イェーテボリ国際映画祭 (3)

明日、2月7日(月)に最終日を迎える第34回イェーテボリ国際映画祭ですが、5日の晩に各賞の受賞作品が発表になりました。中でも特に注目されているのは、『ドラゴン賞ベスト・ノルディック・フィルム賞』です。これは北欧で制作された映画与えられる賞で、今年から賞金額が大幅に引き上げられて100万SEK (約1270万円)になりました。監督と制作者に与えられる訳ですが、これは北欧の映画関係者には大きな意味が在ると思います。 受賞作はスウェーデンの新人監督Lisa Aschan の作品“SHE MONKEYS” (Apflickorna)でした。
スウェーデンのラジオ・インタビューですが、YouTubeで見かけたので、下記して置きます。

こちらも参照して下さい。
http://www.sfi.se/en-gb/Swedish-film-database/Item/?type=MOVIE&itemid=68811

その他にもスウェーデンのドキュメンタリー映画に与えられる賞とか、幾つかのカテゴリーがありますので、詳細は下記のURLを参照して下さい。
とにかく、443本の映画に13万人強のチケット売り上げとなり 前年比で1.4%の観客動員数の増加だそうで、イェーテボリ国際映画祭としてはこれまでの史上最高だそうです。つまり大成功!
地元のイェーテボリ・ポステン紙によると、特に人気が高かったのは"Black swan" 、"The king's speech", "Kongen av Bastøy"だったそうです。

http://www.giff.se/us/nc/public/artikel/post/she-monkeys-wins-dragon-award-best-nordic-film-675.htmlShe Monkeys

今日、僕は、橋本直樹監督の『臍帯』と、加藤直輝監督の『アブラクサスの祭り』の2作品を観に行きました。『臍帯』の方は、昼の12時半からイェーテボリ市営図書館で上映されたのですが、橋本直樹監督が会場に見えていて、終了後、観客からの質問を受けたりもされ、「 作品のアイデアは何処から来たのか?」とか、幾つかの質問にも答えて呉れました。
60年代から80年代にかけて、新宿を中心に ATG (アートシアターギルド)という存在がありました。 商業主義に拘らない作品を創ることを目指していた大島渚、篠田正浩、吉田喜重、今村昌平、新藤兼人等、多くの映画監督、寺山修司等の演出家、渡辺貞夫、日野皓正、高柳昌行と云ったジャズ奏者、武満徹といった作曲家とも深い関係に在り、あの時代の日本に大きな影響を与えた訳ですが、橋本監督に今、ATGの様な存在が在るのか日本の状況を聞いてみたのですが、僕の聞き違いでなければ、彼自身、テレビのプロデューの仕事をしながら商業主義ではない作品を創ろうとしている様で、今の日本はテレビ中心で、スポンサーを集めると云うのもかなり困難なのだと云う事を話されていました。

橋本監督はこれまで、中編の作品を2本創られたそうですが、長編映画は『臍帯』が初めての作品とのこと。 今回の『臍帯』は、世界各地の映画祭で今回を入れて3回上映されているそうですが、 以前から彼の中で暖めている別の長編映画の構想が在るるとのこと。困難な状況の中でも頑張っているんだナァと思いました。こういう映画監督には、心から声援を送りたいと思います。
オフィシャル・ページは下記です。
http://www.saitai-film.com/staff.html

『アブラクサスの祭り』の祭りは、夕方からハリウッド映画も上映している大きなシネマ・シアターで観たのですが、こちらは原作の小説を上手く映画化していると思いました。
オフィシャル・ページは下記です。
http://www.aburakusasu.com/index.html#/introduction/

これまでは大抵、この1月下旬から2月上旬に僕自身のツアーとか録音の仕事に追われることが多く、イェーテボリ国際映画祭では何も観られないことが多かったのですが、(笑)・・・今回、改めて感じたのは、ハリウッド映画以外にも多くの素晴らしい映画人が世界中に沢山いて、それを観たい観客も沢山いると云う事。
映画制作の事とかは良く知りませんが・・・ 、そもそも映画を制作すると云うのはリスクが大きく、赤字を覚悟しなければ出来ない事なのだと思います。特に敢えて困難な状況の中で努力されている映画人達に拍手と声援を送りたいと思います。・・・偉そうな事を云ってしまいましたが、映画とか音楽、演劇、といったカテゴリーで満足の行く作品を創って行くと云うのは、なかなか大変なことと改めて痛感しました。マァ、それでは最後に一言締め!
日本の映画人達よ!ガンバレ!!!! (笑)

スウェーデンの森
PS) 写真アルバムを追加しました。
http://web.me.com/morimusic/morimusic/110205_Sk%C3%B6vde_Musik_Gymnasium.html
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-02-06 22:51 | 映画

イェーテボリ国際映画祭(2)

昨日、インターネットで『人類史上初、天然ニホンウナギの卵採集に成功』というニュースを読みました。あらためてウナギというのはかなり謎の多い生き物だなと思いました。マリアナ諸島沖で生まれて、上手い具合に黒潮に乗り継いで日本まで来るのでしょう!・・・・・・自然の素晴らしさを感じますネ!

最近、スウェーデンでもウナギの捕獲量が減ってしまい、捕獲禁止の必要性があるとか聞いたばかり!詳しくは知りませんが、こちらのウナギ(ヨーロッパウナギ)は、卵を産む為に大西洋を渡ってサルガッソー海まで行くそうです。そしてまたスウェーデンとかデンマークまで戻ってくるのだから、凄いです。
単純に考えると、天然ニホンウナギはマリアナ諸島沖から日本、ヨーロッパウナギはサルガッソー海からヨーロッパと長旅をして、蒲焼きになったり、燻製になったりするのですから、ウナギの身になって考えると堪らないでしょうネ!・・・・・・ウッ!なんか、浜松の鰻屋さんの匂いを思い出してしまいましたから、この辺で次の話題に飛びます!

先日、このブログでイェーテボリ国際映画祭について書いたのですが、先週末から数本の日本に関係した映画を3本観てきました。
ちなみに昨日のイェーテボリ・ポステン紙では、『ノルウェーの森』のトラン・アン・ユン監督のインタビュー記事が載っていました。残念ながら、発売と同時に売り切れになってしまったので、チケットは購入できませんでした。

さて、僕が観たのは、ピルヨ・ホンカサロ監督の『糸―道を求める者の日記』、岩名雅記監督の『夏の家族』、そして石井裕也監督の『川の底からこんにちわ』の3本でした。

『糸―道を求める者の日記』は、若い浄土真宗のお坊さんのドキュメンタリー映画で、『何で僕達は生きているのか?』という問いかけから始まり、その僧侶が道を求めている姿を捉えた素晴らしい作品でした。
先週の火曜日に、僕達の友人の息子さんの奥さんが、かなりアグレッシブな悪性の白血病と診断され、これからかなりタフな治療を開始すると云う話を聞いたばかりだったのですが、診断結果が出て、たった12日後の先週の火曜日、彼女は2歳と4歳の子供達を残して、32歳という年齢で亡くなってしまったのです。彼女が亡くなった事を僕達が知ったのは、この映画を観た前日という事もあり、無常観とか、生きている意味とか、かなり考えさせられた次第です。観客も映画が終わった時に盛大な拍手を送っていました。
http://vowz-bar.com/media.html

『夏の家族』は、舞踏家の岩名雅記さんが監督をされた作品で、ポルノグラフィーに当たるシーンが5分間有ると云う事は、プログラムにも書かれていました。が、とても美しいノルマンディーを舞台にした映画という事で観に行った次第。要するにノルマンディーに住む日本人の舞踏家が居て、東京に妻と娘が居て、夏になるとノルマンディー、夏が終わると日本へ戻るという設定。そして舞踏家には、ニューヨークに住む女流舞踏家の恋人が居て、奥さんが来ると彼女はニューヨークに戻り、夏が終わるとノルマンディーに来て、その舞踏家と一緒に住んで居ると云う設定です。が、娘というのは、声しか聴けず、果たして生きているのかどうかというのがよく判らない映画でした。そこが狙いなのでしょうが・・・!
確かに美しいとは云え、白黒のフィルムですから、特有の雰囲気がある映画でした。
こちらのお客さんには、日本人男性の舞踏家が、2人の女を好きな様にしていると云った、不平等な印象を持つ人も多かったと思います。が、人間の自由とか創造性とか云った観点から見ると、なかなか面白い映画かも知れません。娘の存在が一つの重要な鍵になっている気がします。
私小説のような映画なのかも知れませんが、・・・・牡蠣とキュウリの酢漬けは、しばらく食べる気がしません。http://natsunokazoku.main.jp/

『川の底からこんにちわ』は、コメディータッチの映画でしたが、ヒロインのSAWAKOを演じている満島ひかりという女優さんが、なかなか良い演技をしていると思いました。ストーリーが軽快なテンポで進行して行くのでとても分かり易かったです!どうもこの映画の中では、何事も女性がリードしている感じで、男って馬鹿なんじゃないかと思えたりしました。ヒロインの父が倒れて、派遣社員のOLだった女の子が故郷に戻り、父のシジミ会社を建て直すのですが、『自分は凄い金持ちでも無いし、何の取り柄も無い、美しくも無い・・中の下の人間なんだから、・・・・だから頑張らなくちゃ!』という気分に同感してしまいました!この映画もお客さんから大きな拍手でした。
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008482

2月6日(日)には、日本からの映画を2本観る予定です!

ところで、昨日、2月2日はスウェーデンの生んだ世界的なテノール歌手、Jussi Björling の生誕100年記念日でした。(1911年2月2日〜1960年9月9日)
http://www.youtube.com/watch?v=bUbA5y1hnFg&feature=related

[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-02-03 07:57 | 映画

工藤雄一さんの録音

e0125069_6353743.jpg2011年1月22日(土)の夕方、東京のピアニスト、工藤雄一さんと奥様の由夏さん、長男の洸大君(5歳7ヶ月)が無事にイェーテボリの空港に到着しました。 e0125069_6435818.jpg
皆様もまだご記憶に有ると思いますが、昨年の春、アイスランドの火山爆発による火山灰の影響で欧州の空港が閉鎖になって、多くの旅行者が足止めされた事が有りました。 工藤君達は、昨年4月に自己のトリオ(川本悠自さん/ベース、橋本学さん/ドラムス)でイェーテボリ郊外のNilento Studioで録音するべく準備をしていたのです。
僕も第38回スカンジナビアン・コネクションの直後で、日本から戻ってきたばかりでしたが、ストックホルムのGlenn Miller Cafeというお店に、彼等のトリオをブッキングしていたので楽器の手配等に奔走していたのでした。ところが火山灰の影響でそもそもスウェーデンに来られなくなってしまったのです!
結局、昨年春の工藤トリオの録音は中止になり、改めて今年1月末にNilento Studioで録音をする事となった次第。
今回の録音は残念ながらオリジナル・トリオの録音では無く、ボーヒュスレーン・ビッグバンドのドラマ−、ヨーラン・クローンに小生のベースで行う事になりました。シューマンとブラームスの曲も2曲録音しましたが、それ以外の8曲は全てオリジナル曲です。これがなかなか素晴らしいのです!
彼等とは数年前からの知り合いなのですが、奥様はジャズ・ボーカリスト。
工藤夫人の由夏さんは、自然科学系の大学の出身なのですが、音大のピアノ科を目指していた程で、ピアノの腕前も素晴らしく、その上に自分でも作詞作曲をされる方!特に息子さんが生まれてからは、子供をテーマにした曲を書かれており、『こどもたちへのラブソング』という素晴らしいCD他、多数のCDを出されている歌手です。
今回の録音でも彼女のオリジナル曲を3曲録音しました。
e0125069_6482053.jpg5歳の息子、洸大くんは、やはり音楽に囲まれて育っているだけあって、指揮者を目指しているとのこと!IQが高いのか、育て方が良いのか・・・とにかく5歳の(彼自身は5歳7ヶ月といっています!)子供と云うより、何だか10歳くらいの子と話している様な気がしてくる上に、ヨーラン・クローンと度肝を抜かされたのは、リハーサル中に彼が五線紙に ママの曲をバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ドラムスという編成にアレンジして譜面を書いていたのです!(写真参照!)e0125069_6431898.jpgしかも、音階を正確にドレミファソラシドと、正確に歌う事が出来るのは、ちょっと凄い!まだ小学校にも通い始めていない5歳7ヶ月ですよ!(笑)しかも親に強要されたりしている節が無く、全く自分の意志でやっているのです。
ただ、可愛らしいのは、さっきまで話をしていると思ったら、バッテリーが切れたみたいによく寝てしまう点!それでいて、ホテルでは明け方に起きて、シューマンとかのMDを聴いているのだそうです!

Nilento StudioのスタインウェーDは、最近、一層、良くなっているのか、Lars Nilssonの腕が更に良くなったのか、とにかく素晴らしい音色です。
ヨーラン・クローンに云わせると『ECM級の良さ!』とのこと。
今回の録音作品について、何か新しい情報が入り次第ご報告させて頂きます。
ともかく、1月25日、26日で録音は完了し、27日と28日の2日間でミクシングを行い、彼等は29日に無事、東京に戻りました。

e0125069_6594277.jpg
CDと云えば、2月21日にスウェーデンの歌手、Minou MartiniのCDがリリースされます。メンバーは、トランペットのウルフ・アードオケル、テナー・サックスがスウェーデンを代表するサックス奏者のクリステル・アンダーソン、ピアノがトミー・コッテル、小生のベース、ドラムスがヘンリック・ヴァルテルというメンバー!
こちらの方も、是非、聴いて頂きたいと思います。
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-02-02 07:00 | 録音

第34回イェーテボリ国際映画祭

e0125069_23125146.jpg

第34回イェーテボリ国際映画祭
2011年1月28日〜2011年2月7日

イェーテボリでは、34回も続いて居る映画祭があります。
ちなみにストックホルムにも映画祭がありますが、こちらはイェーテボリの映画祭をコピーして1990年から始まったものです。

最初は映画好きの人達が集まって、映画祭をしていたのでしょうが、最近では西ヨータ県直営の文化財団「Film I Väst」が後ろ盾になってから、更に映画祭としてもますます充実して来た様に思えます。

ちなみに「Musik I Väst」と云う音楽財団は、ボーヒュスレーン・ビッグバンドが所属していたところです。
スウェーデンでは、県が医療行政、文化行政を担当しています。

さて、今年のイェーテボリ国際映画祭では、76ヶ国から450本の映画作品が集まります。また、映像文化に関したシンポジウムや監督を招いての講演等も行います。

料金も安く、フェスティバル・パスが30SEK (¥368円)
映画が特殊な作品を除き、全て1本70SEK (¥860円)

数年前、日本から北野 武監督が招かれた事がありますが、今年の日本語の映画は下記の6作品です。

・ 『アブラクサスの祭』 加藤直樹監督

・ 『臍帯』 橋本直樹監督

・ 『Ito - A Diary of an Urban Priest』 ピロエ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo)監督(日本・フィンランド)

・ 『ノルウェーの森』 トラン・アン・ユン監督

・ 『川の底からこんにちわ』 石井裕也監督

・ 『夏の家族』 岩名雅記監督

1月15日からチケットが販売開始になったのですが、『ノルウェーの森』 は、販売開始と共に3回の上映の内2回は完売!一回、イェーテボリ図書館で上映が在るのですが、僕はボーヒュスレーン・ビッグバンドのリハーサルとミーティングのため行けません。
他の5作品のチケットは手に入ったので、観てくるつもりです。

なにせ450本の映画の中から選択するのですから、プログラムを見ているだけでもかなり楽しいです。
僕の知人の中には、この映画祭の期間中は休暇を取って、映画に専念する人が数人います。
商業主義に走っていないので、難しい映画とかドキュメンタリー映画も在れば、例えば最近、イランで自由を拘束されている監督の作品とか、・・・そういう話題作もあります。

お近くの方は、是非、イェーテボリ国際映画祭にいらして下さい。

http://www.giff.se/us/public.html

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-01-17 23:16 | ハプニング

古澤良治郎さん

e0125069_19584951.jpg


既に多くの方が、この悲しい訃報をご存知だと思いますが、・・・・ 昨日、ギター奏者の廣木光一さんから、古澤良治郎さんが亡くなられたという悲しい訃報を頂きました。
1月12日昼頃、虚血性心不全のためとのこと。享年65歳とのこと。

昨年だったか、日本に居る時に何かのテレビ番組で古澤さんを観て、「良い感じで歳を増やされているナァ!」・・・・と羨ましく思ったことがありましたが、65歳であちらの世界に移られるとは思ってもみませんでした!

僕が日本に居た70年代、70年代の初めから中頃まで、時々、一緒に演奏をさせて頂いたと云うだけの間柄でしたが、同じ時代をジャズという同じカテゴリーの世界に身を置き、活動を続けてきたという意味では「仲間」であり「戦友」です。とても「優しい人」という印象が強く残っています。

謹んで、古澤さんのご冥福をお祈り致します。
合掌

スウェーデンの森

廣木さんから頂いた、葬儀日程を下記して置きます。
<葬儀日程>
故 古澤良治郎 殿
行年 65歳
通夜:1月15日 1800~1900
告別式:1月16日 1100~1200
葬儀式場(通夜・告別式):梅窓院
 東京都港区南青山2-26-38
 03-3404-8447
 http://www.baisouin.or.jp/
喪主:佐生 健 殿 (続柄:長男)
斎場:代々幡斎場 03-3466-1006
 東京都渋谷区西原2-42-1
 http://www.sougi-kaneko.com/yoyohata/index.html
葬儀社:金子総本店(お問い合わせ・生花)
 03-3469-2894 Tel 03-3468-2944 Fax
 http://www.sougi-kaneko.com/
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-01-15 19:45 | 蓋棺録

Malena Ernman & GSO

先日の水曜日にイェーテボリ・コンサートハウスでGSO(イェーテボリ交響楽団)とマレーナ・エルンマンを聴いてきました。
この日はベルリオーズ特集の日で、第一部が管弦楽+メゾソプラノのマレーナ・エルンマンの「夏の夜」、第二部が「幻想交響曲」というプログラムでした。指揮はデンマーク人のNikolj Znaider.

マレーナ・エルンマンという人は、ポップスを歌ったり、オペラやコンサートで忙しいスター歌手ですが、昨年のユーロビジョン・コンテストではスウェーデン代表でポップの曲を歌ったりする大変に間口の広いクラッシックの歌手だと思っていました。・・・が、彼女のテクニックに裏付けされた素晴らしい表現力には、驚かされました!
マレーナ・エルンマンは、なんだか凄い歌手です!

「幻想交響曲」は、聴いていてなかなか面白かったのですが、僕はもう少し近代的なサウンドか、若しくはバロックとかバロック以前の方が好みです。巨大な2つの鐘が置いてあるだけで面白かったのですが、打楽器の人がもし間違ったら・・・とか、余計な事も頭をかすめました。(笑)
あんな大きな鐘を間違って叩いたりしたら、目立つどころでは無いですからネ!

随分前の話ですが、現代曲のコンサートで、数カ所、かなり目立つ形でバルトーク・ピチカート・・それもEの開放弦という場所があったのですが、こういうのはかなり緊張します!(笑)

翌日のイェーテボリ・ポステンにこのコンサート評が載っていましたが、5点中の2点という、どちらかというと酷評でした。常任指揮者のデュダメルもGSOとツアーで「幻想交響曲」を演奏しているとのことですが、それと比較されたり、第一部の方も、歌と管弦楽が上手く合って無かったとか・・・そんな感じの評だったと思います。

確かにマレーナと上手く合っていなかった箇所も有りましたが、・・・というか、ジャズ風に云うと「スウィング」していなかった部分もあるのですが、ここまで書かれるとちょっと指揮者が気の毒な気もします。
ちなみにこの指揮者は有名なバイオリン奏者でもあります。

こちらの新聞でも評論家によるレコード評もあり、点数を付けられたりしますが、音楽の内容の良さが判らない人が勝手な評論を書いていると云うのが丸出しになった評論も時々目にします。(笑)

GSOのプログラムを見たら、1月26日の第1部が武満さんのレクイエム、そして諏訪内晶子さんを迎えてのベートーベンのバイオリン協奏曲、そして第2部がシベリウスの第4交響曲というプログラムです!
これはちょっと聴きに行きたいと思っています。
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-01-15 07:41 | コンサート

わぁ!また雪だ!

e0125069_2101827.jpg昨日、一昨日と、気温がマイナスから0℃~3℃くらいに上昇したせいか、一昨日は拙宅の家の側、昨日はその反対側にイェーテボリ市の除雪トラクターが数台来て、大きなトラックに路肩に積み上げられた雪と氷の塊を持っていって呉れました。
e0125069_2111535.jpg
昨日の朝、1時間半のウォーキングをしている時も、朝日が気持ち良い感じで、これで雪もやっと無くなるのか・・・とか思っていたのですが、今朝、起きたら一面の雪の世界!

双六で、無理矢理、出発点に戻らされた様な気分です。(笑)
今朝は雪かきから始まりました!(笑)・・・結構、良い運動になります!
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-01-12 21:01 | Sweden

スウェーデンに移住、30周年記念日!

僕にとって、本日、2011年1月10日は、ちょっと記念すべき日なのです。
僕が日本を出て、スウェーデンのイェーテボリに本格的に引っ越したのが、丁度、30年前、つまり1981年(昭和56年)の今日だったのです。
光陰矢のごとし・・・と云いますが、考えて見ると実にアッと言う間の30年でした。

初めてスウェーデンに行ったのは、その前年1980年3月1日でした。半年、スウェーデンに居て、9月に帰国し、翌年の正月明けに引っ越した次第です。
スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2011-01-10 08:35 | Sweden

Mori´s Gläntaの新サイト

「森のグレンタ」のサイトを、試験的に下記に移動する事にしました。

http://web.me.com/morimusic/morimusic/Blog/Blog.html

明後日はいよいよクリスマス・イブです。
日本のお正月にも匹敵するスウェーデン最大の年中行事です。
15時からスウェーデン放送のテレビで、古いディズニーの漫画を観ることからクリスマス・イブが始まります。
楽しいクリスマスとお正月をお迎え下さい。

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2010-12-23 05:30 | お知らせ

ブログ

前回、このブログに書き込んだのは、丁度、第39回スカンジナビアン・コネクションが始まった10月末でした。
11月23日にイェーテボリの自宅に戻るまで、8回のコンサートをロニー・ヨハンソン・トリオ & オーベ・インゲマ−ルション、そしてそれに続いて恒例の”TRIO'"の2010年秋のツアーが、合計14回のコンサート、更に新潟在住のイタリア人ギター奏者のファビオ・ボッタッツォさんとのデュオのコンサート2回を、新潟と山形で行いました。

お休みは10月30日の名古屋から東京への移動日と17日だけで、後は全ての国内移動が車という、まるでガガーリンになった気がする様なツアーでしたが、音楽的にもソシアル面でも本当に楽しい愉快なツアーでした。

帰宅後、12月上旬に胃潰瘍になってしまい、入院したりしましたが、いたって元気です。

ボーヒュスレーン・ビッグバンドの方は、12月15日のイェーテボリのジャズクラブ、"Jazz Club Nefertiti"で、今年の演奏プログラムを無事に全て終了しました。

さて、僕はMacを使用しているのですが、iWebというソフトを使って、取り敢えず、ブログとか写真アルバムをアップしました。

http://web.me.com/morimusic/morimusic/Blog/Blog.html


上手く利用できてきているのかはいささか疑問ですが、お時間のある時に、是非、覗いて頂けると嬉しいです。
写真のアップ等がかなり簡単に出来るので、少し勉強して行きたいと思っております。
不具合が無いことを祈っています。(笑)

スウェーデンの森
[PR]
# by yasuhito_mori | 2010-12-20 20:55 | お知らせ