イェーテボリ国際映画祭 (3)

明日、2月7日(月)に最終日を迎える第34回イェーテボリ国際映画祭ですが、5日の晩に各賞の受賞作品が発表になりました。中でも特に注目されているのは、『ドラゴン賞ベスト・ノルディック・フィルム賞』です。これは北欧で制作された映画与えられる賞で、今年から賞金額が大幅に引き上げられて100万SEK (約1270万円)になりました。監督と制作者に与えられる訳ですが、これは北欧の映画関係者には大きな意味が在ると思います。 受賞作はスウェーデンの新人監督Lisa Aschan の作品“SHE MONKEYS” (Apflickorna)でした。
スウェーデンのラジオ・インタビューですが、YouTubeで見かけたので、下記して置きます。

こちらも参照して下さい。
http://www.sfi.se/en-gb/Swedish-film-database/Item/?type=MOVIE&itemid=68811

その他にもスウェーデンのドキュメンタリー映画に与えられる賞とか、幾つかのカテゴリーがありますので、詳細は下記のURLを参照して下さい。
とにかく、443本の映画に13万人強のチケット売り上げとなり 前年比で1.4%の観客動員数の増加だそうで、イェーテボリ国際映画祭としてはこれまでの史上最高だそうです。つまり大成功!
地元のイェーテボリ・ポステン紙によると、特に人気が高かったのは"Black swan" 、"The king's speech", "Kongen av Bastøy"だったそうです。

http://www.giff.se/us/nc/public/artikel/post/she-monkeys-wins-dragon-award-best-nordic-film-675.htmlShe Monkeys

今日、僕は、橋本直樹監督の『臍帯』と、加藤直輝監督の『アブラクサスの祭り』の2作品を観に行きました。『臍帯』の方は、昼の12時半からイェーテボリ市営図書館で上映されたのですが、橋本直樹監督が会場に見えていて、終了後、観客からの質問を受けたりもされ、「 作品のアイデアは何処から来たのか?」とか、幾つかの質問にも答えて呉れました。
60年代から80年代にかけて、新宿を中心に ATG (アートシアターギルド)という存在がありました。 商業主義に拘らない作品を創ることを目指していた大島渚、篠田正浩、吉田喜重、今村昌平、新藤兼人等、多くの映画監督、寺山修司等の演出家、渡辺貞夫、日野皓正、高柳昌行と云ったジャズ奏者、武満徹といった作曲家とも深い関係に在り、あの時代の日本に大きな影響を与えた訳ですが、橋本監督に今、ATGの様な存在が在るのか日本の状況を聞いてみたのですが、僕の聞き違いでなければ、彼自身、テレビのプロデューの仕事をしながら商業主義ではない作品を創ろうとしている様で、今の日本はテレビ中心で、スポンサーを集めると云うのもかなり困難なのだと云う事を話されていました。

橋本監督はこれまで、中編の作品を2本創られたそうですが、長編映画は『臍帯』が初めての作品とのこと。 今回の『臍帯』は、世界各地の映画祭で今回を入れて3回上映されているそうですが、 以前から彼の中で暖めている別の長編映画の構想が在るるとのこと。困難な状況の中でも頑張っているんだナァと思いました。こういう映画監督には、心から声援を送りたいと思います。
オフィシャル・ページは下記です。
http://www.saitai-film.com/staff.html

『アブラクサスの祭り』の祭りは、夕方からハリウッド映画も上映している大きなシネマ・シアターで観たのですが、こちらは原作の小説を上手く映画化していると思いました。
オフィシャル・ページは下記です。
http://www.aburakusasu.com/index.html#/introduction/

これまでは大抵、この1月下旬から2月上旬に僕自身のツアーとか録音の仕事に追われることが多く、イェーテボリ国際映画祭では何も観られないことが多かったのですが、(笑)・・・今回、改めて感じたのは、ハリウッド映画以外にも多くの素晴らしい映画人が世界中に沢山いて、それを観たい観客も沢山いると云う事。
映画制作の事とかは良く知りませんが・・・ 、そもそも映画を制作すると云うのはリスクが大きく、赤字を覚悟しなければ出来ない事なのだと思います。特に敢えて困難な状況の中で努力されている映画人達に拍手と声援を送りたいと思います。・・・偉そうな事を云ってしまいましたが、映画とか音楽、演劇、といったカテゴリーで満足の行く作品を創って行くと云うのは、なかなか大変なことと改めて痛感しました。マァ、それでは最後に一言締め!
日本の映画人達よ!ガンバレ!!!! (笑)

スウェーデンの森
PS) 写真アルバムを追加しました。
http://web.me.com/morimusic/morimusic/110205_Sk%C3%B6vde_Musik_Gymnasium.html
[PR]
by yasuhito_mori | 2011-02-06 22:51 | 映画
<< スウェーデン放送P2 LIVE... イェーテボリ国際映画祭(2) >>