3475620.jpg
脳梗塞を患ってしまったスウェーデンのアート・ブレーキー・フレドリック・ノレーン (Fredrik Norén)を囲んで!ヨーハンの右隣はコントラバス奏者のペーター・アクセルソン (Peter Axelsson)

e0125069_3554340.jpg
ヨーハンとフレドリック
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-06-22 04:06 | コンサート
<< 7月15日〜17日、proje... Viva Italia! As... >>