<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The Schedule 01 March 〜05 July 2009

≪2009 Spring≫

090301 (Sun)
090302 (Mon)
090303 (Tue)
090304 (Wed)
090305 (Thur) BBB Rehearsal Bengt-A Walilin, Nils Landgren
090306 (Fri) BBB Rehearsal Bengt-A Walilin, Nils Landgren
090307 (Sat) BBB Rehearsal Bengt-A Walilin, Nils Landgren
090308 (Sun) Vara Konserthus (BBB/Bengt-A Project)
090309 (Mon) Rehearsal  ewith Anders Persson
090310 (Tue) Borås Teater (BBB/Bengt-A Project)
090311 (Wed) Mariestad Teater (BBB/Bengt-A Project)
090312 (Thur) Gothenburg Kronhuset (BBB/Bengt-A Project)
090313 (Fri) Ljungskille (BBB/Bengt-A Project)
090314 (Sat) Skövde Teater / Radio Recording (BBB/Bengt-A Project)
090315 (Sun) Partille (BBB/Bengt-A Project)
090316 (Mon) Dep to Japan
090317 (Tue)
090318 (Wed) Kitakyushu "Music Lab" (Izumi Wada Group) Makoto Nakamura(pf) Izumi Wada (vocal)
090319 (Thur) Kumamoto "Swing" (Izumi Wada Group)
090320 (Fri) Fukuka "Galleria Rooms" (Izumi Wada Group)
090321 (Sat) Saitama ""The Ueno House" (Izumi Wada Group)
090322 (Sun) Tokyo-Meguro
"The Little Jazz Concert vol 1Mori's Glänta" (Izumi Wada Group)
090323 (Mon) Dep to Sweden

090324 (Tue) BBB Rehearsal (Sinne Eeg Project)
090325 (Wed) BBB Rehearsal with Lew Soloff(tp) (Gil Evans Project)
090326 (Thur) BBB Rehearsal with Lew Soloff(tp) (Gil Evans Project)
090327 (Fri) BBB Rehearsal with Lew Soloff(tp) (Gil Evans Project)
090328 (Sat) Gothenburg (Gil Evans Project)
090329 (Sun) Vara Konserthus (Gil Evans Project)
090330 (Mon) Dep to Japan
090331 (Tue) Tokyo-Hachioji The Wedding Concert for Mr.& Mrs.Ichihara (TRIO´)

090401 (Wed)
090402 (Thur) Tokyo-Daikanyama "Lezard" (TRIO´)
090403 (Fri) Hamamatsu "Yotsuike Nusé" (TRIO´)
090404 (Sat) Osaka-Umeda "Jazz On Top" (TRIO´)
090405 (Sun) Shimane-Izumo "Misty" (TRIO´)
090406 (Mon) Hiroshima "Kawai Music Hall" (TRIO´)
090407 (Tue) Nara "Drum Yakata" (TRIO´)
090408 (Wed) Nagoya "Star Eyes" (TRIO´)
090409 (Thur) Tokyo -Minami Aoyama"Body & Soul" (TRIO´)
090410 (Fri) Takasaki "Keynote" (TRIO´)
090411 (Sat) Tokyo Asakusa "Soul Train" (TRIO´)
090412 (Sun) Higashi Matsuyama "Hirano City Center" (TRIO´)
090413 (Mon) Dep to Sweden

090414 (Tue) Gothenburg Rehearsal with Ronny Johansson Trio
090415 (Wed) Gothenburg BBB with Sinne Eeg(vocal) (Sinne Eeg Project)
090416 (Thur) Gothenburg BBB with Sinne Eeg(vocal) (Sinne Eeg Project)
090417 (Fri) Kungälv (Sinne Eeg Project)
090418 (Sat) Hjö (Sinne Eeg Project)
090419 (Sun) Vara Konserthus (Sinne Eeg Project)
090420 (Mon) Gothenburg "Nefertiti" (Sinne Eeg Project)
090421 (Tue) Dep to Japan
090422 (Wed) Tokyo-Shinjuku "Pit Inn" (Gine Anderssen Group) Ove Alxander Bilington (pf)
090423 (Thur) Hamamatsu "Hermit Dolfin" (Gine Anderssen Group)
090424 (Fri) Niigata "Utsuwa" (Gine Anderssen Group)
090425 (Sat) Sapporo "Coo" (Gine Anderssen Group)
090426 (Sun) Tomakomai "Amida-sama" (Gine Anderssen Group)
090427 (Mon)
090428 (Tue) Ibaragi-Koga "Cafe Up's" (Gine Anderssen Group)
090429 (Wed) Tokyo-Roppongi"Recording" with Tomoo' Tsuruya(dr),Keiji Matsumoto(pf) & Norito Sumitomo(sax)
090430 (Thur) Tokyo-Roppongi"Recording" with Tomoo' Tsuruya(dr),Keiji Matsumoto(pf) & Norito Sumitomo(sax)

090501 (Fri) Tokyo-Minami Aoyama "Body & Soul" (Gine Anderssen Group)
090502 (Sat)
090503 (Sun) Dep to Sweden

090504 (Mon) Gothenburg BBB Rehearsal
090505 (Tue) Strömstad (BBB)
090506 (Wed) Uddevalla (BBB)
090507 (Thur) Uddevalla(BBB)
090508 (Fri)
090509 (Sat)
090510 (Sun) Gothenburg Rehearsal (Ronny Johansson Trio)
090511 (Mon) BBB Rehearsal (Kul Djur i Dur)
090512 (Tue)Jönköping BBB (Kul Djur i Dur)
090513 (Wed)Värnamo BBB (Kul Djur i Dur)
090514 (Thur) Habo BBB (Kul Djur i Dur)
090515 (Fri)
090516 (Sat) Jönköping BBB (Kul Djur i Dur)
090517 (Sun) Jönköping BBB (Kul Djur i Dur)
090518 (Mon) Jönköping BBB (Kul Djur i Dur)
090519 (Tue) Jönköping BBB (Kul Djur i Dur)
090520 (Wed)
090521 (Thur)
090522 (Fri)
090523 (Sat)
090524 (Sun) Gothenburg Rehearsal (Ronny Johansson Trio)
090525 (Mon) Gothenburg Rehearsal (Ronny Johansson Trio)
090526 (Tue) BBB Rehearsal (Stevie Wonder Project)
090527 (Wed) Västra Frölunda (Stevie Wonder Project)
090528 (Thur) Gothenburg Rehearsal (Ronny Johansson Trio)
090529 (Fri) Gothenburg Rehearsal (Ronny Johansson Trio)
090530 (Sat) Concert Musikhögskolan (Ronny Johansson Trio)
090531 (Sun)

090601 (Mon)
090602 (Tue)
090603 (Wed)
090604 (Thur) BBB Rehearsal (Jazz Verk Project)
090605 (Fri) BBB Rehearsal (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090606 (Sat) Gothenburg "Liseberg" (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090607 (Sun) Gothenburg "Liseberg" (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090608 (Mon) BBB Rehearsal with Örjan Farström (Jazz Verk Project)
090609 (Tue) BBB Rehearsal with Örjan Farström (Jazz Verk Project)
090610 (Wed)
090611 (Thur)
090612 (Fri)
090613 (Sat)
090614 (Sun)
090615 (Mon)
090616 (Tue)
090617 (Wed)
090618 (Thur)
090619 (Fri)
090620 (Sat)
090621 (Sun)
090622 (Mon)
090623 (Tue) BBB Rehearsal with Örjan Farström (Jazz Verk Project)
090624 (Wed) Lysekil (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090625 (Thur) Lidköping (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090626 (Fri) Dep to Sandviken
090627 (Sat) Sandviken "Big Band Bang"
(Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal) & (Jazz Verk Project)
090628 (Sun) Strömsholm (Bilie Holliday Project) with Jaqee (vocal)
090629 (Mon)
090630 (Tue) BBB Rehearsal with Steve Swallow (elb) (S Swalllow Project)

090701 (Wed) BBB Rehearsal with Steve Swallow (elb) (S Swalllow Project)
090702 (Thur) Gothenburg "Liseberg" (S Swalllow Project)
090703 (Fri) Malmö (S Swalllow Project)
090704 (Sat) Germany-Salzaw "Jazz Baltica" ( Swalllow Project)
090705 (Sun) Denmark-Copenhagen (S Swalllow Project)
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-26 17:20 | スケジュール

”TRIO'"、”北ノルウェーから来る歌の妖精ギーネ!”

e0125069_6101191.jpg先日、3月中旬の和田いづみさん、中村真さんとのツアーについて書かせて頂き、3月22日(日)午後に東京・目黒の「Jay-J's Cafe」で予定している「森のグレンタ〜春の集い」に関してもご紹介させて頂きました。左の写真は、昨年の11月上旬にスウェーデン・クングエルブで行われた録音メンバーです。


(左からSimon Westman、森泰人、Johan Borgström、和田いづみさん、Sebastiaan Kaptein)


今回は4月から5月に掛けての帰国予定を、簡単にご紹介させて頂きます。
詳細は、近日中にMori Music KBのホームページに掲載致しますので、是非、ご覧下さい。

e0125069_6174712.jpg


◎ 4月02日〜4月12日
市原 康さん、福田重男さんとの”TRIO'"の4枚目のCD発売記念ツアーです。 TRIO' 第四弾「LIGHT IN THE DARKNESS」リリース記念ライブツアー
4/02(木) 東京/代官山 LEZARD/レザール
4/03(金) 浜松
4/04(土) 大阪/梅田 JAZZ・ON TOP
4/05(日) 島根/出雲 味巣亭/ミスティー 
4/06(月) 広島/中区 カワイミュージックショップ広島5Fホール 
4/07(火) 奈良/橿原 DORAMU YAKATA 
4/08(水) 名古屋/覚王山 STAR EYES 
4/09(木) 東京/南青山 Body & Soul 
4/10(金) 高崎/上豊岡町 ケイノート
4/11(土) 東京/浅草 SOULTRANE
4/12(日) 埼玉/東松山 平野市民活動センター

e0125069_6361628.jpge0125069_651755.jpg
◎ 4月21日〜5月01日ノルウェー人の歌手ギーネ・アンデルセン、ピアニストオーベ・ビーリングトンとのツアーです。ギーネはノルウェーのJazzawayからの新譜「Your Truly」のリリース記念コンサートです。
e0125069_645115.jpg 森のみは、4月29日と30日は、ドラム奏者の鶴谷智生さんのリーダー・アルバム第2弾目の録音も予定しております。他のメンバーは前作と同じで、サックス奏者の住友紀人さんとピアノ奏者の松本圭司さんが参加される予定です。
4/22(水) 東京・新宿「新宿PIT INN」
4/23(木) 浜松「ハーミット・ドルフィン」
4/24(金) 新潟 「器」
4/25(土) 札幌「くう」
4/26(日) 苫小牧「アミダ様」
4/28(火) 古河「Cafe Up's」
4/29(水)  東京・六本木/録音 (森のみ)
4/30(木)  東京・六本木/録音 (森のみ)
5/01(金) 東京・南青山「Body & Soul」


e0125069_6461917.jpg


皆様!今春も第37回目となるスカンジナビアン・コネクション!
一生懸命に演奏したいと思いますので、呉々も宜しくお願いいたします!!!


スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-23 07:24 | スケジュール

今春の帰国(1)

今春は3月中旬から5月上旬に掛けて、合計3回の帰国をする事になりました。

1)3月17日〜3月23日 
和田いづみトリオ(中村真、森泰人)

2)3月31日〜4月13日 
”TRIO'"第4弾リリース・ツアー

3)4月22日〜5月03日 
Gine Anderssen,Ove Alexander Billington、森泰人

1)は、北九州の歌手・和田いづみさんと、大阪出身の最近話題のピアニスト・中村真さんとのトリオで一週間のツアーを行います。

歌手の和田いづみさんは、昨年11月上旬にイェーテボリに来られて、サックス奏者のJohan Borgström、ピアニストのSimon Westman、そして「Mike Del Ferro Trio」のドラマーで、現在は沖縄に住んでいるSebastiaan Kaptein、そして小生というメンバーでの録音!Sebastiaan は丁度その頃、オランダで仕事の為に帰国していたので、スウェーデンまで来て貰った次第。

題して『JUST THE TWO OF US』
こちらのCDは、そろそろ発売になると思いますが、Johan Borgströmはサックスのみならず歌まで披露していたり、何といっても和田いづみさんの歌が、「 エッ!????・・・これが和田いづみさんなの???」という感じで、もう驚くほど凄い才能と声を持った歌手なのです!

今回のツアーでは、北九州〜熊本〜福岡と廻り、その後、どういう訳か埼玉!
埼玉の上野さんという昨秋まで音響製品で有名な某メーカーの社長をされていた方の私邸でコンサートを開くのです。

スウェーデンに戻ると即、BBB〜Lew Soloffのツアーが始まるのですが、スウェーデンに帰る前日、3月22日の午後、東京・目黒のジャズクラブ「Jay-J's Cafe」で、小さなコンサート兼パーティーを開き、出来る限り多くの方に、この北九州の素晴らしい歌手をご紹介させて頂きたいと思っています。

今後もこういうパーティー兼コンサートみたいな、一種のサロン的な感じの事もやって行きたいと思っているので、大学時代、4年間に渡って銀座ヤマハ店から依頼されてプロデュースしたコンサート・シリーズ『リトル・ジャズコンサート』の名を復活させ、題して『Morimusic Little Jazz Concert Vol.1「森のグレンタ〜春の集い」』という会を開催する事にしました。
詳細とかお申し込みは下記のサイトを覗いて見て下さい。
2月20日から(アレッ!・・・今日ですネ!)からご予約受付開始で、3月10日に締め切らせて頂きます。

http://www.morimusic.jp/20090322.html

ピアノの中村真さんは、大阪出身のチャキチャキの大阪人!(こんな表現ってありましたっけ?)大阪音大の作曲科を出られているそうで、昨秋、初めて一緒に演奏したのですが、最高に面白かったです。
Mike Del Ferroもそうですが、何でも出てこい!といった感じのピアノ奏者!
旧友のサックス奏者・井上淑彦さん(僕は彼をいつも委員長と呼んでいます(笑))からも色々と話は聞いていましたが、面白いピアノ奏者です。
ともかく、乞うご期待のトリオです。併せて和田いづみさんのスウェーデン録音も聴いてみて下さい。

今回は北九州と埼玉と東京の目黒だけですが、これから大きく羽ばたくお二人ですので、是非、今後とも宜しくお願い致します。

3/16(月) イェーテボリ出発
3/17(火) 成田経由、福岡着
3/18(水) 北九州「Music-Lab Casablanca」
3/19(木) 熊本「酔ing(スイング)」
3/20(金) 福岡「Cafe Galleria & ROOMS」
3/21(土) 埼玉「上野氏・私邸サロン」 
3/22(日) 東京・目黒「Jay-J's Cafe」
3/23(月) イェーテボリへ
(詳細は後日、改めてMori Music KBのホームページに掲載させて頂きます。)

ここまで書いて来て、ちょっとかなり長くなってしまったので、2)と 3)に関しては、後日、改めて書かせて頂く事にします。(笑)
今春も宜しくお願い致します。
それでは、また!
スウェーデンの森


[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-20 10:15

Izumir Jazz Fes "Ulf Wakenius Group"

Ulf Wakeniusのグループで、トルコのイズミール・ジャズ祭で演奏して来る。
2月11日(水)の早朝、6時30分、昨晩、予約したタクシーにコントラバスのフライトケースを積み込み、イェーテボリ郊外のランドベーテル空港へ。
空港では毎回、コントラバスの件でゴタゴタと問題が起こる事が多く、今回もウルフに旅行代理店を通じて、コントラバスのフライトケースの件のOKを取って置いて欲しいと頼んでいましたが、やはり話が通じていない様子。行きも帰りもイェーテボリからミュンヘン経由のルフトハンザ便。
たまたま以前から、フライトケースの件で掛け合った事のあるSASの女性が相手をしてくれて、トルコから戻る時にミュンヘンからイェーテボリのフライトが、かなり小さな飛行機なので、必ず問題が起きるという事で、結局、コントラバスは置いて行く事にする。

今回のメンバーはUlf Wakeniusのギター、Lars Janssonのピアノ、ラーシュの息子でドラマーのPaul Svanberg そして、小生。
Ulf Wakeniusとは、1980年代初期、1983年頃に録音したGUITARS UNLIMITED QUARTET以来の仲で、これまで色々な仕事をしてきたし、CD作品にも付き合ってきた。

ラーシュ・ヤンソンとは昨年、BBB、Nils Landgren等と一緒にワシントンDCへ行って以来。
現地に着いたのが16時過ぎで、MAHMUT SÖZER 君という通訳が空港まで迎えに来て呉れていた。
前の晩はケニー・バロン・トリオの演奏が有ったそうで、ベースは日本人の北川さんだったそうだ。
彼も自前のコントラバスを持参して来なかったそうで、楽器は借りたそうだ。その話を聞いて、少し気が楽になる。

イズミールという町は、トルコで第3番目に大きな町で、人口は500万人いるそうだ。
僕は前日の朝、寝違えてしまった様で、どうも左手に力が入らないので、MAHMUT君に話をすると、ジャズ祭の責任者で同地の交響楽団のオーボエ奏者でもあるSINAN OLCAY氏が整形外科医の有名な先生を知っているという事で、ホテルにチェックイン後、即刻、その医者の居る病院に連れて行ってくれた。
神経科の医者も診てくれたが、これは自然に治るのを待つしかないと云う事で、ビタミンB12とかB1、B6の錠剤、筋肉の痛みを和らげる薬を貰う。
ホテルに戻り、早速、マッサージを受けた。
ケニー・バロン・トリオは翌朝、出発するそうなので、一言、ケニーに挨拶でもして置きたかったが、明日のコンサートの事を考えてその晩は、部屋から出ずに眠った。

翌日は正午にホテルのロビーで集合。
皆でターキッシュ・コーヒーを飲みに旧市街に出かける。そのまま皆でランチを食べる。
案内して呉れたMAHMUT君に言わせると、そのレストランがトルコでも一番美味しいキャバブを食べさせて呉れるそうだ。
ウルフは途中でギターショップを発見し、帰り道に立ち寄る。ギブソンのギター・ピックを時々発見するそうで、そうなったら見つけモノ!という事らしい。ギブソンのギター・ピックって、そんなに珍しいとは知らなかった!(笑)

パウルとラーシュ父子はシンバルを見つけに他の店に行ったが、僕とウルフはホテルへ戻る。

部屋に戻ったら、掃除の人が掃除をしていた。
大きな窓から見える風景を見ながら、腕を振り回したり、ストレッチングをしたりしながら外の風景を見ていたら、掃除の女性が、「これを貴男に!・・・」と、湯たんぽを持って来て呉れた。
これには感激してしまった!
トルコには20年前にスタン・ゲッツのツアーでケニー・バロン、ベン・ライリーとイスタンブールに行った事が有ったが、夕方遅くにホテルに到着、そのままコンサート会場へ行き、夜、コンサートを行い、翌朝4時に空港へ行ったので、ほとんどトルコという国を知らなかったのだが、雰囲気が何となく皆、優しく柔らかい!人情が深い感じがした。

15時半にコンサート会場へ行き、サウンドチェックとリハーサル。
楽器はその2日前に北川氏が使用したペルマンを借りる。

僕が危惧していた腕の問題は、大分、良くなっていて、問題無く演奏出来た。
パウルとも本番のコンサートは初めてだったが、なかなかノリが合う!

18時からはウルフがギター・クリニックをすると云う事で、一旦、ホテルへ戻り、ラーシュ親子と一緒に簡単に食事を取る。
本番は20時30分からだったので、20時15分にホテル・ロビーで集合し、コンサートホールへ向かった。

90分1ステージのコンサートだったが、大幅に時間を超過し、最後はスタンディング・オベーションで盛り上がった。勿論、アンコールの曲も考えていたが、結局、ストレート・ノー・チェーサーのブルースで盛り上がって終わった。
当日の演奏曲目は下記の通り。
To all for winds (Lars Jansson)
Don't be Shy (Lars Jansson)

Shenandoah (Trad)

Tokyo Blue (Ulf Wakenius)
Tronto 2 PM (Ulf Wakenius)
The way you look tonight

Eleveation of love (Esbjörn Svensson)
Suzie (Esbjörn Svensson)
Seven days of falling (Esbjörn Svensson)

Pat (Uffe & Paul duo)

Japanese Calypso(Ulf solo)


ホテルに戻ったら、時間はもう0時近く。
皆、それぞれの部屋へ戻り、小生は爆睡!(笑)

今回、腕の筋がおかしくなっていたので、どうなるモノかと心配だったが、そんな危惧もいらなかった感じでコンサートが出来て本当に良かった。

金曜は夕方の飛行機なので、昼過ぎまでゆっくりする。
ウルフとロビーで会うが、ウルフはかなり満足していた感じ!
来年はこのメンバーでツアーをやりたいとか、云っていた!(笑)

パウルは25歳。ストックホルム音大を出て、今、ストックホルムのナッカという所に住んでいる。
昔から知っている子だけど、なかなか良い子!ドラムスもなかなか叩く。
勿論、これから、色々な経験を積んで行かねばならない訳だが、僕達、おッサンに囲まれて演奏する経験も大切だと思う。

最近のスウェーデンの若い世代のミュージシャン達は、既に自己のレーベルを持ち、自分の仲間達としか演奏しないという風潮が多いが、僕達が彼らの世代の時は、色々なおじさん達と演奏して経験を積んだものだ。

ミュンヘン空港でパウルと別れ、ウルフ、ラーシュ、小生はイェーテボリへ。この飛行機、本当に小さかった!コントラバスは恐らくOKが出なかっただろう。
帰宅してゆっくりと眠る。
土曜日は正午からアンダーシュ・パーション・トリオのリハーサル。
昨日、クリス・モントゴメリーという若いドラマーから、若いピアニストとのジャムの話が来た。
僕の様なコントラバス奏者でも、若い人と一緒に演奏することにより、何かを新たに学ぶ事が出来るし、彼らにもきっと何かを与える事が出来るのかも知れない。

さて、今日、2月16日は、イェーテボリ・コンサートホールでアンダーシュ・パーション・トリオのコンサートだ。要するにイェーテボリ交響楽団の定期コンサート・プログラムの一環で、ジャズのシリーズがあり、Musuc,Musuc,Musicというカッレダール兄弟のピアノトリオと1ステージずつ演奏する。

腕の方はかなり回復したので、恐らく問題無いと思うが、これからはもう少し、自分の筋肉とか体調に気を遣って演奏に備えたいと思う。
いろいろと考えさせられたトルコ行きだった。(笑)

明後日と明明後日はEwan Svensson Trioの録音だ!

スウェーデンの森



e0125069_21304414.jpge0125069_22242628.jpge0125069_22252426.jpge0125069_22255334.jpge0125069_22263839.jpge0125069_22272186.jpge0125069_2228818.jpg
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-16 22:29

ジェスパー・オーデルベリ

<ボーヒュスレーン・ビッグバンドとスタンドアップ・コメディアンのジェスパー・オーデルベリ>


写真は最終日2月6日にイェーテボリ東病院内にあるシルビア王妃記念児童病院でのコンサートの模様です。


e0125069_616163.jpgボーヒュスレーン・ビッグバンド(BBB)は、1月20日から2月6日までの期間、スタンドアップ・コメディアンのジェスパー・オーデルベリとツアーを行いました。
ジェスパー・オーデルベリはスタンドアップ・コメディアンと云っても、スウェーデンではCerebral Pares(英語Cerebral paralysis)の頭文字を取って「CPハンディーキャップ」と呼ばれる脳性麻痺により、車椅子での生活を余儀なくされている身体障害者なのです。。
出産時に脳が酸欠状態になってしまった事が原因で、脳性麻痺を起こし、そうなってしまったそうです。
彼はイェーテボリから60キロほど北に在る町、Ljungskile(ユンシーレ)で生まれ、育ちました。この町には、スカンジナビアン・コネクションでお馴染みのピアニスト、ラーシュ・ヤンソンが70年代後半から住んで居ます。
詳しい事はよく知リませんが、彼は学校も普通の学校に通ったそうです。
ちょっと話しただけでも、頭の回転が速く、知識が豊富なのか良く判ります!
健常者の様には喋れませんが、僕でも全く問題無く云っている事は判ります。

通常、コメディアンとかをやっている人は、頭の回転が速くないとやって行けないんでしょうネ!!
このジェスパーと1月20日から2月6日迄の期間、23回のコンサートを行いました。
高校生や中学生を対象にしたコンサートもあり、一般人のコンサートも行い、イェーテボリのジャズクラブ"Jazz Club Nefertiti"でもコンサートを行いました。

イェーテボリからバスで2時間ほど掛かる様な時は、朝7時にBBBの練習場からバスで出発、夜、一般人相手のコンサートも有ったりすると、帰宅は深夜になります。その翌日も7時出発!・・・とかいう感じで、この2週間は、皆、ちょっと疲労困憊という感じでした。(笑)
その上、風邪も少し流行ったりしてしまい、僕も先月末に悪寒と頭痛に悩まされたり・・・と、危うく病気になりそこなったくらいです。
しかし、BBBのメンバーは、ジェスパーの事が皆大好き!
ジェスパーもBBBと一緒に仕事をするのが大好きなのです!

勿論、同じ出し物が多い訳ですが、その場その場のアドリブで、新しい話題・・・・というか出し物がコロコロと出てくるので、23回もステージを共にしていても全く飽きが来ない!
考えてみると、落語なんかもそうですよネ!・・・・同じ出し物でも、毎回、その場の空気で微妙に変わってきます。


e0125069_6164561.jpgこのジェスパーとのコラボレ−ションは、今回で2回目。2006年秋にもツアーをやっています。
浜松に在る平野美術館が季刊している「ART's」という雑誌があります。
浜松を中心に、無償で配布しているタウン誌といっても良い内容なのですが、数年前から僕も寄稿させて頂いています。他にもボストン在住ののトランペット奏者、タイガー・大越さんや世界的に著名な彫刻家の流 政之さん等、いろいろな方々が寄稿している訳ですが、2006年秋の号に寄稿した内容は、このジェスパー・オーデルベリの事でした。


ひょっとして読まれた方もいらっしゃるかも知れませんが、今、読み直してもなかなか図星!と云う感じなので転載して置きます。


******************
<ART's 第37号/061215/ジェスパー・オーデルベリ>
World News <連載> Sweden編 Vol.8  森 泰人

スタンドアップ・コメディアンとビッグバンドの共演。ところが、そのスタンドアップ・コメディアンは重度の脳性麻痺。今回は、福祉先進国スウェーデンから、少し変わったスタンドアップ・コメディアン、ジェスパー・オーデルベリ氏(Jesper Odelberg)を紹介します。
e0125069_6172854.jpg
本文:

僕が常任ベース奏者を務めるボーヒュスレーン・ビッグバンド(以下 BBBと略)は、普段は国内外の有名なジャズ・アーティストとの活動を行っているのだが、2006年10月中旬のプログラムは、普段のコンサート・ツアーとは少し異なるものだった。
スタンドアップ・コメディアンとビッグバンドのショーなのだが、そのコメディアン、ジェスパー・オーデルベリは脳性麻痺で歩く事はおろか、一人で立つ事も出来ない生まれつきの重度の脳性麻痺なのである。脳性麻痺にも幾つかのタイプがあるのだが、ジェスパーの場合は、出産時に何かが原因で一時的な酸欠状態になった事が原因なのだそうだ。1970年7月23日イェーテボリ生まれのジェスパーが、初めて人前で舞台に上がったのは7歳の時。重度の脳性麻痺を持ちながらも音楽専門のフォルク・ホーグスコーラを卒業し、22歳でスタンドアップ・コメディアンとしてデビュー。最近、テレビ番組を通してジェスパーの名前は知られる様になり、ツアー中もスウェーデン放送のテレビチームが、彼のドキュメンタリー番組を制作すると云う事で、取材に来ていたり、ノルウェー放送の取材も有った。
正直なところ、脳性麻痺のスタンドアップ・コメディアンで一体どんなコンサートになるのかと思っていたのだが、ジェスパーの場合は、まだ何とか喋る事が出来るし、本を読む事も書く事も出来る。歌も歌えるし、特に彼のリズム感の良さには驚きだった!きっと彼の身体は動かなくとも、頭の中は健常者と同じかそれ以上の知能を持っているのである。話していても記憶力の良さや、頭の回転の速さが滲み出ている。そう言えばショーの中で、子供達にホーキンス博士と間違えられた顛末と云う話題もあった。

ショーの内容は、まずBBBが数曲演奏し、その後、ジェスパーが車椅子でステージに登場。彼が色々なペーソスに富んだ話をし皆を笑わせたりしてからBBBをバックに歌い(数曲は彼の作詞)、次の話題に移るという内容。休憩を挟んで約1時間のステージが2回というものである。

重度の障害者である彼の視点が、面白おかしい話の中にも重要な意味を持っていてハッとさせられる。ジェスパーの語りには「洗練された言葉のセンス」を感じる。
ストックホルムに友人を訪ね、二人で高級日本食レストランに行った時の話では、その友人も脳性麻痺だから単純では無い。笑いとペーソスに富んでいる。

特に差別とか偏見をテーマにした話なんかは腹を抱えて笑わされた。でもその中に素晴らしいジェスパーのメッセージが入っている。ちなみに彼のアイドルはレニー・ブルースだと云う。
差別をテーマにした話を一つだけ紹介する。「僕はここ半年間、レイシストになろうと頑張ってみたんだけど、レイシストになる為には、誰か人を憎まなくてはならない!・・・」というところから始まる。
スウェーデンにも人種差別とか偏見は根強くある。特に最近はアラブ系の難民・移民が多い為、生活風習の違いや価値観の違いが様々な問題を引き起こしている。面白おかしくそう言った点に触れてから、「レイシストになろうと半年間努力した結果、ITR(インターナショナル・トータル・レイシズム同盟)の設立を提案する!・・・つまり、全ての人間が自分と違う人間のグループを憎み、その結果、世界中の人間が、全て自国を国外退去になれば良い!・・・劣っているモノは国外追放だ!・・・何に較べて?・・・過去よりも劣っているからだ!・・・」と締めくくるのである。皆、ここで爆笑と拍手喝采!
身体障害者として偏見や差別を受けてきたジェスパーがレイシズムの論理を逆手に取った展開をして差別や偏見に対して、その無意味さを語っているのである。

最後の曲に入る前に「人には皆それぞれの心の中に神が居るのだと思う。僕に取っての神は、・・・車椅子に乗坐っている35歳位の男性で・・・生まれつき脳性麻痺を持ち・・・セクシーで・・」と面白おかしく語って締め括るのだが、何とも云えない暖かさを感じるショーであった。彼のドキュメンタリーは、今秋11月にスウェーデンで放映されるが、日本でも是非、放映される事を期待したい。
きっと日本にも、彼の様な素晴らしい脳性麻痺の人が大勢居ると思う。


森 泰人
スウェーデン在住コントラバス奏者
(http://www.morimusic.jp)
ジェスパー・オーデルベリのホームページ:http://www.odelberg.se/index.html
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-08 06:46

インガおばあちゃんの肉団子の作り方


スウェーデンの料理というと、先日の日記に書かせて頂いた海老とか、魚の酢漬けとか、臭いことで知られているスールストゥルンミングがあるのだが、ごく一般的な家庭料理の中で代表的なのが肉団子・・・スウェーデン語ではショットブッラと呼ばれているミートボールなのです。
こういう挽肉料理は世界中、何処にでもあるし、日本でも鶏肉でつくねがありますよネ!
一見簡単に出来るの様なのですが、美味しい肉団子作るのは、やはり一家のお祖母ちゃん!僕も何回も肉団子とかハンバーグを作っていますが、女房の母親、Ingaお祖母ちゃんの肉団子は、何時食べても皆の人気の的!
昨日、1月31日の朝11時に彼女のマンションを訪ね、肉団子の作り方を習ってきました。
女房の彼女は、来月(3月)で85歳!まだまだお元気です!

アルバムの方には写真を掲載して置きましたので、ご参照下さい!
以下、簡単にまとめたレセピーです。題して『インガおばあちゃんの肉団子』
肉団子コンテストというのが有ったそうで、そこで優勝した人のレセピーと自分のやり方は全く同じだったとの事です。
皆さんも是非、トライして見て下さい。
こちらでは主食がジャガイモですから、ジャガイモでも良いですし、普通のご飯でもOK!後はサラダでも付けて一緒に召し上がって下さい。

以下、レセピーです!

********************
インガおばあちゃんの肉団子の作り方
********************

材料:
・挽肉合い挽き 700g
・タマネギのみじん切り コーヒーカップ1杯(あまり細かくし過ぎない事!)
・パン粉 1dl (Ströbröd)
・卵 1
・牛乳 50ml±
・料理用クリーム 50ml±
・塩 少々(小さじ2くらい±)
・白コショウ 少々
・Aromat(クノール) 少々

焼く時:
・バター 
・水コップ1杯

1)ボールにパン粉を入れ、牛乳とクリームを合わせてかき混ぜる。

2)卵をボールに入れて更にかき混ぜる

3)少しずつ挽肉を加えて混ぜて行き、時々、塩、白コショウ、Aromatを加えていく

4)ボールごと冷蔵庫に入れ、最低15分間休ませる。
彼女は普段、テレビを観たりして、1時間くらい寝かせるそうです。
僕は古い時計を直す事に才能が有るらしく、これまで拙宅の2つの時計、カリンの弟の古い柱時計とかを修理しました。いずれも本職の人達に修理に出して、直らないで戻って来たのですが、僕がやるとチャンと動くのです!それで、彼女の居間にある古い時計の修理を頼まれていたので、ちょっと拝見!コーヒーとか彼女の手作りのクッキーとかご馳走になりました。
肝心のレセピーからは、一寸、脱線してしまいましたネ!(笑)

5)ボールを冷蔵庫から取り出して、コップ1杯の水とスプーンを用意して、適当な大きさの肉団子を作る。あまり大木過ぎない方が焼く時に日の廻りが早くて済みます。スプーンに水を付けたり、自分の手にも水を少しつけて形を作っていく

6)フライパンにバター(大さじ2ぐらいの目安)を溶かし、最初はジュウジュウ云っていますが、全てが溶けて静かになったら、肉団子を入れていく。この際、あまり団子の数を入れすぎない方が良い。

7)最初に肉団子を動かさないで強火で40秒位焼き、その後、フライパンを前後に動かして肉団子を回転させ、団子全体に焼け色が付く様にし、火を弱火にして蓋を被せて30秒〜1分位火をまわしたりもして、フォークで少し押してみて、ある程度弾力が出てきたら一旦別の入れモノに移し、次の肉団子を焼く。

そして、その第2回目の肉団子が出来上がりそうになったら、第一回目の方の肉団子も入れて、再加熱して出来上がり!

これが正真正銘のスウェーデン家庭料理の代表・スウェーデン風肉団子の作り方の様です。
一番難しいのが、やはり1)2)3)の段階!彼女は時々、小さじで肉を味見していました。また、パン粉と牛乳+クリームの量もかなり微妙です!
ここでしくじると、肉を入れても柔らかすぎたり、固すぎたり・・・・。
ここはやはり経験がものを云う感じですネ!(笑)

先週はスタントアップ・コメディアンのジェスパー・オーデルベリとの共演でしたが、早朝から深夜に至ることも数日あり、僕も木曜日から少し悪寒と頭痛を感じたりしてました。周囲の仲間達は、喉が痛くなったと訴える人が多かったのですが、僕は大丈夫でした。生ニンニクを食べて翌日には悪寒も頭痛も無くなっていました。でもくたびれてしまい、ジェスパー・オーデルベリについて書こうと思っていたのですが、体力が持ちませんでした。
これからの一週間も同じプログラムが続きます。
皆さんも風邪とかにご注意下さい!
今週も良い仕事をやって行きましょう!!!
スウェーデンの森

1)Aromat、料理用クリーム
e0125069_7145235.jpg

2)パン粉、牛乳
e0125069_715186.jpg

3)タマネギのみじん切り(細かすぎない!)
e0125069_7155382.jpg

4)パン粉にクリームとミルク
e0125069_7161360.jpg

5)卵1つを加える
e0125069_7163893.jpg

6)挽肉合い挽き 700グラム
e0125069_7221189.jpg

7)塩、白コショウ、Aromatを加え、良く混ぜる
e0125069_7222672.jpg

8)少しずつ肉を加えて混ぜていく
e0125069_7224598.jpg

9)冷蔵庫で15分以上、寝かせる
e0125069_7232267.jpg

10)居間の時計
e0125069_7234973.jpg

11)時計の中
e0125069_7241156.jpg

12)時計の心臓部
e0125069_7242742.jpg

13)手にも水を付けて形を作る
e0125069_7244933.jpg

14)スプーンで一個分の肉を
e0125069_7251222.jpg

15)団子状に
e0125069_7252835.jpg

16)フライパンにバターを入れて溶かす
e0125069_7254353.jpg

17)静かになったら肉団子を入れる
e0125069_726098.jpg

18)最初は40秒くらい動かさない!強火!
e0125069_7261852.jpg

19)団子の周囲に焼き色を付ける
e0125069_7263517.jpg

20)出来上がったら取り上げる2
e0125069_7265653.jpg

21)弱火にして蓋をかぶせて1分
e0125069_7272071.jpg

22)更にバターを足す
e0125069_7273749.jpg

23)出来上がり!
e0125069_7275753.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2009-02-02 07:39 |