<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

EST エースビョン・スヴェンソン事故死

ESTとして欧州、米国をはじめ日本でも人気の有ったスウェーデンのピアニスト・エースビョン・スヴェンソンが、ストックホルム郊外の島でアクアダイビング中、事故で亡くなりました。

エースビョン・スヴェンソンは、事故は土曜日の午後、ストックホルム郊外の島Ingaröで、ダイビング仲間数人とアクアダイビングをしていたところ、ダイビング・リーダーが突然、一人足りない事に気が付いて捜索。海底でエースビョンを見つけ、急遽、救急ヘリコプターでカロリンスカ大学病院へ運ばれたましたが、死亡が確認されたそうです。
享年44歳。

僕は随分昔に、エースビョン・スヴェンソンと演奏した事がありましたが、とても感じの良い人でした。エースビョン・スヴェンソン・トリオ(EST)として世界的な人気トリオを得ても、ESTとして名前を定着させ、ダウンビートの表紙を飾った時も、Orkester Journalen誌の表紙を飾った時も、普通だったらピアノトリオのピアニストが、自分のみの宣伝に努める訳ですが、常にトリオ全員でESTとしてアピールしていました。
メンバーとの関係を大切にしていた様な人だと思います。

あまりにも突然の死、しかも彼は人生の絶好調の44歳という若さで先立った訳ですが、奥さんや二人のお子さんの悲しみを思うと、言葉がありません。

1970年代に交通事故で亡くなったスウェーデンの天才的ピアニスト・ヤン・ヨハンソンや、60年代初頭に亡くなったスコット・ラファロの突然の死を思い出してしまいます。

エースビョンのご冥福を心から祈る次第です。

合掌
[PR]
by yasuhito_mori | 2008-06-16 10:00 | 蓋棺録

ギーネ・アンデルセン・グループ

e0125069_5323958.jpg

e0125069_5331111.jpg

第34回スカンジナビアン・コネクション〜ギーネ・アンデルセン・グループのツアーが無事に終了致しました。

今回は5月20日に成田に到着し、翌21日から、名古屋「Star Eyes」→沖縄「桜坂劇場」→東京「新宿PIT INN」→東京「Body & Soul」→新潟「ジョイアミーア」→札幌「くう」→苫小牧「アミダ様」と休み無しのぶっ続けで日本を縦断しました。

コンサートに来て下さった皆様に、心から御礼致します。
有難うございました!

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2008-06-03 05:31 | ツアー