カテゴリ:休暇( 5 )

BERGAMO

8月30日から、北イタリアのベルガモ(Bergamo)に5泊6日で出かけて来ました。ベルガモは、ミラノから40㎞くらいの距離にある町でです。
歴史も古く、太古の昔からの多くの遺跡とか、発掘されたモノも多く有る古い町です。
イェーテボリからベルガモまで、飛行機で2時間です。しかもライアンエアーですから、大人の往復料金が¥10000円位でした。
写真をお楽しみ頂ければさいわいです。
スウェーデンの森

e0125069_4144221.jpg

e0125069_4153822.jpg

e0125069_4153875.jpg

e0125069_4163982.jpg
e0125069_4184472.jpg
e0125069_418675.jpg

e0125069_417594.jpg
e0125069_4272511.jpg

e0125069_4183165.jpg
e0125069_424579.jpg

e0125069_419429.jpg

e0125069_4191775.jpg

e0125069_4214567.jpg

e0125069_4235071.jpg

e0125069_423132.jpg

e0125069_4222495.jpg

e0125069_4195382.jpg

e0125069_4193757.jpg

e0125069_4172436.jpg

e0125069_417594.jpg

e0125069_4154538.jpg
e0125069_4195382.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2010-09-15 04:45 | 休暇

2010年2月19日 旧都ラ・ラグーナ

e0125069_312136.jpg
ラ・ラグーナ旧市街中央広場

2010.02.19 La Laguna訪問
今朝、9時10分にバスでテネリッファの旧都・La Laguna (ラ・ラグーナ)に向かう。
まず街の中心に位置する広場で、簡単にラ・ラグーナの歴史について、ガイドのHannaの説明を聞く。1402年にスペイン人がテネリフェ島の征服活動をはじめ、1400年代末には完全にスペイン領となったこと。キリスト教の宣教と、植民地化というのが、やはり平行に行われていた訳で、このテネリフェ島から中南米や北米には、一直線で航海出来る事から、アメリカ大陸を目指すスペイン船の出発拠点になったのだそうだ。

現在のラ・ラグーナ市は、比較的大きいのだが、州都では無く、古都として、特に街の中心地であるオールドタウンは、古い建物が古い佇まいを残している。
古い建物の場合、外の外観を変えることは禁止されているが、建物の内部を変える事は、許可を取れば可能なのだそうだ。
旧市街は道が真っ直ぐで、なかなか美しい。

e0125069_342772.jpg
中央広場の一角
e0125069_354148.jpg
中央広場の一角・黄色い家は、ブラジルに宣教に行った有名な人の生まれた家
e0125069_2463191.jpg
旧市街中央広場の教会の壁
e0125069_2442210.jpg
旧市街1
e0125069_2472435.jpg
旧市街2
e0125069_2445776.jpg
旧市街3
e0125069_2432587.jpg
旧市街4
e0125069_2435417.jpg
旧市街5
e0125069_249342.jpg
宣教師の住んでいた館
e0125069_2503547.jpg
竜血樹・・凄いネーミング!
e0125069_3233976.jpg
15分毎に鐘を鳴らす教会の時計鐘
e0125069_3324857.jpg
旧市街で見かけた面白い壁

2時間ほど旧市街を散策。市場が在るという大きな広場の様な所に行くが、今日は露天商は出ていなかった。その広場の横に大きな教会があり、入り口の所で2匹の白い猫に出会う。
一匹は毅然とした顔で何かの台の上に座っているが、もう一匹の方は、路上で横になっている。
よく見てみると、後者の猫は耳が無かった!可哀想に!
e0125069_3112164.jpg
市場近くの教会
e0125069_3122736.jpg
教会の管理人の様な猫
e0125069_3134658.jpg
まねき猫(笑)
e0125069_315491.jpg
耳なし猫
e0125069_3164044.jpg
魚屋1
e0125069_3173385.jpg
魚屋2
e0125069_3184846.jpg
魚屋3
e0125069_3193614.jpg
魚屋4

その後、近所のワイン工場に行く。赤・白・ロゼと三種類のワインを試飲させて貰うが、全て軽めの味で、なかなか美味だった。テネリフェ島ではブドウ作りが盛んで、これらのワインのブドウは南テネリフェで採れたものだそうだ。売店もあり、約80種類近い様々なワインが並んでいた。
e0125069_326543.jpg
ワインの試飲
e0125069_3265862.jpg
ワイン博物館のまねき猫
e0125069_3275962.jpg
まねき猫2
e0125069_3285146.jpg
ワイン博物館入り口脇
e0125069_3294926.jpg
ワイン博物館からの展望

そのワイン博物館みたいな所はラ・ラグーナの郊外で、かなり見晴らしの良い高台に位置している。フッと空を見ると、4〜5人のハンググライダーが、直ぐ近くを飛んでいた。
マリア・シュナイダーが、ブラジルに行った時にハンググライダー体験をしたそうだが、その経験を元に一曲作曲している。僕もボーヒュスレーン・ビッグバンドと演奏した事があるが、なかなか気持ちの良い曲で、今日、ハンググライダーを見ていて、急にその事を想い出した。
e0125069_3305820.jpg
ハングライダー
e0125069_3314238.jpg
自由に飛び回るハングライダー
e0125069_3341773.jpg
ワイン博物館からの展望

その後、革製品の工場・お店に連れて行かれるが、蜂蜜のリキュールを試飲させて貰った。
革製品の方は、あまりパッとしたデザインのモノは無かったが、リキュールの方は美味しかった!
そして、午後2時半にはホテルに戻った。

昨晩は、ホテルのレセプションの人に推薦されたプエルト・デ・ラ・クルーズの街の中心地に在るレストラン「Casa Regulo」に行き、焼き魚と白ワインを食した。これが滅茶苦茶に美味しく、素晴らしいレストランだった。もし皆さんの中で、テネリフェ島プエルト・デ・ラ・クルーズに行かれる方は、是非、このレストランを訪れて欲しい!(所在地はSan Felipe通りとPéres Camora通りの交差点脇)

どうも咳と鼻水が出て来て、風邪を引いたみたいだが、明日はいよいよテネリフェ島滞在最終日!明後日の晩は、新たに雪が積もったイェーテボリだ。

尚、前回の記事ではこの島の名前を、スウェーデンで呼ばれているテネリッファ島と表記しましたが、Moonさんのご友人が言われていたというテネリフェ島という表記が、日本では一般的な様ですので、今回の記事はテネリフェ島と表記しました。

2010/02/19
テネリフェ島プエルト・デ・ラ・クルーズにて、

森 泰人
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-02-20 03:37 | 休暇

2月17日(水)、カナリア諸島テネリファ島にて、

e0125069_45533.jpg


2月14日(日)の早朝、4時45分にイェーテボリの自宅を出発し、空港に向かい、6時45分のフライトで一路、カナリア諸島テネリファ島に向かいました。イェーテボリから南テネリッファのReina Sofia空港まで直行便で5時間20分の飛行でした。
僕達(僕とカリン)の目的地は、同島の西海岸に在る北テネリッファのプエルト・デル・ラ・クルーズ(Puerto de La Cruz)です。

e0125069_3134788.jpg
e0125069_3141687.jpg
e0125069_3145485.jpg
e0125069_316482.jpg
皆様もご存知の通り、カナリア諸島は北アフリカ西海岸沖に浮かぶスペイン領の島々で、昔からドイツや北欧人達の避寒地として、高い人気があるところです。日本人がグアムとかハワイに行くような雰囲気で、様々なパックツアーが有り、特に今週は冬期スポーツ週間の第7週という事もあって、イェーテボリからの家族連れも多いのですが、特にテネリッファの場合、子供連れの家族は島の南側にある海水浴場Playa de las Americasや島の西側にあるLos Gogantesに向かう人達が多い様です。
e0125069_3163745.jpg
e0125069_3172143.jpg
e0125069_318249.jpg

夜はやはり街の中心街にあるペルー料理レストランへ出かけたのですが、丁度、先週木曜日辺りから今週木曜日辺りまで、北テネリッファではカーニバルのシーズンということで、レストランからの帰り道、仮装して歩いている地元の人達が多いのには驚きました。大人のおッサンが女装したり、子供達が魔女の格好をしたり、南米に向かったスペイン軍人の格好をしたり、怪物のお面を付けたり・・・。


16日は、ホテルから近いもう一つの植物園(Jarín Botánico)に行ってきました。この植物園には、スペイン人達が南米やアフリカ、アジアから持って来た、様々な植物を観る事が出来ました。特に観葉植物の類が多く、ゴムの木等も、かなり昔に植えられたそうです。
この植物園の樹木の大きさが、全てかなり大きいのには驚かされました。
e0125069_3315047.jpg
e0125069_3323876.jpg
e0125069_3333443.jpg
e0125069_334098.jpg
e0125069_3343226.jpg
e0125069_335620.jpg
e0125069_3355957.jpg
e0125069_338172.jpg
e0125069_34067.jpg


夜はやはり街の中心部にある広場で見かけた、大きな屋台でパエリャとイカの天麩羅を楽しみました。

この島で驚いたのは、月です。・・・と云っても1Q84の様に2つ在るのでは無く、要するに三日月なのですが、その形が変わっているのです。日本の三日月は、花王石鹸のマークの様に縦に立っている訳ですが、ここで見るそれは、ニコニコマークのクチの様に見えるのです。(笑)
要するに太陽の光に反射している月の部分が、底辺に見える訳。この辺に住んでいれば普通の事なのでしょうけど、僕には初めての体験でした。三日月が上に在る所もこの地球上には有るのでしょうか?
e0125069_3445799.jpg
e0125069_3451918.jpg
e0125069_3454564.jpg
e0125069_346927.jpg
e0125069_3463917.jpg
e0125069_347295.jpg
e0125069_3472466.jpg
e0125069_3474525.jpg
e0125069_3482817.jpg
e0125069_349472.jpg

今日は17日(水)です。朝は天気も良く、ホテルのプールで泳いでいる人を観ながら遅い朝食を摂ったのですが、午後になってから、急に雷の音が聞こえ、今は雨が降っています。
今日は山側に向かって2時間ほど散歩をするつもりでしたが、雨が止むのを待って出かける事にします。果たして止んで呉れるのかナァ?


テネリッファ島・プエルト・デル・ラ・クルーズにて、

森 泰人
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-02-18 03:52 | 休暇

2008年9月02日

8月29日(金)から2泊3日で、スウェーデンの南部の東海岸に寄り添うように在る長細い島、Öland・・・ヱーランドに行ってきました。
この島へは、昔は船で渡っていたのですが、現在はカルマルという町から橋が架かっていますので、車で行けます。
イェーテボリから車で約5時間半掛かりました。
6月からの夏の観光シーズンも終わり、なかなか静かでした。
この島は南北に長く、全長は150キロくらいは在るのでは無いかと思います。
南の方が世界遺産に指定されているのですが、その世界遺産に関してNHKで放映されているのを観た事があります。今回、僕達が行ったのは北部です。

スウェーデンに住んで28年経ちますが、これまで一回も行った事が無かったので、今回、初めてヱーランド島訪問になりました。
今回は、ストックホルムに住むビル・エバンス狂の友人のサマーハウスにもお邪魔し、夕食を共にしました。

次回は南部を旅してみたいと思いました。
下記写真をご参照下さい。

<ボーヒュスレーン・ビッグバンド>
BBBの日本公演ですが、10月25日に「武蔵野市民文化会館大ホール」で予定されているコンサートは、8月中旬に完売になりました。

しかし、東京では赤坂の「Bflat」で23日と24日にもコンサートがあります。
「武蔵野市民文化会館」のチケットをゲット出来なかった方は、是非、「Bflat」にお越し下さい!
3日間とも同じ事を演奏してもつまらないので3日間ともまるっきり違うコンサートにしたいと思っています。
東京3連ちゃん!是非、成功させて下さい!
尚、22日には福岡の"Billboard Live Fukuoka"でコンサートがあります。
九州に近い方は、是非、お越し下さい。
http://www.morimusic.jp/sc36th.html
e0125069_815040.jpg
e0125069_8154930.jpg
e0125069_8162610.jpg
e0125069_817111.jpg
e0125069_8173148.jpg
e0125069_818637.jpg
e0125069_8185323.jpg
e0125069_8202219.jpg
e0125069_8211266.jpg
e0125069_821457.jpg
e0125069_8225399.jpg
e0125069_8232716.jpg
e0125069_8235874.jpg
e0125069_8243516.jpg
e0125069_8252186.jpg
e0125069_825544.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2008-09-02 08:27 | 休暇

2008年 謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨年暮れには、高等部時代の後輩・矢野顕子さんとか、当時からのジャズ仲間で、長年米国に住んでいたギター奏者の森 士郎くん、去年最期の「In F」のコンサートに来てくれた早川岳晴くんとか、懐かしい旧友達と出会う事が重なりました。
さっき僕の初録音、もとまろの「サルビアの花」を検索したら出てきました。

懐かしいので掲載しますネ!

http://www.youtube.com/watch?v=XpmYwzuBiFU

皆様にとって、今年一年が素晴らしい一年になるように祈っております!


[PR]
by yasuhito_mori | 2008-01-04 09:04 | 休暇