<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コメントに関する公告!

今回、IPアドレス163.139.63.175という所から、大変におかしなメッセージがコメントされました。
勿論、皆さんのご想像通りブログとは一切関係の無いメッセージでした。
僕もいろいろと忙しいので、一々、この様な下らないコメント削除の手続きに裂かれる時間はありません。
このブログをまともに見て下さる皆様には大変に申し訳ないのですが、コメントは承認制とさせて頂き、このブログの記事に関連の無いメッセージは、全て排除させて頂きたいと思います。
・・・・・・が、その事には関係無く、皆様のご意見、ご感想は全て掲載させて頂きますのでコメントはご自由にお願い致します!

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-04-26 08:19 | お知らせ

ボーヒュスレーン・ビッグバンドのチャーリー・パーカー特集”

e0125069_4543618.jpg


今、ボーヒュスレーン・ビッグバンドでは、チャーリー・パーカー特集”を行っています。
現在ストックホルム在住で、元々はイェーテボリ出身、ボーヒュスレーン・ビッグバンドにも在籍していた事があるアルトサックス奏者・Klas Lindquist、そして、日本にも数回行ったことがあるトランペット奏者・Karl Olanderssonをゲストに迎え、いろいろとやっています。(笑)
Klasとはスウェーデン放送のカルチャー・ニュースという番組でデュオの演奏を録画した事があります。

22日は過ぎてしまいましたが・・・・以下がコンサートの日程です。

2010年4月
22日 Frölunda Kulthurhus 19:00
25日 Vara Konserthus 18:00
26日 Halmstad Tångaskolan 19:00
27日 Halmstad Nya biblioteket 20:00
28日 Skövde Skövde Stadsteater 19:00
29日 Hjö Park 19:00

時間は開演時間です。詳しくは下記までご連絡下さい。
morimusic.kb@gamil.com

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-04-25 05:14 | コンサート

1989年のスタン・ゲッツ YouTube & お知らせ

e0125069_2020536.jpg
2010年4月22日(木) 冒頭の写真は、いつものDelsjö自然公園の写真です。この数週間で新緑が吹き出して来ると思いますが、今はまだこんな状態です。
e0125069_20203930.jpg
一昨日、朝のウォーキングに出る際、自宅のドアを閉めて、iPhoneのiPodやタイマーやを設定していたら、霰(あられ)が降っている事に気がつきました。昨日、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの練習を終えて駐車場に向かっていたら、霙(みぞれ)が降っていました。左の写真は一昨日の霰です。
霙、霰、雹・・・・色々な単語がありますネ!

お知らせです!
4月29日、僕の友人のドラマー・山田達也さんが、奥様の小島恵理(Vo)さんと一緒にコンサートを開きます。
50年代に流行した曲を取り上げた内容だそうです。
詳細は下記サイトをご覧下さい。
http://www.yamatatsu.com/news.html

山田君は、ロックのドラマーですが、ソロ・ドラムのCDも作っています。一瞬、マイナスワンのCDみたいなのですが、ずーっと聴いていると、なんか瞑想状態になるCDで、なかなか面白いのです。

さて、お知らせ第2弾です!
一昨日、友人のQPさんが、1989年のスタン・ゲッツの映像で、これまでYouTubeに公表されていなかったモノが幾つか最近アップされたと云う事を知りました。
ドイツのシュトゥットゥガルトでの"SOUL EYES"なんかは僕自身、観たことが有りませんでした。スタンはもの凄い演奏をしています!
バラードは全てピアノソロの途中で少しずつピアノ・ソロになって、最後はピアノだけで終わるという約束になっていて、この"SOUL EYES"でもピアノソロで終わっています。

ルガノの時は、何せ初めてだったので、どの位の辺りで僕とベン・ライリーが引っ込むのか良く判らず、いつまでも僕が引いているので、ケニー・バロンが僕の顔をチラリチラリと見ているのが面白いです。(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=FW12liFF52g

http://www.youtube.com/watch?v=ISj-qQgt2qo&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=BlcEnJUq504&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=dV4El5ph15E&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=K_WYrR59Vd4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=qWik_Csaxzk&feature=related

さて、今日からBBBのチャーリー・パーカー特集”のコンサート・ツアーが始まります。
しかし、明日と明後日はお休み!
このところ、身体が疲れているのを感じていたので、ゆっくりと休養を取ることにします!

そんでは、また!
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-04-22 20:45 | ハプニング

第38回スカンジナビアン・コネクション終了

e0125069_342715.jpg
第38回スカンジナビアン・コネクション〜森 泰人トリオ & マリア・リランデルは、終了致しました。
スカンジナビアン・コネクションのコンサートに来て下さった皆様、コンサートを開催して下さった皆様、心から感謝しています。
4月1日の朝9時半から12時半まで、ボーヒュスレーン・ビッグバンドのリハーサル、そしてコントラバスを持って空港へ。フランクフルトでスィーモン・ヴェストマン、マリア・リランデルと再会。
4月2日にはともかく、成田空港に到着し、ANA便を乗り継いで千歳空港へ。千歳空港では沖縄から来てくれたセバスティアン・カプテーンと合流。

演奏は4月3日の当別町スウェーデンヒルス・ゴルフ倶楽部内のレストラン『レークサンド』から始まりました。
多くのお客さまが来て下さり、当別の皆さんが、如何にスウェーデンに興味を持たれているのかを垣間見るおもいでした。当別町とレークサンドは友好姉妹都市なのです。
その晩は札幌の「くう」で演奏しました。
4月4日の午後、身体が重く、ちょっと横になってから起き上がろうとしたら、目が廻ってしまい立つ事が出来ません。その上、吐き気もします。再び横になったら、冷や汗がダーッと出て来ました。
結局、4日の夕方、苫小牧の救急病院を訪れました。普段、健康診断の際、僕の血圧は、パーフェクトだと医者に言われるのですが、この日は上限が83、下限が50くらいまで下がってしまっていました。
点滴と吐き気止めの薬を貰いましたが、その後、下血している事が判り、もう一度、同じ救急病院へ行きました。
その時点では、血圧は平常値に戻っていましたが、胃から腸の間の何処かで出血しているのだから、大きな病院で、検査をして貰う必要有りと云う判断の下、その救急病院の内科医が王子病院の医師宛、電話をしてくれて、紹介状も書いてくれました。

王子病院に行くと、10分ほどで医師に面会する事が出来ました!
その医師によると、僕の下血に伴った急性貧血状態は、ビールス性の胃腸炎だという可能性が濃厚とのこと。
要するにビールス性の風邪???? ツアー最終日に、幼友達のM医師夫妻と「BODY & SOUL」で再会した際、ご夫妻共に医師なので、その話をしたところ、彼も同じビールス性の胃腸炎に罹ったばかりと聞きました。
結局、4日間程我慢すれば、治まるだろうと云う事で、ビールス性の疾患に効く薬も無く、『お大事に!』というお医者さんの言葉を受けて「アミダ様」へ!

貧血というのは、なかなか疲れるモノですネ!立っているのも精一杯!呼吸するのも精一杯という状況でしたが、「アミダ様」に行ってみると、第1セットがほとんど終了する頃でした。
僕抜きのトリオで演奏して呉れたのですが、なかなか良いと思いました。
休み時間に来て下さったお客さまの顔を見たら、釧路の美味しいラーメン屋さんのおばさんとか、東広島からいつも「アミダ様」に来て下さるTさん、札幌から飛んで来て下さったアマチュアのトロンボーン奏者Iさんと云った顔がある。少々、身体がきつくても、折角、苫小牧まで来て下さったのかと思うと、この方達の為にも頑張って演奏をしなくては・・・と思い、2セット目は、僕もステージに上がって演奏しました。

途中で倒れるのでは無いかと心配でしたが、結局、最後まで演奏しました。マスターのツルさんが、挨拶した方が良いと云って呉れたのですが、もう立っているのも辛かったので、控え室に戻りました。
結局、その晩の明け方まで下血が続き、翌朝は羽田に向かいました。

演奏3日目は「新宿PIT INN」です。
羽田から予定通りレンタカーを借りてホテルにチェックイン。本当は実家にも顔を出すつもりでしたが、身体の具合は最悪で、実家は時間的な余裕も無かったのでパス。
セバスティアン・カプテーンが日本での運転にも慣れていたので、少し、彼にも運転を頼みました。

「新宿PIT INN」でも、いつ倒れるかという危惧も有りましたが、何とか2セット、演奏する事が出来ました。

演奏4日目は、新潟です。
新潟の「JAZZ FLASH」!地元の友人達が奮闘して下さり、「JAZZ FLASH」の佐藤マスターも、演奏当日に地元のFM局で話をして下さった効もあり、 大入り満員でした。
お客さまの顔を見ていて、本当に力が湧いてくる事を実感しました。
この日は、イェーテボリ在住の編み物作家Hさんとも再会!彼女は東京で展覧会を開いた後、新潟にお住まいのお母様に顔を出したそうです。
演奏終了後は、いつも通り、「五郎」へ。
ここで何とか体調が戻ってきたと云う実感を持つ事ができました。

そして演奏5日目は、今回のツアーでもっとも長いドライブ!
朝、新潟から名古屋に向けて出発、そして演奏終了後、浜松という難所です。
ここでもセバスティアン・カプテーンが少し運転してくれたので、本当に助かりました。

名古屋の「STAR EYES」では、波照間島で知り合ったご夫妻のご主人の方と、ピアノ調律師のMさんが来て呉れましたが、新潟とは打って変わって、お客さまの数が少なく、途中からサラリーマンの方達のグループが、ワッ〜と入って来て下さって形になりました。
演奏終了後、浜松へ移動し、午前1時に到着。

Hさんのゴージャスなマンションは、翌日の演奏会場のビルの最上階!マンションの中に2階がある様なゴージャスなマンションです。ちなみにHさんは、不動産業で一代で身を立てた凄い人で、ジャズのコンサートは勿論、浜松の文化を語る上では避けて通れない方です。

演奏6日目は、そのHさんのマンションのお客さまのためのサロンでのコンサート。
演奏は本当に素晴らしく美味く行きました。
マリア・リランデルもスィーモン・ヴェストマンも、セバスティアン・カプテーンも、病み上がりの僕をカバーして呉れて、演奏を通じて僕も元気になっていくという不思議な体験をしました。
演奏終了後、打ち上げの会をHさんが開いて下さり、本当に楽しかったです。
Hさんの秘書役の方には、正式なお箸の持ち方を教わり、目から鱗が落ちました!(笑)
Hさんご夫妻、Hさん、皆様本当に有り難うございます。

その翌日は、朝、松林養生所で松林先生の治療を受けました。松林先生は、針と整体の先生で、帰国した際にはほとんど、必ず先生の治療を受けることにしています。
そしてその治療後、Hさんが鰻料理をご馳走して下さって、その後、一路、車で東京へ。
丁度、袋井を通過する時に、その晩、袋井で演奏するベースの鈴木良雄さんに電話!
一旦、東京のホテルにチェックインしてから茨城県の古河市に在る「Cafe Up's」へ
e0125069_3442596.jpg

「Cafe Up's」は不思議な空間で、ここのお客さまにはいつも乗せられます。(笑)
この日もなかなか良い演奏となりました!
この演奏は録音して有るので、iDiskに置こうかと思っています。
試聴をご希望の方は連絡下さい。

演奏最終日の演奏8日目は「BODY & SOUL」!
朝から実家で所用があったのですが、やる事が多すぎて参りました!大入り満員の「BODY & SOUL」!
スウェーデン大使ご夫妻も、折から日本に滞在中のご兄弟のカップルを連れて来て下さり、また、多くの友人にも来て頂くことができました。マリア、セバスチャン、サイモン達の演奏は、ゴキゲンでした。

僕はスィーモン、マリア、セバスティアン達と別れて、翌朝、6時40分のリムジンバスで成田空港へ、
フランクフルトでは、イェーテボリ行きのSAS便が1時間遅れた為、約7時間半も待たされましたが、夜中の1時にはイェーテボリ空港に到着!
マリアやスィーモン達も、翌日の晩にロンドン経由でイェーテボリに到着し、無事、ツアーが終了しました。
第38回スカンジナビアン・コネクションに来て下さった、皆様、そしてお世話になった皆様に心から感謝の念で一杯です。

e0125069_3472817.jpg
僕は翌朝、12日(月)はボーヒュスレーン・ビッグバンドのジェネリハで、13日(火)からはBengt Arna WalinとビブラフォニストのMattias Stålを迎えてのコンサート開始!火曜日はクングスハムンでのコンサート、水曜日はイェーテボリの"Jazz Club Nefertiti"、そして木曜はストックホルムのFasching、金曜日が"Stockholm Konserthus"でした。
昨日、17日土曜日にストックホルムから帰宅した次第です。
今日はRonny Johansson Trioのリハーサルがありました。
来週はBBBのチャーリー・パーカー特集”です。

e0125069_3482991.jpg
いつもの散歩道・・・これから新緑の季節です!

5月は恒例の”TRIO'春のツアー”が有ります!

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-04-19 03:52 | ツアー