カテゴリ:散歩( 7 )

Delsjö

小生の散歩道、Delsjö (デル湖自然公園)の最近の写真をアップします。
お時間のある時に観て頂ければ幸いです。
今年は昨年と較べると、比較的暖かい冬の様です。・・・来週は12月上旬に入りますが、かなり暖かい気候になるそうです。
やはり最近の自然環境、ちょっと温暖化しているのかも知れません。縄文時代も暖かかったそうですネ!

話題は変わりますが、昨日、Dee Dee Bridgewaterさんと初めてリハーサルを行いましたが、・・・・何と素晴らしいジャズ歌手でしょう!昨年のデボラ・ブラウンさんも素晴らしかったですが、声の質、リズム、表現力、・・・マァ当たり前でしょうが、発音と発声の良さ・・・!リハーサルをしながら、何と素晴らしい声!・・・とか思いました!
明日と明後日がコンサート本番です。

以下、写真を並べます。

e0125069_1615732.jpg

e0125069_167542.jpg
e0125069_168211.jpg
e0125069_1684414.jpg
e0125069_162105.jpg

e0125069_1624847.jpg

e0125069_162105.jpg

e0125069_1624847.jpg

e0125069_1631340.jpg

e0125069_1633256.jpg

e0125069_1635085.jpg


e0125069_1652545.jpg

e0125069_165417.jpg

e0125069_1655632.jpg

e0125069_168211.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2011-11-26 16:31 | 散歩

5月12日(木)

e0125069_5392076.jpg


昨日から雷が来るとか、雨になるとか云われてましたが、昨日も今日も結構なお天気でした。
冒頭の写真は、いつもの散歩道の写真ですが、数週間前の写真よりも新緑が多くなりました。

e0125069_543374.jpg


先週の日曜日までボーヒュスレーン・ビッグバンドとルー・ソロフのジョージ・ガーシュウィン特集を演奏していました。

e0125069_6181346.jpgルー・ソロフは、しきりに最近録音したというフランス人の歌手・チェロ奏者のAnne Silaと、やはりフランス人のコントラバス奏者で現在はNY在住のフランソワ・ムタン(FRANcOIS MOUTIN)とのトリオの話をしていました。Anna Sila は、8月にNew Yorkに引っ越すそうです。ちなみにこのトリオは「Evidence」という名前だそうです。20歳とか、21歳になったばかりのAnnaの歌は、美しい声で、音程、リズム、ハーモニー感覚がもの凄く安定していて、その上チェロでウォーキングまでやってしまうのです。

ムタンのコントラバスは、昔からフランスのペデルセンみたいな人だと思っていましたが、New Yorkに移ってから、線が濃くなった感じ!・・・これは、以前、Lew Soloffから貰った、ルー、フランソワとジョー・ロックのトリオのCDRを貰った際にも思った事です。

かなりレッド・ミッチェル辺りも聴いているのかな・・・とか思わせられる演奏でした。そして、フランソワ・ムタンのスキャットがこれまた凄い!

その内、CDが何処かから出る筈ですので、機会が有ったら是非、聴いてみて下さい!

ところで、Lew Soloffは、日本の原発の問題に関して、かなり神経質になっていました。
この夏に来日する予定だったが、放射能汚染の事も有ると云う事で来日しないそうです。
でも本当は日本にかなり行きたがっている感じで、かなり悩んだ末の決断の様子。

スウェーデンの森
e0125069_611433.jpg
道路の脇に力強く毎年咲いている美しい花!思わず写真を撮ってしまいました!・・・私もこの花の様になりたい!(笑)
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-05-13 06:27 | 散歩

新緑

e0125069_1528132.jpg

e0125069_15282630.jpg

e0125069_15283749.jpg

e0125069_15284786.jpg

e0125069_15285640.jpg


2011年の春、普段より数日早く新緑がやって来た様です。

桜の花も満開!

"Forever Gerswhin"
e0125069_15384360.jpg


今日からルー・ソロフがボーヒュスレーン・ビッグバンドに来て、リハーサルを始めます。
Gil Evansの編曲を中心にしたジョージ・ガーシュウィンの特集。
Lew Soloff(tp)& Bohuslän Big Band

5月5日(木) Halmstad Teater (19:30 開演)
5月6日(金) Göteborg Kronhuset (19:00 開演)
5月7日(土) Göteborg Kronhuset (19:00 開演)
5月8日(日) Vara Konserthus (18:00 開演)
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-05-02 15:43 | 散歩

Spring is here!

e0125069_22262332.jpg


4月21日の晩にイェーテボリに戻りました。22日の金曜日は英語で言うイースターのGood Friday.早速、いつものデル湖自然公園の散歩道に行きました。
日本へ行く前は、ボーヒュスレーン・ビッグバンドのツアーでしたから、約1ヶ月ぶりのデル湖の散歩道でしたが、もう完璧に春の訪れを示すVitsippor (アネモネ)の白い花が美しい!
e0125069_2226533.jpg

e0125069_22261284.jpg

e0125069_22265934.jpg


ついこの間まで撤収作業が続いていたイェーテボリの旧スウェーデン放送スタジオは、全くの空き地状態でした。数年前にイェーテボリ支局が移動する前は、ここにテレビとラジオのスタジオがありました。特にStudio 12と呼ばれたスタジオで、何枚のジャズの録音が行われたか見当も付かない位です。この跡地に、高級マンションを建てるという話もありましたが、近所の住民から反対の声が多いらしく、マンションの建設は中止になったそうです。
12月に胃潰瘍でサールグレンスカ大学病院(The Sahlgrenska University Hospital)に入院した際、看護婦の一人が、ここのマンションに申し込んだと云う話をしてくれましたが、・・・一体どうなるのでしょうか?(笑)

e0125069_2225275.jpg


何時も撮っている森の入り口の写真!
これから新緑が出て来ます。この時季の新緑からは大きな生命力を感じます。

e0125069_2225243.jpg

e0125069_22264198.jpg


散歩道のあちらこちらで、Vitsippor (アネモネ)の白い花が美しく咲いています。
e0125069_22254581.jpg


そして、公演の散歩道の最終地点間近には、どういう訳か、木の上の部分に枝や葉っぱがまとまっていて、下の部分は何も無いと云う奇妙な木があります。僕はこの木を僕が『ブロッコリー』と呼んでいます。(笑)常緑樹ですから、一年中上の部分が緑なのです。(笑)

e0125069_22255580.jpg


スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-04-25 23:04 | 散歩

100716 雲〜ロストック

e0125069_932052.jpg

いつもの散歩道で観た雲です。凄く迫力が有ったので撮りました。まるで森から湯気が立っているいるみたい!
もう1枚は、先日のデル湖の湖上に浮かんだ『はぐれ雲』と同じ『はぐれ雲』でした。
e0125069_985811.jpg

夕方、海の空気を吸いに海の方に行くと、十字架の様に交差している長細い雲を見かけました。
e0125069_9115985.jpg


2010年7月10日、ドイツ・ロストックへ云って来ました。
"See mere jazz〜Das neue Festival"と題されたジャズ祭で、ウルフ・ワケニウス (Guitar)、ラーシュ・ヤンソン (Piano)、パウル・スヴァンベリ (Drums)というメンバーで演奏して来ました。
ラーシュと息子のパウル、そして小生の3人で、イェーテボリからベルリンまで1時間余りのフライト。コペンハーゲンから飛んで来たウルフと空港で合流し、迎えに来てくれていたペーター君の運転する車でロストックへ。
ロストックはバルト海に面した、昔からハンザ同盟都市の一つとして栄えた町です。
e0125069_9212494.jpg
e0125069_923464.jpg

会場は同市の中にある動物園!・・といっても、植物園と動物園と自然公園が一緒に同居している様な大きな公園でした。
演奏会場に取り敢えず行って様子を見ました。その日はイェーテボリでも晴天でしたが、ロストックも快晴!気温も35度とか、日向だと40度は超えるような暑い日でした。
僕は楽器を借りる事になっていたので、簡単なサウンドチェックをして、町のど真ん中のホテルに行ってチェックインしてひとまず休憩!
20時30分にホテルのロビーで集合と云う事でしたが、何と!・・・この日は、世界サッカー選手権の第3位決定戦が行われる日。しかもドイツ対ウルグアイ戦!・・・更には、20時30分から試合が正に始まったところでした。

僕達はペーターの車で会場に戻り、スウェーデン人のピアニストのトリオを聴きいたり、隣のシロクマを観に行ったりしていましたが、このシロクマの行動が傑作でした。
2匹のシロクマなのですが、一匹はへばっていて横になったまま!もう一匹をラーシュ、ウルフ、パウル達と観ていたら、うXXをしています。
そしてその後がおかしい!自分の排泄したXXXを、まるで飲み込んでしまった指輪を探している様に手・・・というか、前足を使って器用に探しているのです。・・・・そんなにおかしく無いか!(笑)
e0125069_9422041.jpg

e0125069_942290.jpg

僕達の前に演奏していたスウェーデン人のピアニストは、オランダにも留学していたそうで、マイク・デルフェロー(Piano)やセバスティアン・カプテーン(Drums),ロイ・ダックス(Drums)といった僕の良く知っているプレーヤーとも友人なのだそうです。そのトリオのドラマーは、セバスティアン・カプテーンと音大で同級生の仲間、ロイは、彼等の先生だったのだそうで、彼等の話に花が咲き乱れました。
ロイは日本でもユーロピアン・ジャズ・トリオのメンバーとして毎年、日本ツアーをしていますし、僕とはマイク・デルフェロー、御大トゥーツ・シールマンス等と何回もコンサートをやった人です。いやはや、世界は広いようでかなり狭いモンです!
e0125069_10111858.jpg

e0125069_10916100.jpg

e0125069_958794.jpg
21時から演奏の筈でしたが、大幅に押してしまい。22時近くからコンサートを開始し、サッカーを観ない人達も沢山来て下さって、無事にコンサート終了!
日本人の若くて美しい女性のオペラ歌手の方が、突然、日本語で声を掛けて下さったので驚きました。ロストックの歌劇場で活躍されているという彼女、コンサート前にシロクマを眺めている小生を観て、『アッ!日本のサラリーマンのおッサンが来ている!・・・』と眺めていたとのこと!・・・まるでシロクマになった気分でした。
僕達がコンサートしている頃、ドイツも第3位決定戦に勝ち、まずは万々歳の一日でした。(笑)
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-07-16 10:16 | 散歩

Delsjöの散歩道

e0125069_6283751.jpg

上の写真は、いつも歩いている散歩道の6月3日の写真です。これが・・・・最近は・・・↓の様になっています。
e0125069_6315100.jpg
e0125069_641472.jpg

これは電気関係の工事だそうです。・・・でも結構、速いピッチで仕事が進んでいる様子!

e0125069_684926.jpg

いつも通りがかる時に観る石!・・・この石は何年、此処に在るのかとか、・・・・考えます。
いつまで此処に住み続けるのかな?

上を観てみると・・・・・!
e0125069_6133465.jpg

森の木洩れ日というのも気持ちの良いモンです!



e0125069_6175284.jpg

高校時代、少林寺拳法を習って居る時に鎖骨にヒビが入り、治療に通ったことがありました。
その時の医師の先生が写真撮影にはまっていて、撮影会とかにも連れて行って貰うほど親しくなりました。
僕の住んで居た洗足の写真屋のオジサンとも親しくなったのですが、そのオジサンは雲の写真を撮るのが好きで、雲の写真ばかり撮っていました。
上の写真は、雲の色と空の色が美しかったので、思わず撮ってしまいました。
時々、面白い形の雲って在りますよネ!(笑)

e0125069_6312023.jpg

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-06-24 06:35 | 散歩

2010年3月2日 今日は快晴!

今日、3月2日のイェーテボリは快晴の清々しい朝でした! 昨日は少しだけ雪が降っていましたが、氷点下だったためか、昨日の朝はシャーベット状の道路の雪が、カチンカチンに凍っていて、雪道を歩くよりは簡単に歩けました。
e0125069_17535057.jpg
e0125069_17544799.jpg



下の写真の屋根を注意して見て下さい。こういう所はちょっと何が落ちて来るか判りませんから、上を向いて歩かねばなりません。(笑)

e0125069_17554095.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2010-03-02 18:02 | 散歩