タグ:ボーヒュスレーン・ビッグバンド ( 6 ) タグの人気記事

2008年9月02日

8月29日(金)から2泊3日で、スウェーデンの南部の東海岸に寄り添うように在る長細い島、Öland・・・ヱーランドに行ってきました。
この島へは、昔は船で渡っていたのですが、現在はカルマルという町から橋が架かっていますので、車で行けます。
イェーテボリから車で約5時間半掛かりました。
6月からの夏の観光シーズンも終わり、なかなか静かでした。
この島は南北に長く、全長は150キロくらいは在るのでは無いかと思います。
南の方が世界遺産に指定されているのですが、その世界遺産に関してNHKで放映されているのを観た事があります。今回、僕達が行ったのは北部です。

スウェーデンに住んで28年経ちますが、これまで一回も行った事が無かったので、今回、初めてヱーランド島訪問になりました。
今回は、ストックホルムに住むビル・エバンス狂の友人のサマーハウスにもお邪魔し、夕食を共にしました。

次回は南部を旅してみたいと思いました。
下記写真をご参照下さい。

<ボーヒュスレーン・ビッグバンド>
BBBの日本公演ですが、10月25日に「武蔵野市民文化会館大ホール」で予定されているコンサートは、8月中旬に完売になりました。

しかし、東京では赤坂の「Bflat」で23日と24日にもコンサートがあります。
「武蔵野市民文化会館」のチケットをゲット出来なかった方は、是非、「Bflat」にお越し下さい!
3日間とも同じ事を演奏してもつまらないので3日間ともまるっきり違うコンサートにしたいと思っています。
東京3連ちゃん!是非、成功させて下さい!
尚、22日には福岡の"Billboard Live Fukuoka"でコンサートがあります。
九州に近い方は、是非、お越し下さい。
http://www.morimusic.jp/sc36th.html
e0125069_815040.jpg
e0125069_8154930.jpg
e0125069_8162610.jpg
e0125069_817111.jpg
e0125069_8173148.jpg
e0125069_818637.jpg
e0125069_8185323.jpg
e0125069_8202219.jpg
e0125069_8211266.jpg
e0125069_821457.jpg
e0125069_8225399.jpg
e0125069_8232716.jpg
e0125069_8235874.jpg
e0125069_8243516.jpg
e0125069_8252186.jpg
e0125069_825544.jpg

[PR]
by yasuhito_mori | 2008-09-02 08:27 | 休暇

クラクフの旅、9月〜10月のスケジュール

残暑、お見舞い申し上げます!
皆様、暑い夏の日々をお過ごしの事と思いますが、如何お過ごしでしょうか。
当地スウェーデン西海岸にあるイェーテボリも今年の夏はとても暑く、7月下旬には熱帯夜を迎えた事もありましたが、8月に入り、少し涼しくなってきました。
e0125069_9182735.jpg私は、毎年7月に夏休みを頂き、何処かに出掛けるのですが。今夏は7月中旬から一週間ほどポーランドの古都・クラクフに行ってきました。ポーランドの大半は第二次大戦の際に戦災で破壊されましたが、チェコとの国境に近い、ポーランド王国の都でもあったクラクフは、幸いにも戦災に遭わず、今もその美しい街並みを残しております。
e0125069_920776.jpge0125069_9211081.jpg郊外にはユネスコの世界遺産に登録されているヴィエリチカ塩山やアウシュビッツ強制収容所もあり、見所が満載の旅となりました。図らずもアウシュビッツ強制収容所に行った前日に、クロアチアで20万人のイスラム系住民を虐殺し、同時に200万人の難民を生んだ張本人、ラドヴァン・カラジッチが逮捕されたと云うニュースが大きく報道され、一国家が、民族や信条、宗教、生活風習の違いから、組織的に大虐殺をする事の怖さを改めて考えさせられました。e0125069_105730.jpge0125069_9213656.jpge0125069_922312.jpg
戦後63年を経ましたが、ポル・ポト政権、カラジッチ、そして最近でもアフリカで、旧ドイツ・ナチスが行った事と同じ様な虐殺が繰り返し起きている事実、そしてイスラエルとパレスチナ問題、アルカイダ問題、チベット、東トルクメニスタン〔ウイグル)そして北京オリンピックの開幕と同時に起きてしまったグルジア紛争等、世界各地で現在形で紛争が続いています。e0125069_9233340.jpg
e0125069_924583.jpgクラクフからの帰り道、ベルリンに寄りましたが、その前の晩、ベルリンで演説をしていた米国次期大統領候補のバラク・オバマ氏のホテル周辺は、おびただしい数の警官と報道陣が取り囲んでいました。
今回の旅は、あらためて世界の平和を改めて願う旅となりました。

<近況>

◎ 以前にもブログでお伝えした「Swallow Songs」/ Steve Swallow & Bohuslän Big Bandという作品が、7月中旬にVARA KONSERTHUS という新レーベルから発売になりました。

e0125069_102918100.jpg
e0125069_1029483.jpg


◎ 8月4日には、ロニー・ヨハンソン・トリオの新譜「Elegy」のマスターリングを行いました。今回の録音では全13曲中、10曲がスタンダード曲で、3曲がロニーのオリジナルです。とても素晴らしい作品が出来たと思います。9月上旬に発売を予定しております。演奏曲目は "BLUE SKIES" "UNFORGETTABLE" "CHICAGO" "OVER THE RAINBOW" "STOMPINナL AT THE SAVOY" " I REMEMBER YOU""AS TIME GOES BY" "MACK THE KNIFE"と云ったお馴染みの曲が多く、ロニー風のアレンジが冴えています。

◎ 8月6日からは、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの活動が再開し、既に8月08日には、南ノルウェーに在るトーンスベリという町のビッグバンド・フェスに出演してきました。15日にはイェーテボリ祭で演奏します。

<2008年9月から10月にかけての森 泰人のスケジュール>
BBB(ボーヒュスレーン・ビッグバンド)等、日本以外のスケジュールに関しての詳細は、私の下記メルアドまでお問い合わせ下さい。

morimusic.kb@gmail.com

****************
◎ ボーヒュスレーン・ビッグバンド&ニルス・ラングレン

http://www.bohuslanbigband.com/

9月05日(金) Karlskoga / BBB+ニルス・ラングレン
9月06日(土) Jönköping / BBB+ニルス・ラングレン
9月10日(水) リハーサル / BBB (Gil Evans Prog.)
9月11日(木) リハーサル / BBB (Gil Evans Prog.)
9月12日(金) リハーサル / BBB (Gil Evans Prog.)
9月12日(金) Mellerud / BBB (Gil Evans Prog.)
9月15日(月) Jönköping / BBB (Gil Evans Prog.)
9月16日(火) Uddevalla / BBB (Gil Evans Prog.)
9月17日(水) Copenhagen / BBB (Gil Evans Prog.)
9月18日(木) Hamburg Radio Rec. / BBB (Gil Evans Prog.)
9月19日(金) Hamburg / BBB (Gil Evans Prog.)
9月21日(日) Vara Konserthus 5周年記念コンサート / BBB (Roger Pontare)
****************

◎ 森 泰人・帰国スケジュール 2008年9月22日~2008年10月13日
<TRIO':市原康(Ds), 福田重男(P), 森 泰人(B)>
http://www.ymoomy.jpn.org

「トリオ・チョン!」でお馴染みの市原さん、福田さんとのトリオです。あらゆる意味で絵になり(?)、見ても聴いても面白いお二人との共演は本当にいつも楽しいです。演奏している本人達が楽しんでいるのですから、それを聴いて下さる皆様にも楽しんで頂けると思います。(笑)
ブルージーな魅力の福田節、繊細且つダイナミックな市原流を是非、お楽しみ下さい。上方落語会を思わせる市原さんの喋りも最高です!

9月24日(水) 大阪:カワイ音楽教育シンポジウム関西地区大会/金子晴美(Vo)/(注:Private!)
9月25日(木) 浜松:「ハーミット・ドルフィン」
9月26日(金) 東京・浜松町:「サンミケーレ」(注:開成高校同期会及び一般公開コンサート)
9月27日(土) 東京・南青山:「BODY & SOUL」

****************

<特別企画:鬼怒無月(G)+岡部洋一(per)+森 泰人(B)>
http://www.ymoomy.jpn.org

*以前から共演してみたかったお二人です。

9月29日(月) 東京・大泉学園:「In F」

****************

<第35回スカンジナビアン・コネクション特別企画 『Sarah Rieder special live』>
http://www.ymoomy.jpn.org/sc0810.html
http://www.music-net-jp.com/morimusic/#sc35

Sarah Rieder/サラ・リーデル (Vo)
森 泰人 (B)
南山雅樹 (P)
南山紀子 (Ds)

*サラ・リーデルについて:
サラ・リーデルの父親は、スウェーデン・ジャズ界の重鎮コントラバス奏者・作曲家のゲオリ・リーデルです。ヤン・ヨハンソンやベンクト・ハルベリ、アーネ・ドムネリウスを始め、多くのグループで活躍し、作曲家としても数多くの曲を書いています。サラはその彼の愛娘!幼い頃から歌手として活躍し、現在はイェーテボリ音大に通う音大生です。今回は、自分の研究課題でもある「日本に於ける女性即興音楽家の実態」を調査する為の来日なのですが、第35回スカンジナビアン・コネクションのツアーにも付き合って貰い、僕らと一緒に日本各地を廻る事になりました。彼女の素晴らしい歌声も、マイク・デルフェロー・トリオの演奏と共に披露出来ればと思っております。
e0125069_103954.jpg

*札幌に住む「ナンザンさん」こと、南山雅樹さんは、北海道のみならず日本全国で活躍している素晴らしいピアニストです。最近も峰厚介(ts)さんとのツアーに参加されていました。

*通称ベッキーで親しまれている南山夫人の紀子さんは、アンダーシュ・シェルベリやマグヌス・グラーン、セバスティアン・カプテーンも絶賛した素晴らしいドラマーです。上述のサラの研究課題にもピッタリします!

10月02日(木) 札幌「くう」
10月03日(金) 苫小牧「アミダ様」

****************
<第35回スカンジナビアン・コネクション ~「Mike Del Ferro Trio」>
http://www.ymoomy.jpn.org/sc35th.html
http://www.music-net-jp.com/morimusic/#sc35

Mike Del Ferro/マイク・デルフェロー (P)
Yasuhito Mori /森 泰人 (B)
Sebastiaan Kaptein /セバスティアン・カプテーン (Ds)
(特別ゲストとしてサラ・リーデルの出演も有ると思いますので、お楽しみに!)
e0125069_1054552.jpg
*マイクと私は、2001年夏にトゥーツ・シールマンス・カルテットのイタリア・ツアーで初めて出会い、その後、数々の仕事を共にしてきた仲です。マイクは、今回も9月下旬にトゥーツ・シールマンスとの仕事を終えて、日本に来る予定です。



e0125069_10552935.jpg
*ドラムスのセバスティアンは、前回のギーネのツアーでも演奏して貰いましたが、私との出会いの切っ掛けは、マイクとの仕事。ブラッド・メルドー・トリオのメンバーとしてノースシー・ジャズ祭でも演奏する等、故国オランダをはじめフランス、ドイツでも大変高く評価され、人気グループで活躍しています。現在は沖縄に在住し、オランダと日本を行ったり来たりして活躍している素晴らしいドラマーです。



10月04日(土) 新潟 「ジャズ・フラッシュ」
10月07日(火) 名古屋「Star Eyes」
10月08日(水) 神戸 「クレオール」
10月09日(木) 古河 「Cafe Up's」
10月10日(金) 東京 「新宿PIT INN」
10月11日(土) 東京 「BODY & SOUL」
10月12日(日) 横濱 「横濱JAZZ PROMENADE 2008 ランドマークホール」


****************
◎ 森 泰人・帰国スケジュール 2008年10月18日~2008年10月29日
http://www.ymoomy.jpn.org/sc36th.html
http://www.music-net-jp.com/morimusic/#sc36

<ボーヒュスレーン・ビッグバンド日本公演ツアー>
 Bohuslän Big Band
 Nils Landgren(Tb)
 Jacqee(Vo)
 Magnum Coltrane Price(g, rap and vo)
 ヤヒロトモヒロ(Per) (*24日のみ)
 *「Bflat」は、日にちにより、演奏曲目・出演者が異なります。

*ボーヒュスレーン・ビッグバンドは2001年、2003年にも来日し、各地で好評でした。
昨年8月に音楽監督として天才トロンボーン奏者と呼ばれるニルス・ラングレンを迎え、今回はアフリカ出身でスウェーデン育ちの最近話題のポップ・ソウル歌手Jacqee(ジャッキー)とラッパーとしても知られているMagnum Coltrane Price*(マグヌム・コルトレーン・プライス)をゲストに、ビリー・ホリデーやジェームス・ブラウン、ラーシュ・ヤンソン、ギル・エバンス、アバ、スウェーデン民謡等、幅の広いボーヒュスレーン・ビッグバンドのレパートリーをお楽しみ頂きたいと思っております。
*) Magnum Coltrane Priceの参加は予定です。諸事情により不参加の場合もありますので、ご了承下さい。

*東京では3公演連続ですので、3公演とも別々のプログラムを組んで演奏する予定です。

*24日には日本のパーカッション界の鬼才・ヤヒロトモヒロさんに特別参加をして頂きます。他にもどんな特別ゲストが現れるかわかりません!???乞うご期待です!
....................................................
10月22日(水)@福岡「Billboard Live Fukuoka」
10月23日(木)@東京・赤坂「Bflat」:BBB+Jacqee(Vo)+Nils Landgren(Tb)
10月24日(金)@東京・赤坂「Bflat」:BBB+Magnum Coltrane Price(g, rap and vo)+Nils Landgren(Tb)+特別ゲスト:ヤヒロトモヒロ(Per)
10月25日(土)@東京・武蔵野「武蔵野市民文化会館・大ホール」
****************

今回も素晴らしいミュージシャン達と共に、日本の皆様に素晴らしい音楽を演奏したいと思っております。秋の夜、日頃のストレスの発散を兼ねて、是非、私共のコンサートにお出かけください!
皆様のご健康と益々のご活躍をお祈りしております。

2008年8月15日 
終戦記念日にイェーテボリの自宅にて、

スウェーデンの森


[PR]
by yasuhito_mori | 2008-08-15 11:05 | スケジュール

ワシントンDC

昨日、5月17日の朝、ワシントンDCからイェーテボリに戻りました。
12日(月)から16日(金)までのワシントンDC滞在でしたが、なかなか楽しかったです。
BBB+Nils Landgren+Lars Janssonというメンバーでの演奏も素晴らしかったです。

e0125069_18101037.jpg 12日(月)
朝7時45分にBBBの練習場で集合し、いつもの大型バスでイェーテボリの郊外に在るランドベーテル空港へ移動。楽器のチェックインも問題無く終了し。まずはコペンハーゲンへ。コペンハーゲンから正午過ぎのSAS便で一路ワシントンDCへ向かいました。
約8時間の空の旅でした。時差の関係もあってワシントンDCに到着したのは午後3時。でもスウェーデンの時計の針は午後9時を指していました。バスでワシントンDCへ向かい、ジョージタウンという町の中心部にあるホテルにチェックイン!ところが、これが予想を遙かに超えた時間の掛かるチェックインでした。結局、僕とOve Ingemarsson、トロンボーン奏者のKarin Hammar、サックスのJoachim,サウンドエンジニアのGert 5名のみは、約200メートル離れた処に在るホテルに移りました。が、この部屋がアメリカらしく、日本や欧州のホテルの規模とはかけ離
れたモノでした。所謂、デラックス・スウィートルーム!
一回、アゼルバイジャンの首都へトゥーツ・シールマンスの仕事で行った際もこんな感じの馬鹿でかい部屋でした。(笑)でもチェックインに1時間以上掛かるというのは、長すぎ!
ワシントンDCには、ブルース・アレーという有名なジャズクラブが在り、この日の晩にはハーブ・アルパートが出演していました。夕食後に聞きに行こうと出掛けたのですが、演奏は早めに終わったそうで、ハーブ・アルパートを待つリムジンが店の前に止まっていました。しかし、ブルース・アレーはなかなか良い雰囲気のジャズクラブでした。近所にはサルーンというローカルなライブの店もありましたが、ギター・トリオが演奏。

e0125069_18105551.jpg
e0125069_18113977.jpg13日(火)午後からケネディーセンターへ行きました。やたら大きいコンサート・ホール!
確かにオペラ劇場、シンフォニー・オーケストラのコンサートホール、シアター、等が一つの場所の中に収まっているのですから、確かに大きい筈です。僕達の会場は、無料コンサートが良く開かれる会場でしたが、それでもかなり立派な所でした。ジャズとかカントリー・ウェスタンのコンサートなんかが行われる場所のようです。会場はコンサートが始まった18時前から少しずつお客さんが集まり、結局は満席になりました。19時まで1時間のコンサートをしました。
演奏が終わると、若い日本人女性二人が僕を待っていてくれて、ご挨拶をしたのですが、ワシントンDCに研究留学されている医学生のお二人でした。もうすぐ日本へ戻られるというお二人でした。コンサートの後は、スウェーデン大使館のMats Widbom文化担当官の自宅で歓迎パーティーでした。街中に在りながら、素晴らしいお庭のある邸宅でした。この Mats Widbom氏が、今回の全てのコンサートを取り仕切って呉れたのですが、なかなか上手に全ての計画を立案して下さいました。西ヨータ県の文化部長とか広報部長、その他、ミュージシャン以外にもいろいろな関係者が揃い、面白かったです。
e0125069_18123576.jpg
e0125069_18131250.jpg14日(水) 午後3時、ホテルからは歩いて5分位の所にあるスウェーデン大使館に集合。スウェーデン大使館は、2006年に新築されたHouse of Swedenと呼ばれる美しいビルの中に在り、ポートマック川に面した環境もあって素晴らしかったです。
コンサートは屋上で行われましたのですが、ワシントンDCの飛行場の一つ、ドナルド・レーガン空港から発着する大型ジェットが約3分置きに飛んでいたり、ヘリコプターが飛んでいたりで、さすがホワイトハウスのある近くに居るのだと実感しました。(笑)コンサートは2部に別れ、屋上には大勢のお客様が集まり、大盛況でした。控え室に充てられた部屋があったのですが、スウェーデンの家具が揃っていました。
いろいろな箇所に白木の木目を意識したデザインが見られ、「木の文化」がスウェーデンと日本に共通する伝統なのだと感じました。
e0125069_18135639.jpg
e0125069_18143235.jpg15日(木) 夕方、5時にスウェーデン大使館地下にあるノーベル・ルームという小ホールに集合。
ここにエリントン・スクールという音楽高校の生徒によるビッグバンドが来てクリニックとコンサートを行いました。
ベースの子はクリス君と云って、バージニア大学に進学するというなかなかしっかりしたベース奏者でした。
Lars Janssonの「Eyes That Smile」という曲を、各セクション毎にクリニックしたりして、彼等のコンサートを行い、休憩を挟んでBBBもNils LandgrenとLars Janssonを中心にコンサートをしてお開き!
生徒達の親御さん達も来ていて、なかなか楽しい一時を過ごせました。
このコンサートの後は、西ヨータ県主催の打ち上げを市内のレストランで行い、お開きとなりました。最期にデザートして食べたハーゲンダッツのアイスクリームの量が、スウェーデンや日本のレストランのそれとは大違いで、約3倍の量でした。
なんでも大きい国です!(笑)



16日(金)
昼過ぎに近所のベトナム料理屋でランチを取ってから、バスで飛行場へ向かいました。
午後4時半頃の飛行機で一路コペンハーゲンへ!

17日(土)
コペンハーゲンに到着したのが、ワシントン時間では夜中の1時頃ですが、こちらの時間では朝の7時過ぎ。いつも乗っているロンドン〜成田間と比べると、飛行機に乗っている時間が短いので、楽は楽なのですが、着いたら早朝というのは、ちょっと疲れました。コペンハーゲンからイェーテボリに乗り継いだ飛行機に、乗っていない乗客の荷物が積み込まれたとの事で、全部荷物をもう一度出さなくてはならず、一時間は遅れてしまいました。
イェーテボリのランドベーテル空港からは、いつもの大型バスで リハーサル場に向かい、解散しました。

今回はワシントンDCの文化担当官 Mats Widbom氏が、なかなか素晴らしい手配をして下さったので、どの会場も多くの観客が集まり、素晴らしい経験が出来たと思います。

さて、今日は18日(日)!
明日の夕方には、ギーネ・アンデルセンとロンドン行きの飛行機に乗り、ロンドンから全日空便で成田へ向かいます。そして21日の名古屋「Star Eyes」を皮切りに7箇所のコンサート・ツアーを行います。

http://www.music-net-jp.com/morimusic/#sc34

http://www.ymoomy.jpn.org/

ノルウェーの歌の妖精・ギーネ、素晴らしいOve Alexander Billingtonのピアノ、そして東京、名古屋、沖縄ではSebastiaan Kaptein、新潟では鶴谷智生さんの素晴らしいドラムスというメンバーです。
お近くの方は、是非、僕達のコンサートにお出で下さい。
ギーネとオーベの新録音のアルバムは、既に大手レーベルから引き合いが来ているくらいですから、きっと皆様のご期待にそえるコンサートになると思いますので、お楽しみに!

スウェーデンの森
[PR]
by yasuhito_mori | 2008-05-18 18:39 | ツアー

3月24日〜7月07日のスケジュール


・・・・・スウェーデンの森・2008年 3月24日〜7月07日の予定表・・・・・

*スウェーデンでのコンサートに関する詳細は、下記メールアドレス宛、メールでご連絡下さい。
morimusic.kb@gmail.com

<Bohuslän Big Band James Brown Revisited >
feat: Nisse Landgren & Magnum Coltrane Price James
3月24日(月) リハーサル
3月25日(火) リハーサル
3月26日(水) リハーサル
3月27日(木) Skövde
3月28日(金) Mellerud
3月29日(土) Vara Konserthus
3月30日(日) Kungsbacka
3月31日(月) Göteborg : Nefertiti
4月03日(木) Ulricehamn
4月04日(金) Strömstad
4月05日(土) Linköping Jazz Festival
4月06日(日) Kungälv, Mimers Teater kl 16.00
*******************************************
<特別企画 「Joelle/「Love Letters」シークレット・ライブ」>
4月12日(土) 東京・目黒 Jay - J's cafe (ジェイジェイズ・カフェ)
Joelle (Vocal)
Anders Persson (Piano)
Yasuhito Mori (Bass)
*******************************************
<第33回スカンジナビアン・コネクション 〜「Obsolete Music/Personkrets Ⅱ-V-Ⅰ」>
Anders Persson (piano)
Yasuhito Mori (bass)
Magnus Gran (drums)
Ove Ingemarsson (ts clr)
Johan Borgström (ts,ss,b-clr )
4月15日(火) 苫小牧「阿弥陀様」
4月16日(水) 札幌 「くう」
4月18日(金) 新潟 「ジョイアミーア」
4月19日(土) 浜松 「ハーミット・ドルフィン10周年記念コンサート」
4月21日(月) 名古屋「Star Eyes」
4月22日(火) 神戸 「クレオール」
4月23日(水) 大阪 「Jazz on Top」
4月24日(木) 福岡 「ROOMS」
4月25日(金) 東京 「新宿PIT INN」
4月26日(土) 東京 「Body & Soul」
*******************************************
<Bohuslän Big Band:Lars Gullin Project>
4月28日(月) リハーサル
4月29日(火) リハーサル
5月03日(土) Västra Frölunda "Frölunda Kulturhus"
5月04日(日) Vara "Vara Konserthus"
*******************************************

5月08日(木) リハーサル
5月09日(金) リハーサル
5月13日(火) Kennedy Center
5月14日(水) Sweden House
5月15日(木) Ellington School
*******************************************
<第34回スカンジナビアン・コネクション〜Gine Gaustad Anderssen、Ove Alexander Billington、Sebastiaan Kaptein、鶴谷智生
5月21日(水) 名古屋「Star Eyes」
5月22日(木) 沖縄「桜坂劇場」
5月23日(金) 東京「新宿PIT INN」
5月24日(土) 東京「Body & Soul」
5月25日(日) 新潟「ジョイアミーア」
5月26日(月) 札幌「くう」
5月27日(火) 苫小牧「阿弥陀様」
*******************************************

5月30日(金) リハーサル
5月31日(土) Göteborg "Liseberg"
6月01日(日) Göteborg "Liseberg"
6月05日(木) Trollhättan
6月06日(金) Uddevara
6月07日(土) Halden (Norway)
6月08日(日) Hjö Stadsparken
*******************************************

6月14日(土) Leksand
*******************************************
6月16日(月) BBB リハーサル
*******************************************
6月17日(火) Ronny Johansson Trio Recording
6月18日(水) Ronny Johansson Trio Recording
6月19日(木) Ronny Johansson Trio Recording
*******************************************
6月23日(月) BBB リハーサル / "Jazzverk"
6月24日(火) BBB リハーサル / "Jazzverk"
6月25日(水) BBB リハーサル / "Nils Landgren"
6月26日(木) Lysekil
6月27日(金) Norrtälje
6月28日(土) Sandviken Sandviken Big Band Bang Festival. (NL + Jazzverk)
6月29日(日) Strömsholm
7月01日(火) BBBリハーサル
7月02日(水) Brantevik-Österlen
7月04日(金) Götene
7月05日(土) Varberg
7月06日(日) Höganäs
7月07日(月) Stockholm "Skansen"
*******************************************
[PR]
by yasuhito_mori | 2008-03-16 11:42

ボーヒュスレーン・ビッグバンド & Steve Swallow

e0125069_1935887.jpg
e0125069_194512.jpg
e0125069_1953129.jpg
e0125069_196467.jpg

9月10日、11日、12日の三日間、イェーテボリのNilento Studioでボーヒュスレーン・ビッグバンドとSteve Swallowの録音が行われ、無事に終了しました。
全てSteve Swallowのオリジナルばかりです。
Steveの初期の作品、Eiderdownの一曲のみ、BBBのベーストロンボーン奏者でアレンジャーのニクラス・リードの編曲ですが、他の9作品は、全てSteve Swallowの書き下ろし。
e0125069_1972498.jpg

彼は全部の曲を演奏したのではないのですが、3曲のみ演奏しました。
彼の弾く音は、一音一音が選び抜かれた音ばかりで、タイミングといい、フレージングと云い、さすがでした。
今回、Steveと演奏している時に、ふっと、ギターの御大・高柳昌行さんと一緒に演奏をさせて頂いた頃を想い出していました。オクタバイザーを使用した高柳さんも、一音一音にもの凄い重みがありました。
Steveの楽曲は、何とも云えない魅力があります。
上手く表現できませんが、とてもセクシーな感じがします。
クレッシェンドやディクレッシェンドを効果的に使い、彼独特のコードとメロディーで、見事に自分自身の音空間を創り出しています。
このCD作品、どこから何時発売になるか知りませんが、是非、聴いて頂きたい作品です。
ちなみにドラムスはAnders Kjellberg、ピアノはTommy Kotterでした。
先週土曜日のNefertitiのライブは、素晴らしいライブでした!!!
スウェーデンの森

• BOHUSLÄN BIG BAND

Johan Borgström
Joakim Rolandsson
Ove Ingemarsson / Fredrik Lindborg
Mikael Karlsson
Alberto Pinton


Lennart Grahn
Samuel Olsson
Jan Eliasson
Staffan Svensson


Björn Samuelsson
Christer Olofsson
Karin Hammar
Niclas Rydh


Tommy Kotter – piano
Yasuhito Mori – bass
Anders Kjellberg – drums
[PR]
by yasuhito_mori | 2007-09-14 19:14 | 録音

Sarpsborg Big Band Festival

6月2日(土)
今日はボーヒュスレーン・ビッグバンドのコンサート。場所はノルウェーのサルプスボリというハルデンに近い小さな町。この小さな町でビッグバンド・フェスティバルがあるのです。昨年まではハルデンという町で行っていたフェスティバルですが、今年からこの町に移ったとの事。ノルウェーと云っても、スウェーデン国境から近いので日帰りです。
午後1時にBBBの練習場に集合し、大型のバスに楽器や機材を積み込み、1時半にイェーテボリを出発。E6と云う高速道路を北に進み、途中、休憩したガソリンスタンド兼ドライブインで休憩。

「何でも10クローネ!」と云う看板が出ている一室が有って、いろいろなモノが置いてありました。10クローネ=約170円ですから、なんか日本の「100円ショップ」みたいだナァと思いました!(笑)
ストックホルムから来たサックス奏者は、帽子を買ったり、ロウソクとか買っている仲間もいました。マァ、スウェーデンでは、こういう「100円ショップ」風のモノは、あんまり見たことが有りません。

さて、夕方、目的地に着き、早速、主催者が用意してくれたギリシャ・レストランで夕食。なかなかゴキゲンな食事でした。

今日のコンサートは、ギル・エバンスの作品特集。
メンバーの一人、ベーストロンボーン奏者のニクラス・リードが、採譜したアレンジを演奏したのですが、以前からマイルスのチューバ・バンドの作品をBBBに再アレンジしたりして演奏してきたのですが、今回は、ストックホルム・フィルハーモニーのフレンチ・ホルン奏者泰人ギター奏者も呼んで、本格的なギル・エバンスの作品集となりました。
80分のコンサートですが、最後の曲はコンコルドというジョン・ルイスの曲をギルがアレンジしたものです。これが結構難しい曲でした!ここ数日間、自宅ではこの曲の練習ばかりをしてました!(笑)ベースソロでテーマが始まり、カノンになって様々な楽器群が混じり込み、気がつく度にキーが変わっていくという感じで、最後の方にえら〜く長いベースのソロパートがあるんです。
マァ、練習したおかげで、なんとか楽しく終わりました!今もまだメロディーが頭から消えませんが・・・。

結局、他のバンドの演奏は聴けず、一路、イェーテボリに向かい、イェーテボリのBBBの練習場に戻ったのが、夜中の0時40分頃でした。
今年の秋ボーヒュスレーン・ビッグバンドでは、このギル・エバンスの作品ばかりを集めたツアーを行う事になっています。
[PR]
by yasuhito_mori | 2007-06-03 20:27