第41回森 泰人 スカンジナビアン・コネクション〜トミー・コッテル・トリオ

e0125069_04264011.jpg
2010年秋からご無沙汰しておりましたスカンジナビアン・コネクションですが、今年、2017年に入ってから、既に2月に第40回スカンジナビアン・コネクションを行いました。ここではBohuslän Big Bandのサックス奏者、アルベルト・ピントン率いるNoi Siamoと云うカルテットを聴いて頂きました。全9箇所、2週間に渡るツアーでしたが、無事に好評の内にツアーを終える事が出来ました。
2月19日にスウェーデンに戻り、20日から23日迄は、ここ6〜7年恒例となったストックホルム王立音大、オーレブロー音大とのコンサート。
両校の作曲科の学生達が書き下ろした作品を、実際にリハーサルし、コンサートも行うと云う企画です。要するに実地体験する機会を学生さん達に経験して頂くと云う内容です。
そしてそのコンサートの翌日は、両校の指揮科の学生さん達に、ビッグバンドを指揮する体験をしてもらうレッスンをやりました。

2月28日から3月4日迄は、Sisters of invention meet Bohuslän Big Band と云うコンサート・ツアーを行いました。ツアー直後の3月5日から7日迄、この企画で録音も行いました。
マーリン・アルムグレン(26)がドラムス、妹のカロリーナ(24)がサックスと歌で、彼等の書いた作品を演奏しました。
e0125069_08163676.jpg
彼等の両親は僕の旧友で、父親がエレベーのOwe、母親がドラムスのMartina‼️凄い音楽家夫婦ですが、この姉妹達は赤ん坊の頃から知っていました。(笑)
e0125069_08181641.jpg
この姉妹、ここ数年、スウェーデンをはじめ欧州でも高い評価を受けており、昨年はスウェーデンでベスト・ジャズアンサンブルと云う賞も受賞し、今年の夏はマレーシアか何処かのジャズ祭にも呼ばれているとの事です。
Bohuslän Big Bandとの録音も出来て来ますので楽しみにしていて下さいね。

3月11日から19日迄はVince Mendoza とNils Landgrenを迎えてツアーを行いました。Ivan LinsやJoni Mitchell等のアレンジで有名なVinceと仕事するのは、今春のハイライトでしたが、本当に凄いアレンジャーでした。恐れ入谷の鬼子母神‼️そして素晴らしい人柄の持ち主‼️人柄と言えば、Nilsも最高‼️ツアーが終わった翌日、Nilsがこの組み合わせで是非日本に行こうというメッセージを貰いました。是非、実現したいものです。
e0125069_07335613.jpg
e0125069_07524437.jpg
そして3月24日から4月3日迄は、歌手のLina Nyberg、Linaの夫君で素晴らしいサックス奏者のFredrik Ljungkvist、そして前から一度一緒に演奏してみたかったピアノのCecilia Persson とのツアー。

そして、4月10日から1週間、第41回森 泰人スカンジナビアン・コネクション〜トミー・コッテル・トリオを行います。
日程は下記の通りです。
4月09日(日) 出発
4月10日(月) 大阪 Mr.Kelly's
4月11日(火) 芦屋 Left Alone
4月12日(水) 浜松 ポルテボヌール
4月13日(木) 名古屋 Mr.Kenny's
4月14日(金) 東京 Body & Soul
4月15日(土) 新潟 Jazz Flash
4月16日(日)横浜 Dolphy
4月17日(月) スウェーデンへ

おそらく今年最後のスカンジナビアン・コネクションです。トミー・コッテルは北欧的な美しさ、メランコリックと同時に大地のエネルギーと云う感じがする力強さ、そしてブルージーな部分が混じりあっているのが特徴です。素晴らしいメロディー・ライターです。
トミー・コッテルはBohuslän Big Bandのメンバーとして来日していますが、ダビッド・スンドゥビーとのこのトリオは10年ぶりの来日となります。
大阪と芦屋では、僕が本当に素晴らしいと思っているサックス奏者の武井 努さんにも参加して貰う事になっています。
日程はハードですが、前回同様に素晴らしいツアーになると思います。
尚、前回同様、今回もスウェーデン文化省から助成金が降り、在日スウェーデン大使館からは後援タイトルの使用許可を頂きました。時間の合う方は、是非、いらして下さい。
宜しくお願い致します。

e0125069_04264011.jpg
e0125069_04282695.jpg
e0125069_08195649.jpg


[PR]
by yasuhito_mori | 2017-03-30 06:45
第40回森 泰人スカンジナビア... >>