<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Ale Möller & BBB

e0125069_6102517.jpg アーレ・ミュラーと云うスウェーデンを代表するワールドミュージックの御大がいます。Vara Konserthusでは、昨年からこのアーレをゲスト・アーティストという形で取り上げることになっていて、その一環としてボーヒュスレーン・ビッグバンドとも共演することになった次第。
e0125069_611324.jpge0125069_6113576.jpg
アーレが良く演奏している仲間、パーカッションのラファエル・シーダ、キーボードのマッツ・オーベリも一緒に参加して、ボーヒュスレーン・ビッグバンドとコンサート・ツアーを行いました。
アーレは日本にも数回来日しており、彼のファンの方も多いと思います。

アレンジはボーヒュスレーン・ビッグバンドのトロンボーン奏者、クリステル・オロフソンと、ストックホルム在のハンス・エークが行いましたが、曲によっては,ザビヌルの曲をやっている様な雰囲気にもなりました。e0125069_6115968.jpg

演目は、どれもアーレのオリジナル曲ばかりですが、彼らしいワールドミュージックの世界に根ざした音楽。東欧系のモノ、アラブ系のモノ、スウェーデンのポルスカと呼ばれる民謡のワルツ等、東洋系のモノ等、世界の楽器に詳しいアーレ独自の世界を感じさせられます!

今度のツアーは、ウデバラ、リスシール、ジェーブレ、そして最後にイェーテボリの"Jazz Club Nefertiti"と廻ったのですが、何処も大成功のツアーでした。

キーボードのマッツは、マッツ&モルガンというアンサンブルで有名な人気キーボード奏者!全盲の人なのだが、耳が滅茶苦茶に素晴らしく良く、一度聴いたら忘れない!
さすがに15歳でフランク・ザッパのバンドに入るだけのテクニックとセンス、ユーモアを持った素晴らしいアーティストである。子供の頃から神童と騒がれた人なので、テレビの映像も沢山あり、スウェーデン放送のテレビで、彼の特集番組をやっていたのを見たことが有るが、一種の天才だと思います。

10年ほど以前にヨーナス・クヌートソンというサックス奏者とグループをやっていた頃、ピアノがラーシュ・ヤンソンだったのですが、ラーシュ・ヤンソンが出来ないときにマッツが来て演奏した事が有りました。
一度、僕達のCDを聴いたら、この曲は、こう?・・・とか云いながら、ラーシュのヴォイシングまでピッタリと同じ様にテーマを弾かれたときにはブッ飛んだモンです。(笑)

ラファエル・シーダも1998年のアーレのプロジェクト、ストックホルム・フォルク・ビッグバンドでも一緒に演奏した仲間だが、素晴らしい感覚を持ったパーカッション奏者である。
短いツアーでしたが演奏している僕達にとっても楽しく,お客さんにも大変に喜んで頂けたツアーとなりました。

既に録音をしようという話もありますので、何とか形にして日本の皆様にも是非、聴いて頂きたいと思っています。

今日からは、ISCM(国際現代音楽協会)のコンサートの為のリハーサルが始まりました。
スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-09-30 06:31 | コンサート

"Selmer Super Balanced Action Tenor 1949"

ストックホルムに住む友人のサックス奏者、カール・マッティン・アルムクヴィストからメールが来ました。
彼の友人で、アマチュアのサックス奏者であり。サックスの収集家の友人が、1949年製のフランス・セルマー社製のサックスを売りに出すそうです。

古い楽器を売ると云うのは、コントラバスでもしょっちゅうある事なのですが、このテナーサックスは、全てがオリジナルで、ほとんど未使用の様な品なのだそうです。

カール・マッティンに写真とか何か文章を送って欲しいと頼んだら、下記の様なメッセージが届きました。

"Selmer Super Balanced Action Tenor 1949"
New from the factory in Paris, out of its case for the first time in 60 years. Original set up, save from one green felt that had to be changed. Original lacquer, original pads, original resonators, orignial key hight, original high f-sharp key ... After a careful CLA (clean, lubricate, adjust) by one of the world's best technicians of the legendary Näslund Shop in Stockholm, this is a very, very rare find. Probably one of the last real closet SBA Tenors.
The saxophone is in pristine condition. So is the original case. It's mint. It's AA. It's all the things you want of a Selmer SBA. Especially when it comes to the sound department. It has that dark dark sound so rich of nuance and bouqet. Intonation is perfect. It seals and feels better than any new horn. There is really nothing like this brand new Selmer Super Balanced Action from 1949. Something for the serious collector or Selmer aficionado."

ケースもオリジナルなのですネ!
どなたか興味をお持ちの方は、森の方にメッセージを送って下さい。
僕のホームページ内のスケジュール又はスコアについての箇所で、書き込みが出来ます。



スウェーデンの森 
[PR]
by yasuhito_mori | 2009-09-16 07:18 | ハプニング