<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

盲目の天才! Mats Öberg!

e0125069_584835.jpg


皆さん、盲目の天才キーボード奏者、マッツ・オーベリ(Mats Öberg)をご存知でしょうか?
子供の頃から注目され、スウェーデン放送が彼の生い立ちを追ったテレビのドキュメント番組も有る位の人です。
15歳の時にフランク・ザッパのコンサートに行き、彼の曲を弾きまくって早速、ザッパ・バンドのメンバーになった人です。

Bohuslän Big Bandは、先週、イェーテボリ郊外のNilento Studioで、ワールドミュージックの大家、アレ・ミュラー(Ale Möller)と録音しましたが、その時のキーボード奏者がマッツ・オーベリでした。

彼の特技はいろいろ有るのですが、先日、初めて知ったのは、彼が物や人の名前を、逆読みすること!・・・・つまり、例えばマッツ・オーベリと云う彼の名前をオープンリールのテープレコーダーで録音して、それを逆に廻した時の音声を、そのまま云えるのです! これは最高に傑作でした!
記憶力も凄い人で、小生のオリジナル曲も歌ってくれました。もう16年程前に一緒に演奏した時の事を憶えているのです。
そして、この耳の良さ!
本当に凄い人です。
Lars Janssonの代役で参加した時に初めて知り合ったのですが、Larsの曲は、一度聴いただけで同じヴォイシングで演奏し「これで良いのかな?」とか云われて、驚いた事を今でもハッキリと覚えて居ます。

e0125069_593347.jpg


彼は、"Mats & Morgan Band"というバンドをやっていますが、これがまた凄いのです。

http://www.morganagren.com/

マッツが使用しているキーボードは、勿論「NORD」です。
ボーヒュスレーン・ビッグバンドとのリハーサルの時に、何かの不具合が有りましたが、即、修理できてライブ・コンサートも録音もバッチリでした!

彼はハーモニカも素晴らしいし、ソロの途中で歌が出て来る事も良くあります。
http://www.youtube.com/watch?v=OErXQHjxls4&feature=related


e0125069_510811.jpg
e0125069_5104279.jpg


16年程昔ですが、ピテオという北スウェーデンの都会でコンサートした時、彼の地のジャズ協会のおッサンが、全員の名前を完璧に間違えて紹介した事が有りましたが、その時の事もマッツは覚えて居て、会う度にその話が出て来ます。
そして、そのピテオでの1部と2部の間の休憩で、マッツ・オーベリとそのおッサン、サックス奏者のヨーナス・クヌートソンが喋っていたのですが、僕が同席したら、そのおッサンが、「森!君は長年スウェーデンに住んでいるけど、日本の音楽の事を考える事はあるか?」と質問してきました。
僕が回答する前に、「ちょっと待てよ!・・・マダム・バタフライ!・・・あれは日本の音楽だよナ!・・・アメリカの士官とゲイシャガールの話!・・・」(笑)

この会話をマッツ・オーベリが全て録音していて、翌日のUmeåのコンサートは、スウェーデン放送のライブ中継だったのですが、マッツ・オーベリのソロの途中で、その時の会話を再生スピードを少し速くして再生し使って居たのを覚えて居ます。(笑)

マッツ・オーベリに云わせると、悪夢というのは画像では無くて音の悪い状態なんだそうです。
世の中、凄い人がいるモノです!
マッツ・オーベリは天才です。
http://www.youtube.com/results?search_query=Mats+Morgan+Band
スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-08-30 05:51 | 録音

Herman Leonard

今日、写真家の友人で、数々のジャズ演奏家の写真を撮っているRolf Ohlson氏から、数多くの有名なジャズ写真を撮った米国の写真家、Herman Leonard氏が数日前に他界された、という事を知らされました。

下記のサイトは、追悼写真アルバムです。素晴らしいので、お時間のある時に皆さんも観て頂きたいと思います。

http://www.bbc.co.uk/news/world-11000692

Rolf Ohlson氏は、商業写真家として活躍されていた人で、確か数年前に年金生活をノンビリ楽しむと云っていたのですが、先日の朝、イェーテボリの旧オペラ座の前で、もう一人の有名な商業写真家とカメラスタンドを担いで急ぎ足で歩いている彼を目にしました。(笑)

彼の撮った写真の特集が、イェーテボリ交響楽団の地元、イェーテボリ・コンサートハウスで行われたことがありました。
ウェイン・ショーターのコンサートを聴きに行った時だったか・・・ともかく、ホールの中央階段のど真ん中にOrkester Journalen誌の表紙に使用された事も有る小生の写真が、・・・しかも巨大な写真が掛かっていたのです。

その隣には、やはり巨大な写真‥と云っても僕の写真ほどでは無かったのですが、やはりイェーテボリのコントラバス奏者Lars Danielssonが、ベースの横で足をコントラバスに掛けて横になっている写真が掛かっていた事がありました。(笑)

あんなに巨大な自分自身の写真を観た事が無かったので、ブッ飛びました。赤面状態!
あんなに大きくしても鮮明に撮れているのは、やはりプロとアマの違いだなと感心した次第!

Orkester Journalen誌やロシアのジャズ誌の表紙になった写真とは・・・・・・・・これです!(笑)

e0125069_5491379.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2010-08-19 06:04 | 蓋棺録

ボーヒュスレーン・ビッグバンドの秋場所開幕

先月、Öland島に行って来たので、その写真をご紹介しようと思いつつ、アッと言う間に1ヶ月経ってしまいました。
Öland島から戻った翌日、(7月20日)にリザベリ遊園地でウルフ・ワケニウス、ラーシュ・ヤンソン、パウル・スヴァンベリ とコンサートでしたが、この事は前回のブログでご紹介させて頂きました。

e0125069_640777.jpg




















画面左からSven Eric Dahlberg、Svante Turesson, 小生、Bengt-Åke Nilsson

夏の間、毎週木曜日の19時から20時まで、同遊園地の中に在る小ステージでジャズ・コンサートを行うシリーズがあるのです。
そして、このシリーズの最終日は、イェーテボリ出身でモニカ・セットゥルンドとも並ぶジャズボーカリストだった故ソニア・ヘーデンブラットに捧げるコンサートが開かれます。
その時は、何故か毎回、僕がベースで引っ張り出されます。ソニアの最後の10年間余りは、とても彼女にお世話になりました。

今年は8月2日にシリーズ最終のコンサートがありました。
彼女の伴奏ピアニストだったSven Eric Dahlbergのトリオ & ベテランの歌手・スヴァンテ・テューレソンのヴォーカルそして、20時からの第2部は、デンマークの女性歌手・ベロニカ・モーテンセンのグループでした。
Sven Eric Dahlbergのトリオは、小生のコントラバス、ドラムスは、ベンクト・オーケ・ニルソンというドラマーで、彼はセーブダーレン・ビッグバンドでも一緒に演奏していた仲間です。彼はスウェーデンで唯一の打楽器科のある高等学校の校長先生でもあります。

そして、つい先週は、"Motown soul"と題して、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの秋場所、初ツアーが開幕!
なんか相撲みたい!(笑)
ニルス・ラングレンのトロンボーン、フェンダー・ローズには、歌手でキーボード奏者のイーダ・サンド(Ida Sand)というメンバーです。

コントラバスの駒の下にタオルを巻いて、音を短くしてみたり、ジェームス・ジェマーソンの世界にドップリと浸かった一週間でした。

僕達のストゥルムスホルムのコンサートでは、スウェーデン・ジャズ協会の会長を長年勤めているベンクト・セーヴェ・ソゥーデルベリの70歳の誕生日だった様で、彼の同僚のスウェーデン大使や社民党の政治家が沢山集まっていました。

最後日には、ヴェーネスボリのコンサート会場では、コントラバスの旧友・アンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)、そしてピアノ奏者のボボ・ステンソンと久々に出会いました。

今週と来週は、ボーヒュスレーン・ビッグバンドにワールド・ミュージックの大家でマルチ楽器奏者・アレ・ミュラー(Ale Möller)と、15歳にしてフランク・ザッパのバンドに在籍した盲目の天才キーボード奏者のマッツ・オーベリ(Mats Öberg)を迎え、コンサートと録音を行います。
この件、またブログに書きたいと思っていますが・・・。マァ〜、お時間が在る時にお立ち寄り下さい!

読んで下さって有り難うございます。

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2010-08-18 07:01 | コンサート