Anders Jormin, Lena Willemark & Karin Nakagawa

e0125069_5205188.jpg

先日、面白いコンサートがイェーテボリ音大で行われました。
コントラバスのアンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)、トラッドな歌からジャズ、フリー・ジャズまで何でも歌えるオールマイティーの歌手レーナ・ヴィッレマルク(Lena Willemark)、そして、日本から25弦琴の中川果林さんと云うトリオが集まり、3日間だか4日間のリハーサルを行ってこのコンサートを行ったそうです。

僕は1994年以降、日本ではスカンジナビアン・コネクション、スウェーデンではジャパン・コネクションという名称を付けて、それぞれ相手国にミュージシャンを連れて行って、実際に日本や北欧に素晴らしい音楽家が居ることを紹介して来ました。
これまでスカンジナビアン・コネクションの方は39回、ジャパン・コネクションの方は10回、両者を併せると次回で50回目を迎えます。

さて、丁度、10年前の2001年の8月に第6回目のジャパン・コネクションとして、『Modern Musik in Japan / Sizzle Ohtaka, WIM, Masami Nakagawa Group』という名称で、イェーテボリ市内数カ所とイェーテボリの北、130キロ程の地点に在るジェーレスボリ美術学校でコンサートを行ったりしました。
第一部は小生とドラムスの市原 康さん、そしておおたか静流さんの歌というトリオ。
第二部は、中川いづみさんの作曲した、フルート、25弦琴、打楽器の為に書かれた現代作品と云う演奏でした。
この時の25弦琴が、中川果林さんでした。
父上が有名なフルート奏者の中川昌巳さん、そして母上が作曲家の中川いづみさんという強力な音楽一家に育ち、丁度、東京芸術大学の学生さんでした。この時のフルートは勿論、父上の昌巳さんです。

たまたまジェーレスボリ美術学校では、コントラバスのアンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)やアルト奏者のトーマス・ジェードゥルンド、テナー奏者のトーマス・グスタフソン、ドラムスのアンダーシュ・シェルベリからなるバンド”Dr.Dingo"が来ていて、翌日、Lina Nybergとかジャネット・リンドストゥルム、リグモール・グスタフソンといったジャズ歌手を集めて、リルケ・アンサンブルというグンナー・エリクソンの指揮する合唱団と一緒に何かをやるコラボが翌日のコンサートだったと記憶しています。

ともかく、この晩、僕達の演奏が終わってから、”Dr.Dingo"が『生のカラオケ』をやるから、『スキヤキ』(上を向いて歩こう)の歌詞を日本語で書いて呉れないかという話になりました。
早速、おおたか静流さんが綺麗な日本語で歌詞をサラサラt書いて下さり、その晩の演奏は彼女が歌う本物の『上を向いて歩こう』のバックを、Dr.Dingo"がバッキング、僕が歌詞を指して意味をジェスチャーする様なハプニングも起こり、なかなか面白い演奏になりました。

その後、しばらくしてから、音大でアンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)にバッタリ会い、『あの25弦琴の彼女を紹介して貰えないか?・・・凄い楽器だから、その内、何か書いて見たい!・・・』と云う事で、果林さんを紹介し、10年後、今回のコンサートが実現した次第。

別段、録音の予定とかは無いそうですが、今回の出会いを3人それぞれが噛みしめてみて、今後、何か先に進める様にしたいと云う話でした。

Dr.Dingo"でアルトを吹いているトーマス・ジェードルンドゥという人は、現在、イェーテボリ音大のジャズ系の事をいろいろとまとめて居る人でもあり、アンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)は、プロフェッサーで、謂わば音大に於けるアンダーシュの片腕的存在。

たまたま別件でトーマス・ジェードルンドゥと連絡を取った際に、『実は来週、25弦琴の中川かりんさんとアンダーシュ・ヤーミーン、レーナ・ヴィッレマルクのトリオでコンサートが有るから、是非、来ないか?』と誘って呉れたのです。本来は学生の為の授業の一部の様な感じでしたから、・・・マァ、僕が果林さん達をイェーテボリに招いた事が元で、こういう話になったと云う事も、・・・あのジェーレスボリ美術学校での『スキヤキ』の事も覚えて居て、呼んで呉れたのだと思います。

勿論、彼等の演奏は素晴らしいものでした!その内、かつてアンダーシュが云っていた様に、ECMからの作品にでもなったら凄い事だと思います。
これから、まだ時間を掛けて新しい作品を想像していくのでしょうが、いずれにしても形にして残して貰いたいと思っています。

上の写真は、左から中川果林さん、アンダーシュ・ヤーミーン、トーマス・ジェードルンド、小生、レーナ・ヴィッレマルク
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-10-18 06:21 | コンサート
<< ”TRIO'"... 7月15日〜17日、proje... >>