Viva Italia! Ascoli Bicenoへの旅

e0125069_17265767.jpg
e0125069_18222289.jpg


新潟には、ギター奏者、ファビオ・ボッタッツォ(Fabio Bottazzo)がいます。2009年の秋にオランダ人ドラマーのセバスティアン・カプテーン(Sebastiaan Kaptein)と小生のトリオで録音し、その作品は昨年、発売になりました。ここ数年、時間が有ると彼と演奏する機会を作っており、昨年秋のツアーでも、また、今年4月のツアーでも彼とそれぞれ2回のコンサートを開いています。

ファビオさんと奥様のカオルさんが、イタリアのご両親の住んでいるアスコリ・ピチェーノという町に行くと云う連絡が有ったのは、かなり以前の話で、ファビオさんが、イタリアでコンサートとクリニックを行う事が決まった頃でした。

ファビオさんが生まれたのは、もっと北のベニスに近い所だそうですが、父親の家系は、代々、アスコリ・ピチェーノで有名な画家の家系の様です。お母様の方もお祖父さまとか曾お祖父さまの代でアスコリ・ピチェーノ出身の方がいると聞いた様に思います。

アスコリ・ピチェーノは、ローマ時代からの橋が未だに残っていて、ローマ帝国に占領される以前からの遺跡等が沢山残っている古い町。
観光地化されていないので、素朴な普通のイタリア人の町という印象がします。

e0125069_17272355.jpg

e0125069_172735100.jpg

e0125069_17274669.jpg


ファビオさんは日本語一級の資格を持っている程で、読み書きとも完璧な言葉の達人ですが、奥様のカオルさんもイタリア語がペラペラ人間です。彼等が結婚してからもしばらく、このアスコリ・ピチェーノに住んでいたそうです。

下の写真の正面に在るのは教会なのですが、素晴らしいモザイク画が在ったりするのですが、ファビオさんの曾お祖父さんとか、その更に前の世代が、一部の絵を描いているそうです!

e0125069_17275769.jpg
e0125069_1728851.jpg


このアスコリ・ピチェーノは、ローマからバスで4時間程の地点で、アドリア海に近い所にある云ってみれば県庁所在地みたいな町です。

ローマからアドリア海に向かう高速道路では、かなり高い山を越える為、長いトンネルが多いのには驚きました。まるで東京から新潟に向かう高速道路と同じ感じ!(笑)

以前、1989年にスタン・ゲッツのツアーでは、ローマからペルージアに行った事があります。
ペルージアはアスコリ・ピチェーノよりももう少し内陸で、しかも北になるのですが、途中のレストランで素晴らしいイタリア料理を食べた記憶があります。

e0125069_17281921.jpg

e0125069_17282634.jpg

e0125069_17283817.jpg


今回の旅では、アスコリ・ピチェーノの郊外に住んでいるファビオさんのご両親の家で、謂わば正真正銘のイタリア版『おかあさんの味』を堪能させて頂きました。
今回のブログでは、ちょっと全部を書けないのですが、イタリア料理の基本を感じる事が出来ました。

僕達は街中のB&Bに泊まったのですが、窓からは実に多くの塔を眺める事が出来ました!
e0125069_17284841.jpg

e0125069_1728572.jpg

e0125069_1729872.jpg

下の写真は、屋根の上に遠くの山の景色が見えますが、・・・これはダンテの顔なのだそうです。(笑)
e0125069_17294357.jpg



e0125069_17124263.jpg『おかあさんの味』に付いては、改めて書きます。この写真は、『Concert for Japan』と題されたファビオさんのコンサートの際に撮った写真です。

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-06-16 18:15 |

BERTH DALE

e0125069_459505.jpgバート・デイルとして活躍したスウェーデン人ドラム奏者、ニルス・バッティル・ダランダーが、2011年6月6日(月) 米国ネバダ州Mesquiteの自宅で亡くなりました。享年83歳



ここ数年間、闘病生活を続けていましたが、自宅で愛犬エルビス、妻のビルギッタに囲まれて、小さな音量でかけられたジャズをBGMに、静かに眠る様に亡くなったそうです。
1928年5月13日、イェーテボリの近郊Mölndal (ミョルンダール市)出身。
13歳の時にドラマーとしてデビュー。1948年にNew Yorkを訪問し、その6年後、トランペット奏者のロルフ・エリクソン、クラリネット奏者のオーケ・スタン・ハッセルゴードに次いで3人目のスウェーデン人ジャズ奏者として1954年に米国に移住。

e0125069_459027.jpgバート・デイル(Berth Dale)というアーティスト名で活躍。テディー・ウィルソン、アール・ハインツ、チェット・ベーカ−、ソニー・ロリンズ、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス等、多くのトップ・ミュージシャンと共演し親しまれたドラマーでした。
確か以前は、コロラドとイェーテボリに自宅があり、毎年、夏になるとスウェーデンに戻りツアーを行っていました。数年前に大腸癌が見つかり、最近はあまり彼の話を聞きませんでしたので、先日の彼の自宅の近所を通った際、彼の事を考えていた矢先の悲報!

僕自身は何度も彼と演奏したりツアーをしたりしました。彼をドラムに迎えて行ったエリック・ノルストゥルムやヤン・アラン、ソニア・ヘーデンブラット達との演奏は懐かしい限りです。

冗談がとても上手く、演奏の合間に突然、面白い話を披露するので、お客さんも共演者も皆を大笑わせする達人でした。彼のエンターテイナーとしての魅力は眞にプロのコメディアン級でした。それと同時に、50年代から米国で一流の名選手達と活躍しただけ有って、確かに素晴らしいスウィング感を持ったドラマーでした。

ニルス・バッティル・ダランダーのご冥福を心からお祈りしている次第です。

合掌

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-06-11 05:16 | 蓋棺録

George Coleman Quartet

e0125069_7271421.jpg


Horace Parlan(P), Yasuhito Mori(B), George Coleman(TS) & Göran Levin(DR)

この写真はノルウェーのスタバンゲルでの演奏です。
このあとスコットランドに行きました。
1983年頃のツアーだったと記憶しています。(笑)

ツアーに出る前に、コントラバスのアンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)と話したのですが、「ホレスのバッキングは凄いから、堪能してきたら・・・!」と云われましたが、本当に凄いバッキングでした!ジョージも口数は少なく、いきなりキーを換えて演奏したりする様な人でしたが、実に上手く行きました!(笑)

70年代の中頃に、六本木に「バランタイン」と云う場所で有馬すすむさんというピアニストのトリオに入って、毎日演奏しました。が、この有馬さんも毎日、キーは変わる、テンポ、リズムが変わるという状況でした。僕は当時、彼と一緒に毎日演奏して居た為に15キロとか20キロは痩せてしまったのですが、このジョージ・コールマンの時は、いきなりスタンダードの曲をEで始めたりしたジョージでしたが、有馬さんの訓練のおかげでピッタリとフォローできました!

今考えると、有馬さんに鍛えられた部分が結構有ったような気がします。数年前に「Alfie」で”TRIO'"のコンサートの時に彼が来て呉れましたが、・・・元気かな?

彼と一緒に演奏していた時は、まるで鬼の様に思えましたが、今考えると、音大にも行かなかった僕には、もの凄い丁稚経験になった様な気がします。(笑)

しかし、本当に毎日、キーを変え、テンポやリズムも全く違う形で演奏し、付いて行けなかったら、タバコの吸い殻がボンボン飛んで来たのです。(笑)

ともかく、有馬さん、ミスター・ジョージ・コールマン、ミスター・ホレス・パーランそして、今、新婚旅行中のミスター・ヨーラン・レヴィン・・・お元気で!!!

スウェーデンの森

Facebookにドラムスのヨーランが掲載してくれました。
もの凄く楽しい想い出一杯のツアーでした!(笑)

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-23 07:49 | ツアー

ダンスという芸樹表現の持つ凄さ!

イェーテボリ・オペラでは、オペラとかミュージカルだけでなくバレー団も在り、昨晩はオペラ座のダンス公演に行ってきました。

先日・4月27日の東日本大震災チャリティー・コンサートの件でもご紹介した通り、現在、イェーテボリ・オペラ座のバレー団には、児玉北斗さん、木田真理子さん、松本響子さん、高橋聡子さんという4名のダンサーが活躍しています。

バレーと云っても、要するに『白鳥の湖』等に代表される様なクラッシック・バレーから新作までいろいろと在るのだと思いますが、スウェーデンでもイェーテボリ・オペラ・バレー団の他にもストックホルムのクルベリー・ダンス団とかロイヤル・バレー団等、いろいろ有る様子!
イェーテボリの場合は、ロシアのバレー団が来たりして、そもそもはアイスホッケーとかロック・コンサートの会場で古典バレーをやっている様ですが、・・・イェーテボリのバレー団の場合はモダンバレーを中心に新作を発表している様子です。

しかしこのバレーとかダンス・・・・云ってみれば舞踏の世界なのですが、今回観たバレーと云うか・・・ダンスの世界は、その世界が如何に深い世界なのかを学ばせられました。
台詞有り、観客の中に入り込んでダンスしたり、お客さんを選んで一緒にダンスしたり、・・・舞台で数台のビデオカメラを使用したり・・・・。ここ数年、バレー団の公演はご無沙汰していたので、ちょっと参りました!

ビデオカメラをステージのライブに使用すると云う事は、僕が初めておおたか静流さんとスウェーデンで初めて会った際、そのステージで日本の最新鋭の技術者が駆使した効果を観たことが有りましたが、・・・今回のコンサート・・・では無かった・・・エーッと公演か・・・!・・・・時代が進んでいることを確信させられた次第!

昨日、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの子供の為のコンサートの合間、ランチの時に僕がオペラ座にダンスを観に行くと云う話から、一昨日の晩は、イェーテボリの南の町、クングスバッカでストックホルムのクルベリー・ダンス団の公演があった話になり、更には僕の隣りに坐っていた女性トロボーン奏者のカリン・ハンマルをはじめ同席の仲間達とダンスという芸術表現は、これから益々、面白くなるのでは無いかという話になりました。

が、今回の『METAMORFOS』と題された公演は、本当に素晴らしかった!ダンスとか舞踏の持つ表現力、舞台の作り方、・・・もう何とも表現できないくらい素晴らしい公演でした。

ちなみに児玉北斗君は、青山学院中等部&高等部の27年下の後輩!
彼は自作の公演も日本で行ったりしていますが、ダンスというのは、これから更に発展する芸術表現だと思います。
ハッキリ云って、自分で踊るのは無理ですが、僕ははまりました!!!!!(笑)
ダンサー、ミュージシャン、DJ、作曲家・・・・皆、ダンスに注目すべきだと思います!!!!
皆さん、既にお判りの事なのかと思いますが、これからの総合芸術としての一つの形はダンスです!(笑)

コントラバスの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-21 08:16 | ハプニング

マリア・リランデルの新作

e0125069_16183842.jpg


マリア・リランデルの最新作「Facing South」が、スウェーデン放送P2の番組「JAZZLANDET」で紹介されました。
このCD発売は6月15日ですが、それに先駆けて、昨晩、番組で取り上げられました。
1ヶ月間、下記のサイトからダウンロードでしてお聴き頂けます。
http://sverigesradio.se/sida/default.aspx?programid=3927

その他、もし生きていたら今年で65歳になるピアニスト・パー・ヘンリーク・ヴァリーン(Per Henrik Wallin) が、現在はベルリン在の打楽器奏者として知られるスヴェン・オーケ・ヨハンソン (Sven Åke Johansson)と録音した初期の録音作品の紹介、そして、日本の弱冠18歳のサックス奏者・寺久保エレナ(Erena Terakubo)、そして在米40年になるピアノ奏者・Kei Akagi (ケイ赤城)の紹介をしていました。パリの日本文化会館関係者も話をしているのでパリで行われたのだと思います。
ケイさんの苗字を、『アカギ』では無く『アガキ』と間違ってました。最初は、『アレッ?間違えてる!・・』とか思いましたが、その内、何回もケイ・アガキと聴いている内に何だか笑いがこみ上げて来ました!
22年前にシュトラスブルグのヒルトン・ホテルで会ったことがありました。彼はマイルス・デイビス、僕はスタン・ゲッツのグループでシュトラスブルグの音楽祭に来ていたのです。彼は僕の事なんか忘れていると思いますが・・・、小生にとっては懐かしい想い出!(笑)

また、スウェーデン・ジャス協会とも訳されるSvenska Jazzriksförbundetが、名称をRiksförbundet Svensk Jazzに改めたという事も取り上げて紹介していました。

それにしても、マリア・リランデルの最新作、かなり良いです!スィーモン・ヴェストマン、セバスティアン・カプテーンと小生のトリオに加え、チェロ、ギター等も入って、なかなか充実した作品となっています。乞うご期待!この件は、また書きます!

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-18 16:43 | 放送

IngaおばあちゃんのBondkakaの作り方

5月15日(日)、バッティルとインゲヤードの二人が拙宅に来ました。バッティルは当年76歳の美容師、夫人のインゲヤードさんは71歳だったと思います。美容師の彼は、僕を始め、多くのジャズ・ミュージシャン達の理容師!ピアノのアンダーシュ・パーションも毎回、彼の所で髪の毛を切って貰っています。もの凄いイェーテボリ弁が特徴で、僕も彼等と会うのを楽しみにしているのですが、今回、初めて拙宅に招待しました。お二人とも本当に元気で若さを感じます。ワインは、3月のボーヒュスレーン・ビッグバンドのドイツ・ツアーで仕入れて来たモーゼル・ワインの白を2種類楽しみました!

メインは、鮭の香草焼き!・・・鮭を砂糖、塩、白コショウで1時間ほど軽く締め、色々な香草を乗せてオーブンで焼くだけの簡単な料理です。・・・僕の得意とする18番なのです!(笑)
下記の写真は、オーブンに突っ込む直前の鮭!
e0125069_6285046.jpg


そしてデザートはパナコッタ。
それに加えて、先日、このブログでもご紹介させて頂いたフルーツケーキ。プラス!!!今回、ご紹介するBondkaka!(ボンド・カーカ)・・・つまり田舎風クッキー!
e0125069_6281058.jpg


材料は下記の通り
・バター =200グラム
・シロップ=大さじ2
・グラニュー糖=1.5dl

まずはこれらを良く混ぜます!バターは予め室温にして置くのは勿論の事!
そして、充分に混ざったら、下記の材料を加えて行きます。

・バニラシュガー=小さじ2
・アーモンドを細かくしたもの=1dl
・薄力粉=4.5dl〜5dl
・ふくらまし粉(Bakpulver)=小さじ1.5

そして、これらが充分に混ざったら、棒状にして、丁度良い大きさのクッキーを想定して(直径は500円硬貨くらい大きさ、厚みが7〜8ミリ位に切り???)175℃のオーブンに入れて6分〜7分焼けば出来上がりなのです。

女房の母親、インガさんに教えて貰ったのですが、最初に作ったときは、直径が大きすぎた上、間を空けないで結構ピッタリと置いてしまったので、オーブンの中で見る見るうちに溶け出してしまい、クッキーの形に出来ませんでした。(笑)

確かに200グラムのバターが入っているのですから、オーブンに入れたら少しは直径が大きくなる筈!そんなことを全く考えませんでした。(笑)
そして、出来たてホヤホヤの状態では、まだ少し柔らかい状態なのです。そんな基本的な事も知りませんでした。(笑)
今回はマァ、幾通りか大きさを変えて焼いてみました!まずまずの成功だと思います。(笑)

皆さん、僕でも簡単に出来るクッキーですので、是非、お試し下さい。


下の写真は、昨日と一昨日の散歩で撮ったものです!
スウェーデンの森

e0125069_6293731.jpg

e0125069_6304663.jpg

e0125069_6313398.jpg

e0125069_6302254.jpg

e0125069_631666.jpg

[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-18 07:18 |

5月12日(木)

e0125069_5392076.jpg


昨日から雷が来るとか、雨になるとか云われてましたが、昨日も今日も結構なお天気でした。
冒頭の写真は、いつもの散歩道の写真ですが、数週間前の写真よりも新緑が多くなりました。

e0125069_543374.jpg


先週の日曜日までボーヒュスレーン・ビッグバンドとルー・ソロフのジョージ・ガーシュウィン特集を演奏していました。

e0125069_6181346.jpgルー・ソロフは、しきりに最近録音したというフランス人の歌手・チェロ奏者のAnne Silaと、やはりフランス人のコントラバス奏者で現在はNY在住のフランソワ・ムタン(FRANcOIS MOUTIN)とのトリオの話をしていました。Anna Sila は、8月にNew Yorkに引っ越すそうです。ちなみにこのトリオは「Evidence」という名前だそうです。20歳とか、21歳になったばかりのAnnaの歌は、美しい声で、音程、リズム、ハーモニー感覚がもの凄く安定していて、その上チェロでウォーキングまでやってしまうのです。

ムタンのコントラバスは、昔からフランスのペデルセンみたいな人だと思っていましたが、New Yorkに移ってから、線が濃くなった感じ!・・・これは、以前、Lew Soloffから貰った、ルー、フランソワとジョー・ロックのトリオのCDRを貰った際にも思った事です。

かなりレッド・ミッチェル辺りも聴いているのかな・・・とか思わせられる演奏でした。そして、フランソワ・ムタンのスキャットがこれまた凄い!

その内、CDが何処かから出る筈ですので、機会が有ったら是非、聴いてみて下さい!

ところで、Lew Soloffは、日本の原発の問題に関して、かなり神経質になっていました。
この夏に来日する予定だったが、放射能汚染の事も有ると云う事で来日しないそうです。
でも本当は日本にかなり行きたがっている感じで、かなり悩んだ末の決断の様子。

スウェーデンの森
e0125069_611433.jpg
道路の脇に力強く毎年咲いている美しい花!思わず写真を撮ってしまいました!・・・私もこの花の様になりたい!(笑)
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-13 06:27 | 散歩

このページを観て下さい!

僕の旧知の友人から下記のサイトの存在を知りました!
素晴らしいので、是非、一人でもお多くの皆様にご覧頂きたいと思います。

http://fukkou-noroshi.jp/

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-07 08:39 | ハプニング

このページを観て下さい!

僕の旧知の友人から下記のサイトの存在を知りました!
素晴らしいので、是非、一人でもお多くの皆様にご覧頂きたいと思います。

http://fukkou-noroshi.jp/

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-07 08:33 | ハプニング

新緑

e0125069_1528132.jpg

e0125069_15282630.jpg

e0125069_15283749.jpg

e0125069_15284786.jpg

e0125069_15285640.jpg


2011年の春、普段より数日早く新緑がやって来た様です。

桜の花も満開!

"Forever Gerswhin"
e0125069_15384360.jpg


今日からルー・ソロフがボーヒュスレーン・ビッグバンドに来て、リハーサルを始めます。
Gil Evansの編曲を中心にしたジョージ・ガーシュウィンの特集。
Lew Soloff(tp)& Bohuslän Big Band

5月5日(木) Halmstad Teater (19:30 開演)
5月6日(金) Göteborg Kronhuset (19:00 開演)
5月7日(土) Göteborg Kronhuset (19:00 開演)
5月8日(日) Vara Konserthus (18:00 開演)
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-05-02 15:43 | 散歩