人気ブログランキング |

George Coleman Quartet

e0125069_7271421.jpg


Horace Parlan(P), Yasuhito Mori(B), George Coleman(TS) & Göran Levin(DR)

この写真はノルウェーのスタバンゲルでの演奏です。
このあとスコットランドに行きました。
1983年頃のツアーだったと記憶しています。(笑)

ツアーに出る前に、コントラバスのアンダーシュ・ヤーミーン(Anders Jormin)と話したのですが、「ホレスのバッキングは凄いから、堪能してきたら・・・!」と云われましたが、本当に凄いバッキングでした!ジョージも口数は少なく、いきなりキーを換えて演奏したりする様な人でしたが、実に上手く行きました!(笑)

70年代の中頃に、六本木に「バランタイン」と云う場所で有馬すすむさんというピアニストのトリオに入って、毎日演奏しました。が、この有馬さんも毎日、キーは変わる、テンポ、リズムが変わるという状況でした。僕は当時、彼と一緒に毎日演奏して居た為に15キロとか20キロは痩せてしまったのですが、このジョージ・コールマンの時は、いきなりスタンダードの曲をEで始めたりしたジョージでしたが、有馬さんの訓練のおかげでピッタリとフォローできました!

今考えると、有馬さんに鍛えられた部分が結構有ったような気がします。数年前に「Alfie」で”TRIO'"のコンサートの時に彼が来て呉れましたが、・・・元気かな?

彼と一緒に演奏していた時は、まるで鬼の様に思えましたが、今考えると、音大にも行かなかった僕には、もの凄い丁稚経験になった様な気がします。(笑)

しかし、本当に毎日、キーを変え、テンポやリズムも全く違う形で演奏し、付いて行けなかったら、タバコの吸い殻がボンボン飛んで来たのです。(笑)

ともかく、有馬さん、ミスター・ジョージ・コールマン、ミスター・ホレス・パーランそして、今、新婚旅行中のミスター・ヨーラン・レヴィン・・・お元気で!!!

スウェーデンの森

Facebookにドラムスのヨーランが掲載してくれました。
もの凄く楽しい想い出一杯のツアーでした!(笑)

スウェーデンの森
by yasuhito_mori | 2011-05-23 07:49 | ツアー
<< BERTH DALE ダンスという芸樹表現の持つ凄さ! >>