<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第34回イェーテボリ国際映画祭

e0125069_23125146.jpg

第34回イェーテボリ国際映画祭
2011年1月28日〜2011年2月7日

イェーテボリでは、34回も続いて居る映画祭があります。
ちなみにストックホルムにも映画祭がありますが、こちらはイェーテボリの映画祭をコピーして1990年から始まったものです。

最初は映画好きの人達が集まって、映画祭をしていたのでしょうが、最近では西ヨータ県直営の文化財団「Film I Väst」が後ろ盾になってから、更に映画祭としてもますます充実して来た様に思えます。

ちなみに「Musik I Väst」と云う音楽財団は、ボーヒュスレーン・ビッグバンドが所属していたところです。
スウェーデンでは、県が医療行政、文化行政を担当しています。

さて、今年のイェーテボリ国際映画祭では、76ヶ国から450本の映画作品が集まります。また、映像文化に関したシンポジウムや監督を招いての講演等も行います。

料金も安く、フェスティバル・パスが30SEK (¥368円)
映画が特殊な作品を除き、全て1本70SEK (¥860円)

数年前、日本から北野 武監督が招かれた事がありますが、今年の日本語の映画は下記の6作品です。

・ 『アブラクサスの祭』 加藤直樹監督

・ 『臍帯』 橋本直樹監督

・ 『Ito - A Diary of an Urban Priest』 ピロエ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo)監督(日本・フィンランド)

・ 『ノルウェーの森』 トラン・アン・ユン監督

・ 『川の底からこんにちわ』 石井裕也監督

・ 『夏の家族』 岩名雅記監督

1月15日からチケットが販売開始になったのですが、『ノルウェーの森』 は、販売開始と共に3回の上映の内2回は完売!一回、イェーテボリ図書館で上映が在るのですが、僕はボーヒュスレーン・ビッグバンドのリハーサルとミーティングのため行けません。
他の5作品のチケットは手に入ったので、観てくるつもりです。

なにせ450本の映画の中から選択するのですから、プログラムを見ているだけでもかなり楽しいです。
僕の知人の中には、この映画祭の期間中は休暇を取って、映画に専念する人が数人います。
商業主義に走っていないので、難しい映画とかドキュメンタリー映画も在れば、例えば最近、イランで自由を拘束されている監督の作品とか、・・・そういう話題作もあります。

お近くの方は、是非、イェーテボリ国際映画祭にいらして下さい。

http://www.giff.se/us/public.html

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-01-17 23:16 | ハプニング

古澤良治郎さん

e0125069_19584951.jpg


既に多くの方が、この悲しい訃報をご存知だと思いますが、・・・・ 昨日、ギター奏者の廣木光一さんから、古澤良治郎さんが亡くなられたという悲しい訃報を頂きました。
1月12日昼頃、虚血性心不全のためとのこと。享年65歳とのこと。

昨年だったか、日本に居る時に何かのテレビ番組で古澤さんを観て、「良い感じで歳を増やされているナァ!」・・・・と羨ましく思ったことがありましたが、65歳であちらの世界に移られるとは思ってもみませんでした!

僕が日本に居た70年代、70年代の初めから中頃まで、時々、一緒に演奏をさせて頂いたと云うだけの間柄でしたが、同じ時代をジャズという同じカテゴリーの世界に身を置き、活動を続けてきたという意味では「仲間」であり「戦友」です。とても「優しい人」という印象が強く残っています。

謹んで、古澤さんのご冥福をお祈り致します。
合掌

スウェーデンの森

廣木さんから頂いた、葬儀日程を下記して置きます。
<葬儀日程>
故 古澤良治郎 殿
行年 65歳
通夜:1月15日 1800~1900
告別式:1月16日 1100~1200
葬儀式場(通夜・告別式):梅窓院
 東京都港区南青山2-26-38
 03-3404-8447
 http://www.baisouin.or.jp/
喪主:佐生 健 殿 (続柄:長男)
斎場:代々幡斎場 03-3466-1006
 東京都渋谷区西原2-42-1
 http://www.sougi-kaneko.com/yoyohata/index.html
葬儀社:金子総本店(お問い合わせ・生花)
 03-3469-2894 Tel 03-3468-2944 Fax
 http://www.sougi-kaneko.com/
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-01-15 19:45 | 蓋棺録

Malena Ernman & GSO

先日の水曜日にイェーテボリ・コンサートハウスでGSO(イェーテボリ交響楽団)とマレーナ・エルンマンを聴いてきました。
この日はベルリオーズ特集の日で、第一部が管弦楽+メゾソプラノのマレーナ・エルンマンの「夏の夜」、第二部が「幻想交響曲」というプログラムでした。指揮はデンマーク人のNikolj Znaider.

マレーナ・エルンマンという人は、ポップスを歌ったり、オペラやコンサートで忙しいスター歌手ですが、昨年のユーロビジョン・コンテストではスウェーデン代表でポップの曲を歌ったりする大変に間口の広いクラッシックの歌手だと思っていました。・・・が、彼女のテクニックに裏付けされた素晴らしい表現力には、驚かされました!
マレーナ・エルンマンは、なんだか凄い歌手です!

「幻想交響曲」は、聴いていてなかなか面白かったのですが、僕はもう少し近代的なサウンドか、若しくはバロックとかバロック以前の方が好みです。巨大な2つの鐘が置いてあるだけで面白かったのですが、打楽器の人がもし間違ったら・・・とか、余計な事も頭をかすめました。(笑)
あんな大きな鐘を間違って叩いたりしたら、目立つどころでは無いですからネ!

随分前の話ですが、現代曲のコンサートで、数カ所、かなり目立つ形でバルトーク・ピチカート・・それもEの開放弦という場所があったのですが、こういうのはかなり緊張します!(笑)

翌日のイェーテボリ・ポステンにこのコンサート評が載っていましたが、5点中の2点という、どちらかというと酷評でした。常任指揮者のデュダメルもGSOとツアーで「幻想交響曲」を演奏しているとのことですが、それと比較されたり、第一部の方も、歌と管弦楽が上手く合って無かったとか・・・そんな感じの評だったと思います。

確かにマレーナと上手く合っていなかった箇所も有りましたが、・・・というか、ジャズ風に云うと「スウィング」していなかった部分もあるのですが、ここまで書かれるとちょっと指揮者が気の毒な気もします。
ちなみにこの指揮者は有名なバイオリン奏者でもあります。

こちらの新聞でも評論家によるレコード評もあり、点数を付けられたりしますが、音楽の内容の良さが判らない人が勝手な評論を書いていると云うのが丸出しになった評論も時々目にします。(笑)

GSOのプログラムを見たら、1月26日の第1部が武満さんのレクイエム、そして諏訪内晶子さんを迎えてのベートーベンのバイオリン協奏曲、そして第2部がシベリウスの第4交響曲というプログラムです!
これはちょっと聴きに行きたいと思っています。
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-01-15 07:41 | コンサート

わぁ!また雪だ!

e0125069_2101827.jpg昨日、一昨日と、気温がマイナスから0℃~3℃くらいに上昇したせいか、一昨日は拙宅の家の側、昨日はその反対側にイェーテボリ市の除雪トラクターが数台来て、大きなトラックに路肩に積み上げられた雪と氷の塊を持っていって呉れました。
e0125069_2111535.jpg
昨日の朝、1時間半のウォーキングをしている時も、朝日が気持ち良い感じで、これで雪もやっと無くなるのか・・・とか思っていたのですが、今朝、起きたら一面の雪の世界!

双六で、無理矢理、出発点に戻らされた様な気分です。(笑)
今朝は雪かきから始まりました!(笑)・・・結構、良い運動になります!
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-01-12 21:01 | Sweden

スウェーデンに移住、30周年記念日!

僕にとって、本日、2011年1月10日は、ちょっと記念すべき日なのです。
僕が日本を出て、スウェーデンのイェーテボリに本格的に引っ越したのが、丁度、30年前、つまり1981年(昭和56年)の今日だったのです。
光陰矢のごとし・・・と云いますが、考えて見ると実にアッと言う間の30年でした。

初めてスウェーデンに行ったのは、その前年1980年3月1日でした。半年、スウェーデンに居て、9月に帰国し、翌年の正月明けに引っ越した次第です。
スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-01-10 08:35 | Sweden